« アニポケSM感想:クチナシの大試練! ルガルガン覚醒!! | トップページ | アニポケSM感想:激突ウルトラビースト! ドンドンバチバチ大作戦!! »

2018年6月 6日 (水)

ニチアサ感想・2018/06/03

HUGっと!プリキュア 18話
仮面ライダービルド 38話
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 17話
の感想を。

HUGっと!プリキュア
18話「でこぼこコンビ!心のメロディ!」

ルールーがすみれに偽の記憶を与えて野々家に潜入したこと、いつか すみれの記憶を元に戻すだろうと思ってたけど意外に早かった。
そしてその事実を知っても すみれはルールーを受け入れたこと、ルールーの予想を裏切り野々家が再び彼女を迎え入れる温かい心にジーンときます。
一度失敗した料理が形を変えて美味しいカレーになったように、ルールーだってやり直せるんだと食卓を囲みながら前向きなメッセージを伝えてくれるのが素敵すぎます。


プリキュアの正体に続きルールーの秘密も知ってしまった えみるはルールーを元気づけようとする。
自分の好きな音楽で励ましたいけど上手くいくか分からないと不安を覚える。そう思うということはルールーを本当に心配してる、友達だと思ってるということ。
まだ出会って間もないのに、そしてルールーは人間ではないのに、そこまで彼女を思えるのが凄い。
心があるから親友だと、今のルールーを否定しようとするパップルに強く言い返すのがカッコ良すぎるし熱かった。

自分の心が分からないとエラーを起こしてたルールー。
えみるが言ってくれたように心があるから迷うのだし、エラーを起こすほど心が彼女の中に溢れてる証左だと思います。
自分が悩んでた心を えみるのおかげで認められるようになり、親友だと言ってくれた彼女の手を握り返す、素敵すぎるでしょ。


15話でえみるが引いてた曲に歌詞がついてそれをルールーと一緒に歌う。
最終回でもないのにまさかの特殊エンディングに仰天、そして感動。
ギャグ回だった15話で2人が出会ったことが今回の熱い友情の話に繋がったのびっくりだし、その回で流れた曲が素晴らしい歌に進化するとは。


仮面ライダービルド
38話「マッドな世界」

桐生戦兎の記憶を無くし、代わりに戦兎となる前の葛城巧本来の記憶が蘇る。
そのために龍我にも美空にも戦兎は冷たい態度を取っていて、一緒に過ごしてきた時間が無かったことになってしまってるのが辛い。

本来の記憶が蘇ったことで戦兎、葛城は改めて自分の発明がきっかけで戦争が起こった事実を目の当たりにして苦しむ。
記憶がない状態、戦兎として過ごしていた時でも自分が犯した罪に苦しんだのに記憶を取り戻したらまた苦しむことになるなんて辛すぎる。
その場に居合わせた幻徳も自分の罪を改めて突きつけられる、野心を抱いてたかつての自分が葛城を利用しこの事態を引き起こしてしまったんだから。


エボルトは難波に自分の操り人形になれと要求するがそんなことを受け入れるはずもなく。
結果的に西都と共闘する形でエボルトに立ち向かうが、ブラックホールフォームとなったエボルトに敵うはずもなく。
文字通りブラックホールに飲みこまれ消滅した雷、龍我を庇って消滅した風、憎まれ役だった鷲尾兄弟だけどこうもあっさり命を奪われるとやっぱり辛い。
雷は消滅寸前まで難波のためにと言ってたけど、風は龍我を庇って最後の最後に難波の呪縛から解放された。
呪縛から解放されるのが最期の時というのが悲しい。


もう一つ悲しいのは難波を失ったのにエボルトに忠誠を誓った内海の選択。
目の前で仲間が消されて自分を育ててくれた難波を殺されたのに、その仇に付く方を選んじゃうんだから。
強いものに忠誠を誓う、風が最期に難波の呪縛から解放されたのに、内海は難波が死んでも尚教え込まれた生き方から逃げられずそういう選択をしちゃったんだなと悲しくなりました。


快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
17話「秘めた想い」

圭一郎に思いを寄せる末那。
バイト先で手に入れたと言いながら自分が育てた花をいつも贈ってくるのだからその思いの強さが否応にも伝わってきます。
なのに当の圭一郎は全然気付いてない、鈍感すぎる。
いやそういう奴だろうとは思ったけどあまりも絵に描いたような光景だったので笑うのと同時に驚いたよ。
初美花のセッティングで再度対面すると緊張して口が回らなかったりって、分かりやすすぎるなあもう。
でもそれが面白かったんですけどね。

圭一郎曰く自分は2つのことは同時に出来ない、不器用だと。
留学する末那に幸運を祈ることしか言わなかったのは彼女に期待させることを言いたくない、ギャングラーとの戦いがいつ終わるか分からない今は一個人の思いに真剣に向き合う余裕が無いという事なんだろうなと。
皆の平和のために戦う、ネローに見せられた夢の中でも平和を願っていたしどこまでも市民の平和という使命に熱い男なんだなと。

海外へ旅立つ前にニュースでパトレンジャーの活躍を知って敬礼をする末那はどこか満足気に見えました。
圭一郎の熱い思いを知ってるからこそ使命を果たしてる彼の活躍が嬉しかったんじゃないかなと。


ネローに閉じ込められた夢の世界、つかさはやっぱりぬいぐるみに囲まれてて咲也は初美花の写真集でニヤケてるという何とも”らしい”願いで微笑ましかったです。
初美花の写真集って、それ中の人ネタでしょ。荒川さんも渡辺監督も遊んでるなあ。

皆自分の願いを夢に見てるのに、初美花だけ夢を見てないのがちょっと気になります。
失った人を取り戻すという過去に囚われてる快盗たちには夢が無い、これから先の未来を夢見てないという表われなのかなと思ったり。

そして夢の世界で初美花に接触した圭一郎は再び快盗の正体に疑惑を抱いてと。
久々にザミーゴが姿を現すしまた不穏な空気が漂い始めてドキドキします。

|

« アニポケSM感想:クチナシの大試練! ルガルガン覚醒!! | トップページ | アニポケSM感想:激突ウルトラビースト! ドンドンバチバチ大作戦!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/73631137

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2018/06/03:

« アニポケSM感想:クチナシの大試練! ルガルガン覚醒!! | トップページ | アニポケSM感想:激突ウルトラビースト! ドンドンバチバチ大作戦!! »