« ニチアサ感想・2018/06/24 | トップページ | キュウレンジャーVSスペース・スクワッド感想 »

2018年6月29日 (金)

アニポケSM感想:サンドの嵐! 氷穴のダブルバトル!!

先週はお休みで2週間ぶりのポケモンアニメです。
やっぱりこれがあると凄く楽しいし癒されます。

80話
「サンドの嵐! 氷穴のダブルバトル!!」
脚本:宮田由佳
コンテ:尼野浩正
演出:渡辺正彦
作画監督:直井由紀


-帰り道はまっすぐ・・・のはずが-

天文台の課外授業を終えて帰路につく子供たち。
って、あれ?ククイ博士は一緒じゃないのかい?と思ったけど。
博士はポケモンリーグ設立のための用事があって子供たちだけ先に帰したんだと脳内補完して勝手に納得しました。
それに帰りは一本道だし子供たちだけで大丈夫だと信頼していたんでしょう。

しかし真っすぐに帰れるはずだったのに、好奇心から抜け道を選択したことが仇となり、洞窟の中で皆離れ離れに。
迷うはずないって言ってたのがフラグにしか思えなかったけど早速迷うことになったのは予想通り過ぎて笑っちゃいましたよ。


-離れ離れの仲間たち-

ピカチュウを筆頭にポケモンだけのグループ、スイレンとロトムとガラガラ、サトシとカキにモクロー、はぐれたことで珍しい組み合わせとなってこれはこれで面白い。
スイレンはロトムの分析を無視して道を進んでいて、35話で食材探しをしてた時もロトムの分析があてにされてなかったのを思い出す。
あの時も半々の確立しか言えてなかったけどそこは全然変わってないのね。

サトシはカキの忠告よりも先に洞窟内のポケモンを踏んずけてしまって散々な目にあった模様。
モクローはずっと寝てて頼りにならないし、戦えるポケモンがいない状況でよく出口までたどり着けたなあと。
尺の都合省略されたのは残念だけど、どんな道中だったのか気になります。

ポケモンだけのグループが一番しっかりしてたんじゃないかな。
鼻のきくルガルガンがいるからそれほど道に迷うこともなかっただろうしピカチュウが皆をまとめてトラブルなく進めてたんじゃないかなと想像します。


-それぞれの夢-

ラッタに追いかけられて疲労困憊のマーマネとリーリエとポケモンたちにマオがクッキーを振舞う。
それを食べて喜ぶ姿を見てマオは自分のやりたいこと、料理でお客さんを笑顔にすることをずっと続けていきたいと語る。
また改まってどうしたのかと思ったけど、洞窟で迷っているという苦しい状況でも自分の料理が仲間を笑顔に出来た事で、自分のやってることは人を幸せにできるんだと改めて感じたのかも。

マオに続きマーマネは宇宙飛行士になりたいと夢を語る。
星に興味があることが何度か描かれてたので好奇心が宇宙まで拡大するのも納得。
前回のメテノのことで、悲しい記憶が蘇ってはしまったけどだからこそもっと知りたいと新たな好奇心も同時に芽生えたのかなと思いました。

2人の語りを聞いたリーリエはまだ将来の事は具体的に思いつかず、今ポケモンたちと触れ合えるのが楽しいと答える。
いずれやりたいことが見つかる、それも良いとマオとマーマネは言ってくれてるのが良いね。
将来のことが思いつかないことを無理にせかしたりせずゆっくり探してもいいんだと肯定しているのが素敵。

既に夢があって具体的に語れることもこれから夢を探すことも、それを仲間と一緒に語り合えてどちらも良いと言い合えるのが本当に素敵です。


-意図せぬ遭遇-

洞窟の中で出会ったサンドたちは何やら特訓中の模様。
その理由は洞窟に迷い込んだバンギラスによって彼らが大事にしている氷の城が壊されるのを防ぐため戦う準備をしていたようで。
今回はリーリエたちがサンドたちを助けることでバンギラスが悪者にはなってしまったけど、本来であればどちらが悪いわけでもなかったんでしょう。
介入がなければバンギラスが城を壊していただろうしサンドたちはもっと傷ついていた。
でも悪意があったわけではなくたまたま迷い込んで意図せぬ遭遇があって起きてしまう悲劇が自然界ではある、その一端が描かれてたと思います。

追い払ったバンギラスにもうここに来てはダメだとリーリエが一言。
これがあるだけでも人が手を加えてしまったことへの後味の悪さを少しは軽減できたんじゃないかと。


-リーリエが進む道は-

バンギラスと戦うためにリーリエはサンドとシロンに指示を出しダブルバトルで応戦する。
アーカラ島の大試練、サトシとライチのバトルを思い出し攻撃と防御の役割を分けた的確な指示が見事でした。
あのバトルがここで拾われたのに驚くと同時にバトルとは無縁だったはずのリーリエが経験を積んだことでここまで戦えるようになったのも感慨深い。

リーリエが意識してるかは分からないけど、ポケモンを守ったという点でエーテル財団の仕事と近いことをやっていたと思います。
かつてはルザミーネと距離を取っていたこともあるのにいつの間にか母と同じことをやっているんだから、やっぱり親子なんだなあと思いました。

氷の石で進化したサンドパンから今回の礼としてZクリスタルを授けられた。
ついにリーリエにもZワザを使うフラグが立った、これはテンションあがりましたよ。

さらにデンヂムシが氷の城から発掘した氷の石もリーリエの手に渡りシロンが進化する可能性も生まれました。
シロンは進化が怖いようでどうするかはこれから決める。リーリエが夢について語ったのと同じように無理強いはしない、これから考えると結論を急がなかったのは良かったです。


進化は先送り、Zワザも使えるかまだ自信がない。
でも積み重ねた経験が今回のダブルバトルに繋がり母の仕事と近いことをやってみせたように、遠かったはずのものがいつかすぐ近くまでやってくる日もきっと来るだろう。
リーリエには可能性を広げる経験もあればそれを応援してくれる素晴らしい仲間たちもいる、それが描かれた話でした。

|

« ニチアサ感想・2018/06/24 | トップページ | キュウレンジャーVSスペース・スクワッド感想 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/73768953

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:サンドの嵐! 氷穴のダブルバトル!!:

« ニチアサ感想・2018/06/24 | トップページ | キュウレンジャーVSスペース・スクワッド感想 »