« ブログ開設10周年 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第5話 »

2018年8月 3日 (金)

アニポケSM感想:家族のカタチ、ベベノムのキモチ!

84話
「家族のカタチ、ベベノムのキモチ!」
脚本:松井亜弥
コンテ:浅田裕二
演出:浅田裕二
作画監督:岩根雅明 志村泉

-アローラの家族-

浜辺で特訓をするサトシとポケモンたち。
ルガルガンは赤目になっても力を制御できてるしベベノムはワザを覚えたし皆成長してると分かる穏やかな一幕です。

買い物に行こうとククイ・バーネット夫妻が呼びかけサトシとポケモンたちが駆けだす。
ここでOPに入ってOPの浜辺を走るカットに繋がるのが美しいです。
市場で買い物をする一行の姿を見てマツリカは家族の風景として絵に描く。
アローラの雄大な自然を絵に収めるマツリカがそれに並ぶ絵としてこの一家の温かさに感銘を受けたということだよね。
控えめに言っても最高です。

特訓のシーンからして賑やかで温かいし皆で買い物に行くのは家族の情景そのものだし開始数分で凄く癒されます。
マツリカの絵を見てサトシ自身も自分の家族、アローラの家族と認識するのも素敵だし、一家揃ってウルトラジャーのポーズを決めるとか楽しすぎる光景で。
ホントこの一家はもう、温かい心に溢れた素晴らしい家族です。


-伝わる大好き-

マツリカとパートナーのアブリボンの力を借りてベベノムの心が伝えられ、ベベノムはピカチュウもアローラの家族も大好きだという。
さらにベベノムがピカチュウの尻尾を模して描いた模様はマツリカ曰く大好きの印。
ベベノムは家に帰っても壁いっぱいに皆の顔と大好きの印を描いていてこれでもかとその心が表れていました。
こんなに大好きに溢れていると見てるこっちが照れ臭くなるというか、もうお腹いっぱいご馳走様というか、とにかく素敵すぎるのです。

ベベノムがピカチュウ大好きなのはこれまでの話で分かりますけど、その気持ちがサトシや他のポケモンとククイ・バーネット夫妻にも広がっていて家族として皆大好きというのが素敵じゃないの。
ニャースでも言葉が分からない異世界のポケモンであるベベノムだけど、言葉でなくてもこうして気持ちを表しそれを分かってくれる人がいるのも良いじゃない。
言葉が通じないから絵という感覚で捉えるものを生業とするマツリカをベベノムと絡めて、その心を絵を通して捉えるという構成も良く出来てます。


-湧きだす悲しみ-

大好きなアローラの家族に囲まれてベベノムはとても幸せ・・・と思っていたけど抱いてた気持ちはそれだけではありませんでした。

ベベノムが見た夢、あれは元々いた世界でアーゴヨンと他のベベノムの群れはベベノムの本来の家族ということでよいのかな。
暗い世界でアーゴヨンが苦しそうにしていて他のベベノムの群れもなんだか悲しそうです。

家族が苦しんでる夢を見てベベノムが悲しくならないわけがない。
そもそも知らない世界に一人やってきて本来の家族と離れていたら辛いだろうし、ベベノムが元気でいられたのはアローラの家族に出会えたからなんだな。
アローラの家族の温かさに触れたからこそ本来の家族への思いも湧きだすことになり悲しくなったんじゃないかな。

ベベノムが教室の黒板に描いた絵を見たマツリカは悲しみを読み取る。
さらにマツリカ曰くベベノムは何か使命を背負ってるかもしれないと。
それを知ったサトシは、悲しみの理由も使命も分からないけど俺がいると言ってベベノムを慰める。
全部は分からなくても伝わった気持ちに対して真っすぐに応えているのが素敵だし今のベベノムにはこれほど安心できることはないんじゃないかな。
Cパートではサトシの背中に大好きの印を描くシーンが。悲みを受け止めてくれたサトシがさらに好きになったということだね。素敵。


-お絵かきバトルで見えるもの-

久々登場スカル団の3人。
マツリカのアブリボンに目をつけて奪い取ってやろうと悪として振舞うが、マツリカが提案したお絵かきバトルに乗っかって真剣にパートナーポケモンの絵を描き始める。
ここで実力行使に行かないあたり悪になりきれない小物っぽさがよく表れてます。

絵の出来栄えは流石にマツリカの方が圧倒的に上手いが、マツリカはジップとラップの絵に愛があると評しタッパの絵にはもっとパートナーを見ようと苦言を呈す。
さらにお絵かきバトルは引き分けで自分が勝ったとは思ってないというのが良いね。
このバトルは絵を通してポケモンへの愛を見ようとしたわけで、タッパだけは絵を描いてる自分に酔ってるだけでポケモンへの愛が絵に表れてなかったということなんでしょう。
愛に勝ちも負けもなくてそれが表現されてるかどうかが大事で、ラップとジップはそれを絵に表せていたからマツリカは良い絵を見せて貰ったと引き分けにするつもりだったんだと思います。

逆切れして実力行使に出るけど負けて退散するスカル団。
やっぱり小物だなあと感じるしお絵かきバトルに乗って評価を得た時点でどうやっても悪にはなりきれない半端者なんだなと思いました。


ベベノムがかがやき様に反応してた理由、元の世界の家族にも関係してるのかなと推測。
ベベノムの心が表れるのと同時に何か使命があると示唆されて今後の物語がますます気になる話でした。

|

« ブログ開設10周年 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第5話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/73971307

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:家族のカタチ、ベベノムのキモチ!:

« ブログ開設10周年 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第5話 »