« アニポケSM感想:出動! 僕らのウルトラガーディアンズ!! | トップページ | アニポケSM感想:悪のニャースはアローラニャース!? »

2018年2月13日 (火)

ニチアサ感想・2018/02/11

HUGっと!プリキュア 2話
仮面ライダービルド 22話
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 1話
の感想を。

今週からスーパー戦隊シリーズ最新作がスタートしました。

HUGっと!プリキュア
2話「みんなの天使!フレフレ!キュアアンジュ!」

学校でプリキュアが話題になってて はなは得意気。さらにハリーから他にもプリキュアになれる人がいると聞いても自分一人だけの方がカッコいいと答える。
これまでのシリーズだと仲間を探そうとなるところを自分だけでいいなんて言うとは意外でした。
この自分だけというのがこの後の さあやの主張を際立たせるための前振りになってるのが良かったです。


クラスメイトからは天使と呼ばれるほど誰にでも優しく分からないことがあればすぐ調べて知識を身につけていく さあや。
はぐたんのお世話でもその優しさと知識が存分に発揮されてました。
さあやの人となりを知り、さらに彼女が信条としてるマザー・テレサの言葉を聞いたはなは一緒にプリキュアをやろうと誘おうとする。
はなが出来なかったはぐたんの世話をさあやは出来て、さあやは はなはのように勇気や自信を持っていない。
それぞれに出来ることと出来ないことがあると描き、だからこそ一緒にプリキュアをやろうという流れになってるのが良いですね。
それとはなが さあやを委員長ではなくさあや個人と話してるんだと名前で呼ぶのも良かったです。


はなの言葉で勇気を振り絞った さあやは知恵のプリキュア・キュアアンジュに変身。
知恵でキュアエールを助けオシマイダーを浄化することに成功しここでも2人が助け合う意味を描いてるのが良い。
そして改めてはなが さあやを誘って さあやもはなを名前で呼んで一緒にプリキュアとして頑張ることになると、素敵じゃないですか。

そういえばプリハートがあと3つあるって追加戦士フラグ早すぎませんか。


仮面ライダービルド
22話「涙のビクトリー」

今回のコント・・・あらすじはブラッドスタークが参戦。
声の仕事ってメタ発言じゃないですか。
全ての元凶もこのコーナーではこんなにはっちゃけられるんですね。


代表戦はビルドがベストマッチを駆使してグリスを一方的に攻撃していく。
販促を兼ねたフォームチェンジの応酬、派手でカッコいいです。
でも戦兎としてはハザードトリガーを使わないようにするための苦肉の策でこれで勝てるとも思ってなかったんだろうな。
美空に万が一の対処としてスイッチを渡していたのもハザードトリガーを使わずに済むとは思ってなかったんだろうし。


スイッチを使えば動きが止まると言うが本当はビルドそのものを消滅させるためのもの。
それしか止める方法がない、それほど危険なハザードトリガーの恐ろしさが現れてるし戦兎が消える手段を自ら作ったのはそんな恐ろしいものを作ってしまったことへの贖罪でもあったのかな。
美空は戦兎の嘘をすぐに見抜き一緒に作ったビルドだと戦兎の言葉を聞いてスイッチを受け取る。
恐ろしい力を作ってしまった責任、美空も戦争は自分のせいで起こったと思ってるし戦兎の気持ちが分かってしまうからスイッチを受け取るしかなかったんだなと、辛い。

押されていたグリスだけど一海は気持ちを滾らせて反撃に転じる。
記憶を消したと言ったのはやっぱり嘘で、三羽ガラスを守るために自ら改造されることを選んだことが回想される。
守りたいものがあるから戦う、分かってはいたけど改めて一海の決意の瞬間を見せられると彼にもこれ以上苦しんで欲しくないと思っちゃうし、でも戦うことしか出来ないのが辛い。

ハザードフォームになったビルドを止めに入ったのは龍我。
戦兎を助けたい思いからドライバーの副作用への恐れを乗り越えビルドを何とか止めることが出来た。
戦兎を助けたいから戦う、今度こそその思いを形に出来て少しだけホッとしました。
止められたのは自分だけの力じゃないと言ったのがクローズに初めて変身した時を思い起こして良かったです。

東都と北都の戦いは決着し美空は辛い選択をせずに済んで戦兎も龍我も一海も無事で少し気持ちが落ち着いた・・・
と思ったら西都が北都を制圧し新たな仮面ライダーが猛威を振るうと。
また次回も辛い展開になりそうだし本当落ち着かせてくれないのなこの番組は。


快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
1話「世間を騒がす怪盗さ」

人に化けたギャングラー怪人がカジノでルーレットを操作し客から金を巻き上げる。
カジノという怪しい空気がある場所から始まるのがドキドキするしそこへ颯爽と快盗が現れルパンコレクションを取り返すという流れがカッコいいです。
戦闘員相手の立ち回りに怪人のお腹の金庫を開けて宝を奪還、そして怪人を倒し駆け付けた国際警察を尻目に去っていく。
快盗のカッコいいところをしっかり見せてアクションも派手にやってくてるのが良いですね。
怪人のお腹に金庫があるというアイディアが面白いしそうすることで対怪人戦と宝の奪還が結びついて作劇上の都合も良いし金庫を開けるのに変身アイテムを使ってダイヤルを回すというギミックの使い方も良かった。
ルパンコレクションが特別な力を持つ宝と後ほどコグレから説明はあるけど、ルーレットのシーンで視覚的にそれが分かるように演出してるのも上手かったと思うし、冒頭の数分でこれだけ詰め込んで魅力的に見せてるのが凄いなあ。


今作の敵組織ギャングラーを束ねるのはドグラニオ・ヤーブン。
500年も悪事を働いてきたと言うが、それが飽きてきたから今度は配下の怪人たちに自分の跡継ぎを競わせ世界を征服して見せろと言う。
今までの悪事に飽きたから競争という形で別の悪事を行わせようとする、悪寒がはしりますね。
脚本の香村さんはジュウオウジャーで敵キャラクターをハッキリと悪として描くことを意識したそうで今作でもそれは変わらずなんだとヤーブンの台詞を聞いて思いました。

1話の時点で組織のボスを前に怪人たちがずらっと並んでる様子が懐かしい光景。
現在ニコニコ動画で配信中のギンガマンやメタルダーでもこんな感じだったなあと思ったり。


快盗の活躍は世間で話題となってるが圭一郎は納得できず新聞を読んで怒りを表す。
その様子をからかう魁利。予告すると決め台詞を堂々と言ってしまうのが大胆不敵でドキッとしました。
この2人のやりとりで正反対の性格だと分かるし、これまでのシリーズだったら一緒のチームになって徐々に打ち解けてく流れだけど今作は敵対していくのだからどうなるか楽しみですね。


快盗のアジトは普段はレストランを経営してるようで、コグレから情報を受け取ると店じまいをして本業の快盗へ早変わり。
表向きは店の経営、ゴレンジャーから続く伝統ですな。本当の顔が快盗というのが大人な雰囲気がして良いです。

ギャングラー怪人・ガラットに透真と初美花が捕まり魁利が選択を迫られるが2人を助けるつもりはなく2人が自力で助かる想定で攻撃をする。
生き残った者が目的を果たすという約束、その約束で繋がってて馴れあってるわけじゃない。
冷たいようにも見えるけど約束で繋がってるという既に完成された関係でいるのがカッコいいじゃないですか。

変身し快盗戦隊ルパンレンジャーとなって反撃開始。
名乗りもアクションもこれまたカッコいい。


今回はガラットを倒して終わりかと思ったところで国際警察が現れルパンレンジャーとガラットに警告する。
ルパンレンジャーと同じVSチェンジャーで警察戦隊パトレンジャーへと変身し快盗たちが驚きを隠せないまま次回へ続く。
同じアイテムで変身することはCM等で周知の事実でしたが、いざ劇中で見せられると快盗たちと同じく驚いちゃいました。
このまま宝を奪還できる勢いでいたところで同じアイテムを持つ第3者が突然現れたことによる衝撃、面白すぎる。
冒頭でルパンレンジャーが颯爽と現れ活躍を見せ、最後はパトレンジャーの登場で驚きを見せてくる、良い構成でした。


警察の方はヒルトップ管理官が準備するまでパトレンジャーの装備がなく、またチームとしても圭一郎の考えに咲也とつかさが付いていけてないようでまだまとまりが無く快盗の完成された関係とも対比になってるように思えました。
既に完成された関係でルパンレンジャーとしての活躍が目覚ましい快盗と、これからパトレンジャーになってチームとしてまとまっていくであろう警察、という対比なのかなと。

この2つの戦隊の対決、どうなっていくか本当に楽しみです。
いつかは2つの戦隊が打ち解ける時も来るんじゃないかと思ってしまうのですが、出来れば馴れあわず、かと言って険悪にもなりすぎずに2つの戦隊の対決を描いていってほしいと思います。
毎年映画でやってたVSシリーズをテレビで1年やろうという試みが戦隊の新しい歴史と伝説を作ってくれることを期待したくなります。

|

« アニポケSM感想:出動! 僕らのウルトラガーディアンズ!! | トップページ | アニポケSM感想:悪のニャースはアローラニャース!? »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりのコメントです。ついに始まりましたね。史上初W戦隊!!一言で超面白いです!
ルパン側、パトレン側それぞれの使命が描かれていてよかったとかんじましたし、他の作品のアニメなどでもまじわらないものどうしでライバル関係というのを描いている作品もありますが改めて、こういった作品を戦隊シリーズでやっていただいてることに本当に感謝です!

ルパン側のピンチでの変身シーンは一見非常にもみえます
が仲間を信じている、信頼しているからこそできるのかと思ったり
そういった意味で言えば、戦隊シリーズは仲間のピンチを助けることも戦隊シリーズの良さではありますが、ルパン側は助けるという選択ではないものの、戦隊シリーズの良さである、信じるや信頼という絆うぃ従来とは違った形で描いてくれて本当によかったです

今後パトレン側と共闘というこがあるのかわかりませんが、僕もんがよぺさん同様このままの関係でいてほしいなと感じました

次回予告のSFかって思うくらいの迫力でしたし、次回も楽しみです!

PS、キョウリュウジャー復活しましたね!

投稿: リザードン大好き! | 2018年2月14日 (水) 12時30分

コメント返信:リザードン大好き!さん

お久しぶりです。

ルパン側もパトレン側もキャラクターに魅力を感じられて率直に面白いと思えましたね。
2大戦隊の対決を本当にやるんだという気概が十分に感じられて今後の展開が本当に楽しみです。
共闘もきっとあるでしょうしそこで生まれる絆や信頼もあるのかと思いますが、記事にも書いた通りうまいこと距離感を調整してくれることを期待したいです。


キョウリュウジャー復活は全くの予想外で驚きましたね。
2大戦隊の対決にキョウウリュウジャー復活と面白いことが続いてて本当に楽しいです。

投稿: んがよぺ | 2018年2月17日 (土) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/72905908

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2018/02/11:

« アニポケSM感想:出動! 僕らのウルトラガーディアンズ!! | トップページ | アニポケSM感想:悪のニャースはアローラニャース!? »