« 「みんなの物語」の前に「キミにきめた!」をもう一度 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第2話 »

2018年7月13日 (金)

感想:劇場版ポケットモンスター みんなの物語

今年もやってきましたポケモン映画の夏。
この時のために生きてる~。

長年ポケモン映画を作り続けてきた湯山監督からバトンを引き継いだ矢嶋監督の初監督作品となった今年の劇場版ポケットモンスターは「みんなの物語」。
そのタイトルどおりの「みんな」の映画となっていました。
以下ネタバレ全開の感想となります。

-嘘と痛みを乗り越えて-

昨年の「キミにきめた!」がサトシピカチュウの出会いを改めて描くという長年のファン感涙ものの作品でホウオウに会いに行くという物語の目的も明確だったのに対し、今作は登場人物が多く事前のプロモーションではルギアとゼラオラが出てくること以外大きなトピックは無くどんな話になるのか今一掴みづらいところがあったのは正直なところです。
ただ、登場するキャラクターたちがそれぞれに悩みや痛みを抱えてるというのはぼんやりと見えていて、ポケモンたちと共にそれを乗り越えることで大きな結果に繋がる話なのかなということだけは予想していました。
蓋を開ければその予想は当たっていて、そしてそれぞれが抱えてる問題は決して他人事のものではなくこの作品を見に来た人にとっても覚えがあったり今まさに抱えてる問題であるかもしれない。
それぞれが誰かに、あるいは自分の思いに嘘をついたり蓋をしていて、でもポケモンがいることで正直になれたり塞いでた思いを打ち明けることができる。
小さな勇気を振り絞るその時にポケモンは傍にいてくれるし、そうすれば大きな結果にだって繋がる。
それぞれが勇気を振り絞った「みんなの物語」が大きな一つの物語になる。そんな映画だったと思いました。


-ポケモン初心者リサ-

リサが下校する様子がまず映し出されてグラウンドを走る陸上部員を見つめる表情に複雑な心情がうかがえます。
ポケモンのことは全然わからない、現実にもこういう人いそうな本当に普通の女子高生という感じで、ポケモンの映画なのにポケモンを知らない彼女をまず映し出すというのが斬新でした。

ポケモンのことを分からないながらも弟の頼みで知らない街へやってきて一所懸命イーブイを探してたところを見ると弟思いの優しいお姉ちゃんなんだともうかがえます。
その優しい姉を弟のリクはある目的で利用してたわけですが。ED後の種明かしにはびっくりしたよ。

イーブイをゲットした後、足の怪我は治ってるのに走ることを止めてしまったことも明かされます。
イーブイゲットに奮闘する間メイクが崩れてることも忘れるほど夢中になってたようで、かつてはこんな風に走ることに夢中になっていたんだろうなと想像します。
そんなかつての自分を振り返るのが怖くて、自分の本来の姿を隠すためにメイクをしていた、というのは考えすぎでしょうか。


-嘘つきカガチ-

姪のリリィと妹のミアと一緒に風祭にやってきたカガチ。
リリィを楽しませるために次々嘘をつきそれが次第に自分の首を絞めていくことになるのは辛いものがありました。
悪意ある嘘ではなく体の弱いリリィのための優しさがある故の嘘だというのが余計に辛い。
姪のためにここまでするのは、リリィが体が弱いからというだけじゃなく他にも何か辛いことがあってそこから立ち直ってもらうために優しい嘘をつき続けてきたのかなと想像しちゃいます。

そんな彼に懐いてしまったウソッキーは木に擬態して身を守るポケモン。
嘘をついて自分を守ろうとするわけで、カガチの現状を体現したようなポケモンです。
そのウソッキーを相棒として受け入れて共に危機に立ち向かう。
嘘はつくけど自分にできる精一杯のことをやろうと奮闘する、まさかこのおじさんとウソッキーに泣かされるとは思いませんでしたよ。


-人見知りトリト-

ポケモンのワザや特性の研究をしていて知識は豊富だが人とうまく話せないトリト。
人見知りゆえに研究仲間からは距離を置かれていて、スピーチを仲間の誰かに頼めばいいものをそれが出来ずに偶々出会った部外者のカガチに成り行きで依頼することになってしまいそれがトラブルに繋がってしまう。
自分に出来ないことは素直に誰かに助けを求める、簡単なようで凄く勇気がいること。
個人的にはトリトの葛藤は胸が痛かったです。

研究仲間の一人は彼が誰よりもポケモンに詳しくポケモンを大事にしてることを知ってて愚痴を零す仲間たちを諫める。
トリトが協力を申し出た時も真っ先に彼の気持ちを受け止めていて、トリトが気付いてないだけでちゃんと彼を見ていてくれる人がいたのが良かった。
気持ちを伝えるのは怖いかもしれないけどちゃんと受け止めてくれる人がいるんだと描いていたのが素敵でした。


-ポケモン嫌いのヒスイ-

ポケモンに近づかれることを嫌がるヒスイ。
彼女のポケモン嫌いは街の子供たちの間でも有名なようで相当偏屈なおばさんというのが最初の印象。
しかし他のみんなが抱えてるものがあるように彼女も何かあるんだろうなと薄々感じていたら、炎の中でブルーを失っていたという辛い過去がありました。
ポケモンを失う怖さと悲しさを知ってる故にポケモンを遠ざけていた。
リサのイーブイが怪我をした時固唾を飲んで見守っていた様子から心底ポケモンを嫌ってるはずはないと思いましたがそれも腑に落ちました。
遠ざけようとしてるポケモンたちが次々とヒスイに懐いてしまうのも、トリトの薬品の効果にしてはずっと付いてくるのが変だと思って、ポケモンたちはヒスイが本当は優しい人だと気付いてて離れたくなかったのかなと思いました。

昨年の「キミにきめた!」では雪の中でポケモンの死が描かれて衝撃でしたが、今作は炎の中での別れ。
もしかして前作が雪なら今作は炎と意識してポケモンの死を描いたんでしょうか。

ポケモンと悲しい別れをすることもある、それでもポケモンと共に居たいというのは前作でも描かれたことですが、そのドラマを今作で最年長のヒスイに持ってくるのが残酷でもあり優しくもあるなあと思いました。


-秘密を抱えるラルゴとオリバー-

市長の娘であるラルゴは町の人々に恐れられるゼラオラの存在を隠すために風祭の妨害をしてしまう。
自分を助けてくれたポケモンだから守りたい。言い伝えに縛られず目の前にいるポケモンを助けようとする子供ゆえの純粋な優しい思いだけど、そのために嘘をつき聖火を盗み出すという大変なことにまで発展してしまうのも子供ゆえの幼さが表れてます。
ゼラオラへの思いと嘘をついてる後ろめたさの板挟みになってさぞ苦しかったと思います。


秘密が暴かれたラルゴをオリバーは叱るのかと思いきや、彼もまた秘密を抱えていたことを明かしたのは驚きでした。
ゼラオラが住む山には呪いがあると嘘をつくことで人を遠ざけゼラオラを守ろうとしていた。
人間のせいでポケモンを傷つけてしまった償いにそんな嘘をつくことしか出来なくて、その嘘が巡り巡って自分の娘に嘘をつかせることになってしまった。
こんなことになってしまってオリバーには無力さと悔しさの思いが渦巻いていたと思います。


-人間嫌いのゼラオラ-

人間によって住処を追われハンターに狙われたこともあったゼラオラは人間を憎んでいた。
しかし岩に潰されそうだったラルゴを咄嗟に助けたところを見ると弱き者を放っておけないんだと分かるし、ラルゴがゼラオラを守ろうとしたことで人間が悪い奴だけじゃないとはゼラオラにはもう分っていたんだと思います。
その思いをサトシがバトルで引き出し、オリバーは市民と共に消火活動をすることで言葉にせずともゼラオラへの謝罪の気持ちを伝えた。
言葉ではなくバトルと行動で気持ちを伝えるというのが素敵で、ポケモンと言葉が交わせなくても気持ちは伝えられるという映画でもテレビでも繰り返し描かれてきたことが今作でも大事にされてて良かったです。
ゼラオラがこういう役回りとは全然予想がつかなかったので、驚きと同時に感動でした。


-悪意無き連鎖-

カガチはリリィのために見栄をはって珍しいポケモンがいると言ってしまったためにゼラオラを守りたいラルゴに嘘をつかせることになってしまい。
トリトは緊張のため研究発表のデータを間違えてしまってカガチの嘘を意図せず暴いてしまい。
トリトの研究してたカプセルを盗み出したロケット団は煙が拡散するなんて想像もしてない、おそらく何のカプセルかもよく知らずに盗み出したんだろうし。
ラルゴがゼラオラを守ろうと聖火を持ち出したことで風力発電が使えなくなり街の被害を広げてしまうことになり。

誰もが自分の行いが誰かを傷つけたり苦しめることになるとは想像もしてなかった、悪意を持って誰かを苦しめようとしてたわけでもないのに色んなことが重なって結果として誰かを苦しめてしまった。
悪人がいるわけではなくみんなの行動が結果として大惨事に繋がるというのが辛い。
でもこれは現実にもこういうことって起こり得るよね、誰か悪い奴がいるなんて単純な話ではなく悲劇は起きてしまうものなんだというメッセージのように感じました。
だからこそ何かが起こったらみんなで出来ることをやって事態を解決しよう、出来ることをやっていけばきっと大きな力になるというメッセージでもあり、みんなが勇気を振り絞って行動を起こす感動に繋がるんだと思いました。


-ポケモンパワー-

ヒスイは旧発電所のプロペラを動かすために炎の中を進むことを決意して。
トリトは煙を中和するためのカプセルの精製に研究仲間に協力を頼んで。
カガチはリリィを助けるという思いを嘘にしないために力仕事を受け持って。
オリバーは市民に協力を頼みラルゴはゼラオラの心を解きほぐそうとして。
リサはルギアを呼ぶための聖火を届けようとひたすらに走る。
それぞれが出来ることを精一杯にやり切って事態の解決に向けて進んでいくのが素晴らしい。

みんながそれぞれやるべき事のために勇気を振り絞れたのはポケモンが居てくれたから。
サトシ曰くポケモンがいるから何だって出来るって思える、それがポケモンパワーだと。
そのまんまやんけと思いつつサトシらしい言葉だし堂々とそう言えるのがカッコいいです。
そのポケモンパワーを信じて、ポケモンたちに支えられてそれぞれが勇気を振り絞る姿が泣けました。

最後に現れたルギアも、そのポケモンパワーを信じる人間の姿があるからこそ恵みの風を街に与えてくれてるんだと思いました。


-サトシとピカチュウ-

前作でがっつり絆を見せてくれた2人は今作ではみんなの導き手という感じで大きなドラマは無く。
しかしゼラオラに友達になりたいと真っすぐ向かって行くサトシがカッコ良すぎるわ暴れるバンギラスを助けるために無茶なことでもやり遂げてしまう2人のコンビネーションに唸らされて。
この2人を見てればポケモンパワー、ポケモンと一緒なら何でも出来るって信じられそうだしそれをみんなに説くのも説得力あります。
やっぱりこのコンビは最高です。


-世相の反映-

ED後にリクがリサのサングラスに仕込みをしていてネットでフウラシティの様子を中継してたことが発覚。
リクがやってたポケランチャンネル、つまりユーチューバーってことだよね。
こういうキャラが出てくるって時代を感じるなあ。

珍しいポケモンを求めてハンターが街に来たのは、曲解かもしれませんがマナーの悪いポケモンGOユーザーを揶揄したものに思えました。
前作の「キミにきめた!」でもエンテイ出現の知らせに一斉にトレーナーが動き出したのがポケモンGOを彷彿させる光景で、今作は影の部分をチクリと刺しにきたのかななんて考えちゃいました。





前述したように悪者はいないけど事態の解決にはみんなの力が結集し大きな結果に繋がった物語。
カプセルを盗んだロケット団ですら彼らが商売のために持っていたラムの実が中和剤のカプセルに使われてて、誰一人欠けても成立しないみんながいるから出来た話でした。
脚本の梅原さんと高羽さんはポケモンに関わるのは初めてで矢嶋監督は劇場版を監督するのは初めて。
初めて尽くしでこれだけ多くのキャラクターを動かしそれぞれにドラマを設けてそれが繋がっていく構成にしたのは本当にお見事としか言いようがないです。

サトシとピカチュウの絆を十分に見せて頂いた翌年に今度はポケモンと共に一歩前に進む老若男女の「みんな」の物語が見られる。
鑑賞を終えた今となってはサトシとピカチュウだけじゃなく「みんな」にもドラマはあるよって描くのは当然の流れのように思えますけど、20周年大作のあとに主人公2人ではなく「みんな」のドラマに注力した映画を作ろうって勇気ある決断だったんじゃないでしょうか。
関係者各位の決断とそれを形にして素晴らしい映画に仕上げたスタッフの皆様、そしてキャストの皆様には感謝と敬意を表します。

ありがとうございました。本当に素晴らしかったです。

そして来年はついにあの映画に・・・?
いやいやあのキャラクターの声が聞こえた瞬間ドッキドキでしたよ。

|

« 「みんなの物語」の前に「キミにきめた!」をもう一度 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第2話 »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

ポケモン映画」カテゴリの記事

コメント

ほんとに心が温まる作品だなぁって感じました。

登場キャラクターでもありましが、現実世界においても一人一人それぞれが様々な悩みや想い、楽しいこと、辛いこと、悲しいことなどを抱えながら生きています。でも一人でできない困難もいろんな方々となら頑張っていける、乗り越えていけるのかなと想いました。

こちらの作品も自分にとってほんとに生きる力や元気をもらっている作品のラブライブ!サンシャイン!!という作品の中でのお話のタイトル、楽曲名にAakenthePowerというアニメのお話や曲があり、そのお話もほんと感動的なお話ですし、同楽曲そしてキャストのAqoursさんに感謝してもしきれないくらいのたくさんのpowerをいただいていて、今回のみんなの物語とリンクしてまさにポケモンパワー、Aakenthepowerを感じ、どんな状況状態になっても手と手を取り合って支えあっていけば怖くないとボクは感じています。

劇場版の本編での印象的なところはまず、サトシ、ほれてまうやろーて感じでした。(^_^;)序盤、ラルゴが男の子3人にからかわれているときにパッとサトシが現れたシーンはこれはセレナが惚れる気持ちわかるなって感じで、後半にもラルゴを体を張って守るシーンもさすがサトシと想いましたし、全編通じてやっぱりサトシはサトシだなぁって感じました。

全劇場版は観ていますが、今作でおそらく初めてじゃないかと思うのですが、アニメシリーズや原作のように旅の途中で野生のポケモンをゲットするというのも新鮮でしたし、まさにポケモンって感じでした。
ゲットレースもポケモンGoを彷彿とさせるシーンでしたし、そんな中でもゲットレースだけにとらわれず、バンギラスを救ったサトシ、ピカチュウ、ゴルダックにいじめ?られていたウソッキーをたすける形でゴルダックをゲットしたカガチの行動は目の前の結果よりも今そこで起こっていることを優先するのも凄く現代社会にも通じる感じがして考えさせれますね!

ロケット団が研究施設に侵入して、研究段階のものを盗みサトシが、追うシーンで流れたBGMは今作は金銀編のポケモンが多いということで金銀編で使われてジョートリーグでもっとも激あつだった曲が流れていて激あつでしたし、あそこからのイーブィのシーンにグッと涙が出ました。

ボクの中で一番感動してグッときたのはカガチの友情ゲットです。めいにひどいことしたと自分を責め続けるカガチに対して誰も責めないのもほんと信じ合っているからこそリリィにひどいことをしても責めないのかなと感じましたし、素敵な絆、家族を観れてほんと感動でした。
そしてウソッキーとの友情ゲット!!劇場版でもこういった感動的な友情ゲットシーンが観られるなんてほんと幸せです!

せいかをリサが持っていくシーンはあのせいかがバトンのように見えていろんなメッセージがこめられているなと感じました。
監督も変わり、新たなスタートもそうですし、どんな状況状態になっても信じ合い、今を精一杯生きて、自分が今できることを考えて、支えあって助けあい、未来につなげていくんだというメッセージもこめられているのかなと感じました。

エンディングもほんと感動的でグッときましたし、エンディングの感じがゲームのさん・ムーンを彷彿させる画写で、今作と前作はアニメシリーズの中でのお話はないですが、2作品ともさん・ムーンを
ひとつのテーマになってるのかなとも感じました。

アローラ地方はポケモンと距離感はどの地方よりも深いのでアローラ地方ならではのポケモンと人との関係というのもゲームでも実感しましたし、エンディングの画写はさん・ムーンのエンディングでその後を描いた画写を感じさせる展開でした。
ヒスィのその後もほんと良かったですし、なによりラストのサトシ&ピカチュウの画は良い意味でやばかったです。あのシーンはさん・ムーンラストのすごい強い絆で結ばれた主人公と伝説ポケモンを彷彿させる画写でしたし、サトシ&ピカチュウの絆の強さを改めて感じたすばらしいシーンでした。

エンディング後はほっこりする展開があり、最後まで観てくれた方への感謝の気持ちが伝わってくるシーンでした。

そして最後の最後で初期世代にはたまらない次回作のあるキャラが復活する予告は鳥肌ものでした

最後にこんなにもすばらしく、いまの時代に起こっていることにもみんなとならたちむかって行けるというメッセージがこめられている作品を制作していただいたスタッフさん、キャストさんに感謝したいですし、ほんとお疲れさまでした!!こんなにもすばらしい作品をありがとう!!

投稿: リザードン大好き! | 2018年7月16日 (月) 20時15分

コメント返信:リザードン大好き!さん

男子たちからラルゴを守るところやバンギラスを助けるところ等々、本当にサトシは腹の立つくらい(え のイケメンで眩しかったですね。

ポケモンGOのムーブメントはやっぱり今作に強い影響があるんだろうと改めて思うところで、ポケモンGOで再びポケモンが身近な存在になったことで今作で描かれた”ポケモンパワー”というのは鑑賞したお客さんにとって絵空事ではない説得力のあるものだったなあと思います。

記事にも書きましたがカガチとウソッキーの友情ゲットは本当に泣けたしまさかこの2人に泣かされるなんて!
カガチを誰も責めてないというのは仰る通り本当は信じあってるからなんだと思いますしただの嘘つきにしていないのは丁寧な話だったと思います。

投稿: んがよぺ | 2018年7月19日 (木) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/73853024

この記事へのトラックバック一覧です: 感想:劇場版ポケットモンスター みんなの物語:

« 「みんなの物語」の前に「キミにきめた!」をもう一度 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第2話 »