« ニチアサ感想・2018/08/05 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第6話 »

2018年8月10日 (金)

アニポケSM感想:トンデノボッテ、ツンデツンデ!

85話
「トンデノボッテ、ツンデツンデ!」
脚本:藤咲淳一
コンテ:尼野浩正
演出:牧野吉高
作画監督:大西雅也

-シンプルな跳び箱-

ククイ博士のナレーションで始まって今回は体育の授業で跳び箱をやっています。
いたって普通の跳び箱でポケピンポンみたいにポケモン世界独自のルールがあるわけではないのが却って新鮮。
マオはお手本になるように綺麗に跳んで見せて、リーリエは予習はしたけど実践は伴わなくて、自身の無かったマーマネはトゲデマルのアシストがあって跳ぶことが出来て、カキはヴェラ火山に例えて見事飛び越えたけどあっさりスイレンに記録を抜かれて。
シンプルな運動だけど各キャラのらしさが出てるのが良かったです。
ここでサトシは踏切を失敗して、この失敗が後で効いてくるのが面白かったです。


-巨大跳び箱?いいえウルトラビーストです-

もっと高い跳び箱に挑戦したいというカキの思いに応えて、翌日校庭には超巨大な跳び箱が用意され・・・ってウルトラビーストですよそれ。
ウルトラガーディアンズの基地がすぐそこにあって学校のど真ん中にウルトラビーストが現れるって大変な事態なのに跳び箱と認識して跳ぼうとするって凄いシチュエーションだよこれ。
ツンデツンデは動かなければ確かに跳び箱に見えなくもないけど、まさか授業の内容に絡めてこんな登場とは凄い発想です。

とんでもない突っ込みどころですが、カキがククイ博士が希望に応えてくれたと信じてるところ、買い物の帰り道でククイ博士がバーネット博士に生徒の挑戦したい気持ちに応えようと話してたこと、教師が生徒を思い生徒も先生を信じてることがうかがえて素敵だと思いました。

サトシは不意に地面から顔を出したディグダのせいでまた踏切に失敗しツンデツンデに激突。
所謂天丼ですね。お疲れさんです。


学校の敷地内でウルトラビーストに対処してるのだから校内の他の生徒たちのリアクションも見たかったかな。
たぶんウルトラガーディアンズの活動って学校で話題になってるだろうし、すぐ目の前で彼らの活動とウルトラビーストを見られたら大いに盛り上がったんじゃないかと。
そこまで描く余裕も描く必然性も無いんだろうけど見てみたかったなあという個人的な願望でした。


-足元から崩れる-

性懲りもなくまた出てきたブルガン。
今度は街中に自分の立像とタワーを建てるという自己顕示欲全開のことをやろうとしてて本当に嫌な奴だな。
土台と勘違いして立像を乗せたことでツンデツンデを怒らせてしまうというトラブルを起こした上にサトシたちの話を聞こうとしない、どこまでも胸糞悪いです

結局立像は倒れて歪んでしまいタワーを建てる計画は白紙に。いい気味です。
81話で登場した時はダブルロイヤルの活躍に焦点が絞られていたのでカキとの因縁は描かれませんでしたが、今回はカキがかつての仕返しと言わんばかりにブルガンにダメージを与えてて、暴れるツンデツンデから助けるという体だから合法的に痛い目に合わせてるのが痛快でした。

自身を模した立像が土台が揺らいで倒れるというのが、彼が持ってる金と権力が真っ当なものじゃないから足元から崩れるという比喩に見えて、悪党にふさわしい結末だと思いました。


-失敗を飛び越えて-

動かないのに体を構成するブロックを移動しウルトラボールをかわし、動き出したら圧倒的なパワーで簡単には近づけないという厄介な能力を持つツンデツンデ。
どう攻略するのかと思ったら、跳び箱の要領で飛び乗って立像を取り除き落ち着かせるというもの。
ここでまた跳び箱が絡んでくるのが面白い。サトシがまた踏切を失敗しバグガメスのトゲの爆発で吹き飛ぶけど、これが結果として飛び乗ることに成功するんだから上手い構成です。
授業で一番カッコ悪い姿を見せたサトシがここでその失敗を良い結果に繋げるんだからよく出来た話だと感心します。


立像は取り除いたがサトシが乗ったままじゃツンデツンデは落ち着かない、そりゃそうだ。
ここからどうなるかと思ったら、ツンデツンデはサトシの粘り強さに心を開いて大人しくウルトラゲットされることに。
体を張ったコミュニケーションで信頼を得るというのがサトシらしいし、言葉も通じずバトルでもどうにもならない相手に心を開かせたのが体を張るサトシらしい行動というのが良いじゃないですか。

頭に乗られるのが嫌という習性と見た目が跳び箱に似ているというところから、変な像を乗せられ暴れて助けるためにサトシが飛び乗って心通わすという構成が凄い発想だと改めて感心します。


締めのナレーションが石塚さんじゃないという珍しい終わり方で驚き。
ウルトラボールを投げる時のカキがまたポケベースの時の濃い顔になってたり踏切を失敗してサトシの涙が画面にくっ付く演出や最後にまたバグガメスのトゲで爆発したりと笑えるシーンも。
今回も楽しかったです。

|

« ニチアサ感想・2018/08/05 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第6話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせてもらいます。

今回ブルガンがちょっと不憫な気がしたけど、日頃の行い考えたらしょうがないですかね?

残りのウルトラビーストも3体ですが、彼らとのドラマも楽しみにしたいです。

投稿: アルター | 2018年8月10日 (金) 04時28分

コメント返信:アルターさん

初めまして。コメントありがとうございます。

悪人なら何してもよいわけではありませんが、今回は記事にも書いた通りカキが以前苦しめられたことの仕返しの意味合いがあるのでブルガンが痛い目を見るのは道理だと思います。

残り3体、あっという間ですね。
残りのウルトラビーストとも何かしら心通じるものがあるとよいです。

投稿: んがよぺ | 2018年8月10日 (金) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74007611

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:トンデノボッテ、ツンデツンデ!:

« ニチアサ感想・2018/08/05 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第6話 »