« 感想:ウルトラマンR/B第7話 | トップページ | アニポケSM感想:アローラの危機! かがやきを喰らう闇!! »

2018年8月21日 (火)

ニチアサ感想・2018/08/19

HUGっと!プリキュア 28話
仮面ライダービルド 48話
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 28話
の感想を。

HUGっと!プリキュア
28話「あのコのハートをキャッチフレフレ!もぐもぐ!」

タレント猫のりりーに恋したもぐもぐを応援するためCMのオーディションで優勝を目指すという話。
審査されるファッションセンスと体力と勇敢さを身に付けるためあれやこれやと皆で特訓をつける展開が楽しい。
えみるの怪獣は何あれ、怖いどころかめっちゃ可愛いんですが。それにすらビビってしまう もぐもぐを はぐたんがよしよしと撫でるという構図がシュールです。

もぐもぐの姿に心痛めるルールーは種族が違うのに愛が届くわけがないと思い、アンドロイドであり皆と違う自分を重ねていた。
種族が違うからというその考えに えみるは異を唱えルールーへの大好きの気持ちを歌で伝える。
当の もぐもぐも勇気を出してオシマイダーから少女を守ったことでその勇敢さを りりーに認めてもらい思いを届けることができた。
もぐもぐの恋の応援が種族を超えて愛は伝わるという大きなメッセージになり、実際に思いを伝えるところまで見せてくるとは驚きです。
もぐもぐには失恋オチか待ってるかと思ったので思いが届いて良かったし、続けてルールーが えみるに思いを伝えて抱きしめるのはドキっとしましたよ。


種族を超えた愛の一方で乱暴な思いも描かれてました。
再び現れたビシンはハリーを連れ戻そうと自分の力を誇示して迫って来る。
ハリーを元に戻すと彼の事を分かってるかのようなことを言うが、自分の思い通りにしたくてそのために力づくの行動をとってるだけ。
そんな思いをハリーが承諾するわけがなく、乱暴な思いは種族も関係なく認められないものだということも描いてるのでしょう。


種族を超えてといえばハリーと ほまれにも種族を超えた思いがあるはずで。
いつか2人の関係にさらに踏み込んでいくことになったら、今回のことが布石になってくるのかな。


仮面ライダービルド
48話「ラブ&ピースの世界へ」

一海を失った悲しみに暮れる間もなく戦兎たちはエボルトに立ち向かっていく。
ハザードトリガーを装備したクローズマグマというさらに強化した力でダメージを与えるもののそれでもエボルトはさらに上回る力で圧倒する。
感情を得たことで強くなっている、ジーニアスの力で感情を持たせてしまった事がここで仇になるとは皮肉な。

幻徳の体は限界で一海と同じく消滅の時が迫って来るがそれでも幻徳はエボルトに立ち向かっていく。
決戦前夜のパーティーで一海は幻徳に政治家として復帰してほしいと、もう過去の事を許したと言ってくれていた。
一海はもういないけど彼の思いが支えてくれている、一海も幻徳を信じてくれていたというのが泣ける。

力の差は歴然でもエボルトに食らいつきエボルトリガーの破壊を狙う幻徳。
そこへ市民の声援が聞こえてきてその声に応えるように幻徳は立ち上がる。
戦争を起こし市民を苦しめる過ちを犯した幻徳が市民から仮面ライダーとして声援を受けてその市民のために立つというのが熱いじゃないか。

エボルトリガーの破壊に成功し一矢報いることはできた。
だけど幻徳は戦兎に後を託し消えてしまう。
大義のための犠牲となれ。エボルトだけじゃなく自分自身の事も指しての言葉だったんだろうな。
市民のために戦うことは出来たけど、それでもエボルトを倒しその後の世界を作るのは自分じゃないからそのための礎になること決めたということなんでしょう。


もう一人自ら犠牲になることを選んだ者、龍我も同じことをしてしまった。
エボルトの遺伝子を持つ自分も消えようと並行世界の地球と繋がってる光の中へエボルトと共に飛び込んでいった。
人々の明日を創れるのが戦兎だと何度も言ってたように、戦兎なら新しい世界でも同じく明日を創ってくれると信じて戦兎に生き残って欲しいと思っての行動なんだろうけど。
父の忍に仲間である一海と幻徳と次々大切な人を失ってるのに相棒である龍我までいなくなったら戦兎には大切な人を死なせてしまった後悔ばかりが残っちゃうじゃないか。

自分が作ったものが戦いを引き起こした責任をずっと背負ってきたけど仲間の支えがあったから何度でも立ち上がってきた戦兎。
その支えも全て失うことになるのか、失ってもなお明日のために戦兎は戦い続けられるのか。
次回最終回、しっかり見届けます。


快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

28話「誕生日も戦いで」

ジュレにやって来るなり魁利に殴りかかってきたのは初美花の父・豪。
娘を心配するあまり魁利が初美花をたぶらかしてるのではないかと思いこんでの行動のようで。
話を聞かない乱暴な人かと思ったけど、ギャングラーから守ってくれた魁利の行動を見て考えを改めたり警察に事情を話す協力的な姿勢を見せるなど根は悪い人じゃないんだと分かります。
魁利も豪に歩み寄り初美花は強いし頑張ってるから信じて欲しいと娘を心配する豪の心を和らげようとするのが良いね。

豪が今になって訪ねてきたのは初美花の誕生だから。
初美花は魁利と透真に誕生日の事を話してなくて、互いの事に深入りしないという3人で決めたルールに従ってるのが寂しい。魁利に食べられちゃったけどプリンを隠してたのは自分だけで誕生日を祝うつもりで用意してたんじゃないかな。
魁利は初美花のこれまでの活躍を回想し頑張りを認めているし透真は婚約者の彩の父親に怒鳴られたことを話してくれたり、それだけ相手を思えるほどの関係なのにドライな線引きはまだ残ってるのが寂しくて。

けど戦いの後初美花に親孝行させようと豪の後を追いかけるように背中を押してくれたのは良かった。
豪のプレゼントの絵馬に帰ってきて欲しいと願いが書いてあって、初美花はそれを目にしてないけどその願いに応えるように親子揃って家路につく演出が素敵でした。


コレクションの力で地面に潜るリューグを倒すためにノエルが新たなVSビークルを用意する。
マジックダイヤルファイターの力で武装したルパンレッドっがカッコいいし、ロボ戦ではルパンカイザーマジックに合体してマジックの名の通りリューグを惑わす戦い方が面白かったです。

ノエルが開発したVSビークルを自分で使わないことに疑問を抱く つかさ。
玩具の仕様でエックスチェンジャーでは他のビークルに対応してないからだよ。と、野暮な突っ込みはさておき、彼がコレクションを扱えるエンジニアということ自体に何か秘密があるということなんでしょうねこれ。

|

« 感想:ウルトラマンR/B第7話 | トップページ | アニポケSM感想:アローラの危機! かがやきを喰らう闇!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2018/08/19:

« 感想:ウルトラマンR/B第7話 | トップページ | アニポケSM感想:アローラの危機! かがやきを喰らう闇!! »