« アニポケSM感想:輝けZパワーリング! 超ゼンリョクの1000まんボルト!! | トップページ | アニポケSM感想:ありがとうソルガレオ! 俺たちのほしぐも!! »

2017年12月17日 (日)

ニチアサ感想・2017/12/17

キラキラ☆プリキュアアラモード 44話
仮面ライダービルド 15話
宇宙戦隊キュウレンジャー 42話

の感想を。

キラキラ☆プリキュアアラモード
44話「雪に秘めた想い!愛をさけべ、あきら!」

幼い頃のあきら、みくと一緒に遊びたくても妹は傍に居なくて寂しさを感じている。
みくは自分を守るためにあきらの将来の可能性を閉ざしているのではと考えてしまう。
姉妹で互いに思いあってて、その絆があるからこそ苦しみもあるというのが辛い。

そこにつけ込んだエリシオはみくを攫いあきらを闇の世界へ誘い2人とも闇の中に閉じ込めようとする。
電話越しにみくの心をえぐるやり方が怖い。
闇の世界にぽつんと電話ボックスがある絵は最初はシュールに思ってたけど、今回はたやすく闇の世界と繋がるツールとなってて、すぐ傍に闇の入り口があるというのが怖かったです。
みくを取り込んだ巨大雪だるまの顔が歪になってるのも不気味だしその中へキュアショコラも吸い込まれていく様子も、絵が怖い印象でした。

みくの思いと自分の中にある寂しさを知ったあきらは自分がやるべきことを見つけて闇を抜け出す。
みくのために未来が閉ざされたのではなく みくを助けたい思いがあるから同じ病気で苦しむ人たちも助けたい、誰かを守ることをより大きく広げていくという結論。
今までやってきた事を止めたり否定するんではなくこれからも続けて広げていく。
前回のひまりの結論と近いもので、あきらの場合はそれが大事な妹に起因し、姉妹の絆があるからこそ未来が開けていくということなんだね。

最後は2人でこたつに入って雪だるまに見立てたスイーツを食べる。
文字通り温かいラストでした。


仮面ライダービルド
15話「桐生戦兎をジャッジしろ!」

惣一が明かしたナイトローグの正体を確かめるために戦兎は幻徳とコンタクトを取る。
幻徳がローグだと直球の言葉を投げて幻徳も隠すつもりがないのが大胆すぎますね。
話が終わる前に龍我が飛び出してしまって相変わらず頭に血が上りやすいなあと思いましたが、飛び出してしまった事を反省したり幻徳への怒りが香澄のことだけじゃなく多くの人を苦しめた事によるもので成長してるんだなあと思えました。
戦兎が龍我を責めないのもそういうところを分かってるからなのかな。


惣一は戦兎が居ぬ間に秘密基地からデータを盗み出しまた怪しい動きを。
そこで美空と再会し問い詰められるけどとぼけた答え方をして美空もその嘘に付き合う。
スタークの正体だとは知らなくても悪いことをしてるのは美空にも分かってはいるんでしょうけど、それでも1年間共に過ごした時間は紛れも無く親子の平和な思い出であってそれを嘘にはしたくないから秘密を明かさない惣一の嘘に付き合ってるんだろうな。
戦兎に続き美空も惣一の嘘のために苦しんでいる、辛い。
惣一は別れ際に戸締りをしておけと言ってて、基地の存在を知られるわけにはいかない・美空を守りたいという思いも垣間見えて親としての思いは嘘じゃないと思えるから余計に辛い。


惣一から聞いた話を確かめるため今度は幻徳が戦兎に接触してくる。
ナイトローグがコウモリの翼を広げて強そうに見えたけどパワーアップしてるビルドにはあっさり負けちゃってるのが敵ながら可哀そうでした。

氷室首相が幻徳の悪行を知ってその場を収める。
権力を手に入れてから失脚するまで早すぎてビックリした。
12話で紗羽の話を信じてくれなかった時はしばらくいいように騙され続けるのかと思ったけどそんなに愚かな人じゃ無かったよ氷室首相。
パンドラボックスは東都政府の元へ戻ったけど、これも惣一の想定してるシナリオのようにも思えて不安です。

連行される幻徳が負け惜しみのように戦兎の秘密を暴露する、戦兎こそが葛城巧であると。
公開中の映画のことも合わせて予想はついたので驚きはしなかったけど、最後に敵が主人公の秘密を明かすというのが前作と被ってあの神が頭に浮かんじゃうのが困りものでした。


宇宙戦隊キュウレンジャー
42話「父か?宇宙か?ラッキーの覚悟」

前回と同じく頭からロボの戦いをたっぷり見せていて楽しい。
合体フクショーグンを相手にロボ総出撃で超久しぶりにリュウテイキュウレンオーの姿も見られて満足。
この詰め込みぶりはさすが竹本監督です。


宇宙と父親を天秤にかけてどちらを選ぶのか、ツルギの厳しい問いにラッキーはアスラン王を倒すと言う。
けどそれはラッキーらしくないとハミイが口を挟みスティンガーも説得を試みる。
ツルギの問いも両方救う覚悟を問うものであって誰もラッキーに父親を諦める事を望んでいないんだね。

”らしくない”はかつてハミイがナーガに言って追い詰めてしまった言葉だけど今回はラッキーの本当の思いを諦めさせないための言葉となり、兄を救えなかったスティンガーは身内を失う不幸を繰り返させないためにラッキーの幸運を信じたいんだろうなと思いました。

ラッキーが覚悟を決めてガルも目を覚まし皆で気持ちを一つにして再び合体フクショーグンに挑む。
今度は倒す事ができて皆で心と力を合わせて強敵に勝つのが王道で熱いですね。

一段落したかと思いきやツルギがドン・アルマゲの誘いに応じて一人別行動をとる事に。
ツルギの体に異変が起きてる描写もあったし、そのこととドン・アルマゲの秘密と何か関係があるんでしょうか。

|

« アニポケSM感想:輝けZパワーリング! 超ゼンリョクの1000まんボルト!! | トップページ | アニポケSM感想:ありがとうソルガレオ! 俺たちのほしぐも!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/12/17:

« アニポケSM感想:輝けZパワーリング! 超ゼンリョクの1000まんボルト!! | トップページ | アニポケSM感想:ありがとうソルガレオ! 俺たちのほしぐも!! »