« ニチアサ感想・2018/07/01 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第1話 »

2018年7月 6日 (金)

アニポケSM感想:アローラの若き炎! ロイヤルサトシ誕生!!

81話
「アローラの若き炎! ロイヤルサトシ誕生!!」
脚本:米村正二
コンテ:関野昌弘
演出:中田誠
作画監督:伊藤典 矢田木瀧

-応援するその人の正体は-

ロイヤルマスクとガオガエンをテレビの前で応援するサトシとバーネット博士。
なんか一家団欒って感じでニコニコします。さらに応援してるその相手の正体が身近にいる人だというのもね、ニヤケずにはいられんのですよ。

学校の仲間たちもテレビで観戦したり会場で観戦したりと皆ロイヤルマスクにすっかり魅了されてるのがよく分かります。
君たちが応援してるのはいつも素敵な授業を開いてくれる先生なんぜ、ニヤニヤ。

ロイヤルマスクがマスクを取り素顔が顕わに。
まだ登場2回目なのに早くも素顔を見せるシーンがあるとはちょっと驚き。
その素顔はククイ博士。視聴者にはとっくにバレバレですけど、ヒーロー仮面を脱ぐというのはちょっとドキっとしました。


-家族サービスとヒーロー-

ロイヤルマスクとリベンジャーズの試合が決まって大盛り上がりのサトシとバーネット博士。
帰宅したククイ博士はその熱気に押されて一緒に試合を見に行くことになってしまう。
何か用事があると理由をつけて誤魔化せばいいものを、家族揃ってのお出かけを断れないのが人の良さが表れてると思って。
ロイヤルマスクの出番直前まで観客席に居たし、皆で一緒に楽しもうという気持ちを無下に出来なかったんだなあって。

大慌てでロイヤルマスクにフォルムチェンジして汗だくになりながらも、観客の前に出ればビシッとお馴染みのポーズを決めて会場を沸かせる。
カッコ悪いところを見せて観客の期待を裏切るようなことはしない、ヒーローの鑑です。

家族サービスもヒーローもどちらもこなしてみせる、いやいや本当にお疲れ様ですククイ博士。


そうそう、ロイヤルマスクへフォルムチェンジする時ガオガエンも一緒に慌ててたのが可愛かったです。
ガオガエンは着替える必要もなくククイ博士の準備が整うのを待てばいいだけなのに一緒に慌ててくれるのが、ガオガエンがいい奴だって分かります。


-司会はロケット団におまかせ-

今回もバトルロイヤルの司会をしているロケット団。
63話では日銭稼ぎのために自ら代役を買って出て司会を務めたけど、連日司会をしてるということは正式に司会の仕事を依頼されたのかな。
マラサダショップのことといい、どんどん本業から遠ざかってませんかね。

試合中リベンジャーズが反則行為を繰り返し行っても悪の行いゆえに感心してしまうロケット団。
悪の共感ゆえに一方的に彼らを非難することはなく、結果としてダブルロイヤルにもリベンジャーズにも公平な司会進行になってたのが面白い。
こうなると益々司会業が板についてしまうんじゃないか。


-結成ダブルロイヤル-

リベンジャーズの卑劣な行いに業を煮やしたニャヒートがガオガエンを助けるためリングに乱入したことでタッグマッチをすることに。
63話と同じくリングに乱入というシチュエーションから、超えるべきライバルのガオガエンとニャヒートが並び立ち悪のタッグへ立ち向かう、カッコいいのです!

サトシもマスクを被ってロイヤルサトシとなり、ロイヤルマスクと2人でダブルロイヤルを結成。
即席で結成したタッグなのにポーズはバッチリ揃ってる試合中の息もぴったり。
まあロイヤルマスクの正体はククイ博士なんだから、教え子のサトシに息を合わせられて当然なんだけど。
でもサトシは正体を知らぬままククイ博士と息を合わせていて、卑劣なことに屈せず正々堂々と勝つという気持ちを同じくして戦ってるわけで。

何が言いたいかって最高です。
教師と教え子、あるいは父と子と見ることもできるこの2人が正体を知ってなくても気持ちを一つにして共に戦ってるというのが素敵すぎるんです。


-細かいことはいいんだよ-

リベンジャーズのボスはブルガンでロイヤルマスクが負けたらドームを買い取ると無茶苦茶な要求をしてきた。
試合に負けてもポケモンたちを総動員してみっともない抵抗をして、Zワザとガオガエンとニャヒートの同時攻撃であっさりノックアウト。
絵に描いたような悪っぷりとその顛末でした。

そもそもブルガンは70話で逮捕されてるのに何で出てきたのか。
保釈金を払ったのか仮出所中だったのか一切説明もないし、ダブルロイヤルに成敗されるためだけに出てきたようにしか思えない。
おかげで熱いバトルが見られたよ。お疲れさまでした。

ただただサトシとロイヤルマスクにタッグを組ませたい、ニャヒートとガオガエンが共に戦うところを見せたい、その熱量に打ちのめされた話でした。
ブルガンがリベンジャーズのボスであることよりこの場に居ることの方が衝撃のはずなのにそれは追求しないで許せぬ悪にダブルロイヤルが立ち向かうって話に進んでるんだもん。
リベンジャーズのやりすぎな反則行為も説明のないブルガン再登場もダブルロイヤルに気持ちよくぶっ飛ばされるために設定されたもので、ダブルロイヤルの活躍という一点のために細かいことはすっ飛ばして構成されてたと思います。
この力技のまとめ方、米村さんらしいホンで個人的には凄く楽しかったです。

|

« ニチアサ感想・2018/07/01 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第1話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/73808984

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:アローラの若き炎! ロイヤルサトシ誕生!!:

« ニチアサ感想・2018/07/01 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第1話 »