« ニチアサ感想・2017/12/10 | トップページ | ニチアサ感想・2017/12/17 »

2017年12月15日 (金)

アニポケSM感想:輝けZパワーリング! 超ゼンリョクの1000まんボルト!!

54話
「輝けZパワーリング! 超ゼンリョクの1000まんボルト!!」
脚本:冨岡淳広
コンテ:樋口香里
演出:毛利和昭
作画監督:香月麻衣子 一石小百合

-ルールを活かした構成-

ルザミーネが広げた毒の海をソルガレオは難なく渡る。
鋼タイプだから毒は効かないということですね。
同じようにシルヴァディはメモリを換えて鋼タイプになって毒を無力化してました。
リーリエはピクシーの特性のおかげで毒のダメージがないのでこちらも問題なし。
途中でソルガレオが残った皆の援護のために移動しちゃったから毒の海をどう攻略するんだと思ったらしっかり理由付けされてて感心。
ゲームのルール通りにタイプ相性や特性を活かすのは冨岡さん流石の手腕ですなあ。

グラジオがアブソル相手にZワザを使っててルザミーネ救出時に使えなかったのもZワザは1回だけというゲームのルールに沿ってたし、制限をつけることで今回の見せ場である1000まんボルトを引き立てることにもなるしゲームのルールをアニメの盛り上げに活かしてるのが上手いです。


-ひっさつのモクシュート-

モクローがドレディアの甘い香りに誘われてくっ付いてるため攻撃できないという絵面はギャグなのに大ピンチです。
状況を打破したのはアママイコが甘い香りを出してモクローが誘われるといういつもの光景でした。
そしてお約束でアママイコのヘタで殴られると。
殴られて飛ばされたモクローをさらにアママイコが叩いて相手に飛ばすという攻撃でドレディアを倒す事に成功するまさかの展開。
お約束のギャグからアニメオリジナルの新技が見られるなんて思わなかったのでビックリしましたよ。

名前といいマオがアママイコを投げ飛ばす動作といいこれはゲームにあるピカチュウ専用のZワザ”ひっさつのピカチュート”の代替ワザなんでしょうね。
メタなことを言うと商業的には1000まんボルトをアピールしたいので、もう一つの専用Zワザのピカチュートは出せないからそれに代わるものとしてモクローに白羽の矢が立ったのかなと。


-大嫌い-

逃げて拒絶を続けるルザミーネを引き止めたリーリエの言葉は、前回ピクシーを正気に戻した言葉と対になる”大嫌い”でした。
自分を赤ちゃんと呼ぶ事への不満と今の状況ではルザミーネの方が赤ちゃんではないかと怒りの篭った一言です。

でもはっきりその怒りを表せるのはルザミーネの本当の姿、本当の強さを知っているから言える事。
ウルトラビーストへの夢を抱き続けてきたこと財団の仕事をこなしていること忙しい中でも子供達への思いも忘れてはいないことも知ったからこそ、ただ我儘で逃げるだけの今のルザミーネが本当の姿じゃないとキッパリ否定できるんでしょう。

ピクシーにはありのままを受け入れ肯定する”大好き”を言って優しい心を取り戻させて、ルザミーネには今の姿を否定する”大嫌い”を言ってルザミーネの本当の強さを呼び覚ます。
言葉は対になってるけどそこにある思いは、相手の優しさや強さを信じて発しているのは同じであるという構成が素晴らしいですね。


ルザミーネなら自分の力でウツロイドの支配から抜け出せる、論理的結論として。
肉体的にも精神的にもギリギリの状態でルザミーネを信じる思いを伝えるための最後の一押しとしていつも言ってる言葉を使ってるのも良かったです。
ルザミーネを助けたい、思いを伝えたい、リーリエの母親へのゼンリョクの思いが篭った言葉だったと思います。


-超ゼンリョク1000まんボルト-

ルザミーネを離そうとしないウツロイドを止めるためサトシとピカチュウの新たなZワザが炸裂する。
Zクリスタルが突然パワーアップしていたけど守り神たちの力がそうさせたのだと解釈しておきます。

新しいZクリスタルに少し戸惑うものの、サトシとピカチュウの息のあったポーズに続いて”1000まんボルト”が発動。
10万ボルトよりもさらに強いワザということでワザ名が決まるのもサトシらしいと思うし新しい力を感じて思うままにゼンリョクを注いでるのが良いですね。

Zワザを使った後にZクリスタルが元に戻ってたのでいつかこの現象についての説明はあるかもしれないけど、今回のZワザ発動は理屈をこねるより感覚的に演出して正解だったと思います。
ルザミーネを取り込むウツロイドがとにかく気持ち悪かったので、その気持ち悪さを吹き飛ばすように理屈抜きで強くカッコよく新しいワザを見せてくれたのが痛快でした。

サトシとピカチュウのグータッチや帽子を返す仕草とかも素敵です。
本当いいコンビですわ。


-最高のチーム-

ルザミーネを助け出し日輪の祭壇へ帰ってきた一同。
出迎えたククイ博士に自分たちは最高のチームだと一言。
知ってる。
これまでの冒険の数々を見ればその言葉を疑う余地なんか全く無い。
サトシたち自身がこれを言ってくれたのがたまらなく嬉しかったです今回だって、ルザミーネの心を取り戻したのはリーリエの思いあってのことだけどリーリエが頑張れたのは皆がいたからだし、最高の仲間達が力を合わせたこのチームだからこそ目的を果し無事帰ってこれたんだと思います。


マーマネが結晶を持ち帰っていること、グラジオ曰くウツロイドは人間を知ろうとしてるということ、今後の伏線になりそうな気になることもありますが。
またウルトラビーストと出会い困難にぶち当たったとしても、この仲間達ならきっと乗り越えられると信じられます。
論理的結論として。

|

« ニチアサ感想・2017/12/10 | トップページ | ニチアサ感想・2017/12/17 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/72463042

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:輝けZパワーリング! 超ゼンリョクの1000まんボルト!!:

« ニチアサ感想・2017/12/10 | トップページ | ニチアサ感想・2017/12/17 »