« アニポケSM感想:ありがとうソルガレオ! 俺たちのほしぐも!! | トップページ | アニポケSM感想:寝る子は強い、ネッコアラの秘密! »

2017年12月25日 (月)

ニチアサ感想・2017/12/24

キラキラ☆プリキュアアラモード 45話
仮面ライダービルド 16話
宇宙戦隊キュウレンジャー 43話

の感想を。

キラキラ☆プリキュアアラモード
45話「さよならゆかり!トキメキ☆スイーツクリスマス!」

クリスマスを迎えるにあたりキラパティでパーティーを開催する事に。
その提案をしたのは ゆかりで積極的に準備を進める様子に冒頭から不安を覚えました。

ゆかりの様子を見ながらあおいは何時までキラパティの皆と一緒にいられるのか疑問を口にしてそれを聞いたペコリンは皆と離れたくないと寂しさをゆかりに打ち明ける。
バンド仲間が辞めるという経験をしたばかりのあおいがこの疑問を抱くのも幼いペコリンが別れを受け入れられないのも当然の反応。
ゆかりの依頼でマカロンの作り方を厳しく教えるシエル、文句を言いながらもスイーツを食べるビブリー、リオも文句を言いながらもスイーツ作りを手伝う。
ゆかりが主役の回だけど他のキャラのリアクションや行動も大事にしてて、脚本の坪田さん久しぶりの登板なのに凄いなあと思いました。


ゆかりは留学を決めてキラパティの仲間とお客さんのおかげで楽しいことが見つかったと語る。
パーティを企画したのもマカロンの作り方を改めて教わったのも最高のおもてなしをするため。
茶道の心得とスイーツを絡ませつつ退屈だった日々を抜け出し自分でやりたいことを見つけ出したというのがゆかりのドラマの終着点として良く出来てると思いました。
同時にそれは大切な仲間達と離れるという決断でもあって、シリーズ終盤の話としてもしっくりくるものでした。

たとえ離れていても心は一緒。
エリシオに孤独だと責められてもそれに動じる事も無く戦えたのが強いなあ。
29話でもエリシオの精神攻撃を打ち破ってたし負けるはずはないと思ったけど、ここまで圧倒的だとエリシオが哀れに思えてくる。
仲間を吸収したカードを使ってその手札も尽きてしまって負けるエリシオが、仲間と離れる事になっても心は繋がってるプリキュアとは対比になってるのかなあと思ったり。


仮面ライダービルド
16話「兵器のヒーロー」

昨年のクリスマスはライダーが一人消えちゃった衝撃の回で、今年はどうなるのかと思いましたよ。
佐藤太郎が既に故人で氷室首相がまた倒れて戦争は止められず戦兎のアイデンティティは明かされた真実によってボロボロに崩れ去って・・・重すぎるわ!


惣一=ブラッドスタークが葛城の記憶を消して佐藤太郎を殺し双方の顔を書き換えて葛城を死んだと思わせ桐生戦兎という人物を作り上げた。
佐藤太郎と葛城巧という個人の存在を世間から抹消し誰でもない桐生戦兎という自分に都合のよい人間をでっち上げる。
葛城=戦兎とは予測は出来たけどいざ明かされると辛すぎる。
居場所を作ってくれた恩人の裏切りと悪行を改めて突きつけられ自分自身の存在そのものがデタラメだったなんて厳しすぎるよ。


龍我は戦兎を殴らないと気が済まないと戦いを仕掛けるが本当に言いたいことはそうじゃなかった。
戦兎を許せない自分のことが許せず苛立っていて戦兎を責めたいわけじゃなかった。
やっぱりいい奴だなあ君は。

美空は自分が知ってる戦兎はナルシストで自意識過剰な正義のヒーローだと褒め言葉ではない励まし方。
でもそれが美空が見てきた確かな事実で、惣一の真実を知ってショックを受けてるはずなのに戦兎を励ますことを考えてそれを言えるのが強いなあと。


北都のスマッシュと戦うものの戦意を失う戦兎を龍我が鼓舞する。
誰かの力になりたい、そのために戦ってきたのは葛城巧でも佐藤太郎でもなく桐生戦兎だと。
龍我がそう言えるようになったのも戦兎と一緒に戦ってきたからだし、戦兎のおかげで変われた龍我が戦兎を肯定して再起させるというのが熱いじゃないですか。
ここで主題歌を流すもんだから否応にもテンション上がりましたよ。


次回予告と続けて玩具のCMでクローズの新形態が出てきてびっくり。
グリスは映画に先行登場してたけどクローズも同じシステムで変身するとは全然知らなかったので驚きました。
しかも新ベルトの音声って若本規夫さんですよね。
キバに出ていた武田航平さんがグリスに変身してキバの劇場版に出演した若本さんが再びライダーに関わるってなんて縁だこれ。


宇宙戦隊キュウレンジャー
43話「聖夜に誓うヨッシャ、ラッキー」

ビルドに続きキュウレンジャーまでOPを省略して始まるものだからビックリ。
まるで最終回みたいだしキャストの素面アクションもカッコいいしのっけからテンション上がりました。


アスラン王を救うため仮面を壊そうとするが攻撃を見切られてしまい狙い通りにいかない。
キュータマの力も使ってカッコいいアクションを見せてくれたけどそれでも全然歯が立たないというのが絶望感漂いました。
どうなるかと思ったら、自分の幸運を信じ父を思うラッキーの心にシシキュータマが応えて一瞬の隙を作り仮面を壊す事に成功した。
キュータマの力で洗脳がとけるのではなくて、諦めずに幸運を呼び込み一瞬のチャンスをものにしたというのが良かった。
信じる・幸運を呼び込むとは繰り返し描かれてきたけどその幸運を活かせるかは自分次第。
奇跡が起きて解決ではなく幸運を活かせる力があってこそ願いが叶ったというのが良かった。


アスラン王を救った後はみんな揃って変身と名乗り。ああカッコいいなあもう。
ドン・アルマゲとマーダッコを倒すためキュータマもたくさん使うし見応えあるアクションの連続でカッコいい。

でもこれで素直にハッピーエンドにはならないだろうなと思ったら、やっぱりアスラン王が自分を犠牲にしてラッキーを守る事になっちゃった。
最後に父親らしいことをするって予想できても悲しいなあ。
ラッキーにお前が息子でよっしゃラッキーと、別れの言葉がラッキーの口癖というのも泣けてしまう。
惑星が爆発する瞬間に幼い頃のラッキーと今のラッキーの姿を思い浮かべてもう一度よっしゃラッキーと呟くのが、諦めず幸運を呼び込む男に成長した事を誇りに思っての言葉だったのかなと。


悲しみに沈むラッキーを励まそうと小太郎が発案者となりクリスマスパーティで船内を華やかに彩る。
苦しい戦いと悲しい別れがあったけど賑やかな様子とクリスマス仕様の特別エンディングに思わずニッコリ。
戦隊恒例のクリスマス決戦らしい豪華な内容で満足。


・・・ですが、今回仄めかされたドン・アルマゲの正体にはおっタマげました。
わざわざツルギを呼び出すのはツルギ個人に関係ある話だろうとは思ったけどまさかアイツが正体だとは全然予想してなかったので。
次回正体が明らかになりますが、新年早々ツルギには辛い展開が待ってるのがドキドキします。

|

« アニポケSM感想:ありがとうソルガレオ! 俺たちのほしぐも!! | トップページ | アニポケSM感想:寝る子は強い、ネッコアラの秘密! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/12/24:

« アニポケSM感想:ありがとうソルガレオ! 俺たちのほしぐも!! | トップページ | アニポケSM感想:寝る子は強い、ネッコアラの秘密! »