« アニポケSM感想:サンドの嵐! 氷穴のダブルバトル!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/07/01 »

2018年6月30日 (土)

キュウレンジャーVSスペース・スクワッド感想

例年どおりなら帰ってきたキュウレンジャーをやるところだと思ってたら、まさかのスペーススクワッドとの共演という豪華な作品を見られるとは。
というわけで「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の感想です。

世界忍者戦ジライヤより宇宙忍デモストの復活。
早速デモストを追い詰める2代目シャイダーと新生ジライヤの登場で最初からハイテンションですね。
新生ジライヤは冒頭と異次元への扉を維持する役目だけで出番少なかったのは残念。
まだ変身前のキャラも詳しく決まってないみたいだし、いつか正式に新生ジライヤの活躍が描かれる作品が出来ることを期待します。
そのためにも円盤買わないとな。

デモストが別の宇宙に逃げたことを知った撃はキュウレンジャーのことを思い浮かべ勝ち誇ったような表情で。
ラッキーとハミィの口癖を声に出したのが彼らの事を覚えていて彼らならデモストとも戦えるという信頼がうかがえて嬉しいです。
キュウレンジャー本編に客演したことが今作に繋がっていること。ギャバンVSデカレンジャーのプロモーションのためだった客演がこうして新たな絆になるとは感慨深いです。


ネオキュータマを奪ったハミィが指名手配されキュウレンジャーが分裂してしまう。
本編でも言われてたようにハミィが本気で悪に走ってるわけはないと思ったしデモストに利用されてると察しはつきましたが。
それでも事情が分からない以上ツルギやスティンガーが厳粛な対応をせざるを得ないのは理解できるし、責任ある立場である以上そういう判断をするしかない2人の心境も苦しかったと思います。

ツルギの判断にラッキーが反発しキュウレンジャー同士の戦いへ。
テレビ本編でも何度もぶつかったラッキーとツルギだからまたこうして対決してしまうのも致し方ない。
しかしラッキーもハミィを信じると言いながらも内心信じ切れてないからこそ内紛にまで発展してしまったように思う。
やっぱり仲間の裏切りという事実には激しい戦いを乗り越えてきた救世主でも堪えられなかったから冷静に行動できなかったんじゃないかな。


やるべきことを見失ってるラッキーとツルギに撃と舟がアプローチする。
仲間を信じること、自分が面白いと思うことをやる。
撃とは1度しか会ってないし舟は今回初対面なのにそれぞれの本質を見抜いて大事なことを教えてくれるのが素敵。
違う宇宙の戦士でも大事なことは同じでそれを気付かせてくれる仲間なんだということが感じられて良かったです。


迷いを振り切るドラマはハミィにも。
ヴィランズとして復活したメレが同じカメレオンの戦士としてハミィに問いかけたことでハミィはデモストに反旗を翻す。
理央への愛のために生き抜き現世に未練のないメレの言葉は説得力があってメレの心を動かすのも納得の展開でした。
ちょうどYouTubeでゲキレンジャーが公式配信中なので、ゲキレンジャー本編の映像を回想にメレの語りが聞けたのは感無量。


デモストの企みをギャバンとシャイダーが暴きハミィの師匠の鶴菊をキュウレンジャーの仲間が助ける。
ハミィが一人で背負い叶えようとした願いは仲間の助けがあってようやく叶う。
願いは仲間と一緒に叶える、テレビ本編でも描かれたドラマが今作でも踏襲されそこに別作品のヒーローとのコラボもあるというのがたまらないです。


離れていても心は一つ。
今回のショウ・ロンポーはデモストの変装に利用されたり腰を痛めて戦いには参加できずといいとこ無しだけど上記の言葉だけは染みましたね。
その言葉を体現するように、キュウレンジャーはヴィランズを相手にそれぞれ別の場所で戦っていたけど思いは一つでした。
離れた場所にいながら宇宙戦隊の名乗りは一緒という演出も良かったです。


メレ以外のヴィランズは出番少なくて残念だったけど、彼らもメレ同様特に未練あるわけでもなく自分の意思に従ってただけなんじゃないかな。
強い奴と戦えればいいという利害が一致しただけでデモストにもフメインにも忠誠なんて全くなかったんじゃないかなと思いました。


アクションシーンは坂本監督らしく今回も派手でスピーディーでカッコいいです。
パンフのインタビューによるとハミィがデモストに止めを刺すシーンは現場の判断で素面アクションになったようで、素面で強敵を倒すという画も凄くカッコよかった。
ハミィが今回の主役という事も印象付けるし良い判断だったと思います。


カクレンジャー世代の自分としては役は違えど忍者繋がりで広瀬仁美さんが出演されスクリーンでお姿を観れたことも嬉しかったです。


ラッキーはスペーススクワッドへの参加を保留し撃と別れる。
いつかまた共演することがあるといいなあ。
そして新たなヒーローの参戦を匂わせて終幕と。
いやいやキュウレンジャーの後日談でもありながらスペーススクワッドとのコラボも成立させてしまう盛沢山の作品でした。
ED中に神谷さん大塚さんの顔出し出演やラプターとルカの共演、中の人ネタで最後まで笑わせていただいて楽しかったです。


前述しましたが円盤買います。
ジライヤの活躍も見たいしキュウレンジャーにもまた会いたいし、そしてあのヒーローの復活も叶ってほしい。

|

« アニポケSM感想:サンドの嵐! 氷穴のダブルバトル!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/07/01 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/73776444

この記事へのトラックバック一覧です: キュウレンジャーVSスペース・スクワッド感想:

« アニポケSM感想:サンドの嵐! 氷穴のダブルバトル!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/07/01 »