« イベント「ゼンリョク!ポケモンスクール」の感想 | トップページ | アニポケSM感想:ザオボーの逆襲! さらわれたほしぐも!! »

2017年11月12日 (日)

ニチアサ感想・2017/11/12

キラキラ☆プリキュアアラモード 39話
仮面ライダービルド 10話
宇宙戦隊キュウレンジャー 37話


の感想を。

キラキラ☆プリキュアアラモード
39話「しょんな~!プリキュアの敵はいちご坂!?」

各地から多くの妖精たちが集まって会議を開く事に。
あちこちに妖精が住んでるというのも驚きだけど闇を世界に広げないために戦おうと結束していてスケールの大きな話になってきたなあ。

しかしどれだけ多く集まり闇と戦おうとしても無力だと思い知らされる展開がきついですね。
グレイブがいちご坂の人々を手下にしてしまい戦おうにも手が出せず、手下にされた人々が妖精達も追い詰めていくという絶望的な状況。
前半の影絵でノワールとの戦いを説明したり皆でスイーツを作る様子が微笑ましかっただけに反動が凄い。

ガミーは自分の中に闇があってそれはピカリオも同じだと言い、グレイブは自分の闇を自覚した上で悪に走ってると言う。
闇は誰にでもあって、ではその闇とどう向き合うかということをこれから描いてくれるのかな。

ガミーが闇が自分の中にあったと言ってピカリオやノワールのせいにしなかったのは良かったですね。
ビブリーの闇も同じように描けなかったのかなと惜しく思うけど、きつい事を言いながら妖精たちを守ろうとしていた姿が見れたのは素直に良かったです。

予告で分かってはいたけどようやくピカリオが目を覚ましプリキュアを助けるのはカッコよかったですね。


仮面ライダービルド
10話「滅亡のテクノロジー」

前回のあらすじがいつもの漫才ではないのが深刻な状況を嫌でも感じさせてドキドキします。

パンドラボックスを守るために先行して龍我が研究所に潜入。
傷つきながらもスマッシュを退けブラッドスタークにも傷を負わせるなど奮闘する。
ハザードレベルが徐々に上がってきているというのは勿論だけど、前回美空の口から戦兎の想いを聞いたことで彼のためにも負けるわけにはいかないという想いがあったんじゃないかな。

お前のことは信じられると龍我が言い、戦兎も同じことを思ってると返すのが熱かったですね。
その言葉を言う時にお互い正面から顔を合わせていないのもまた良いね。
照れがあるんだろうし信頼が少しずつ積み重なってるところだから顔を逸らしながら言うのが今の2人の関係を良く表してたと思います。

ボトルがナイトローグに奪われて残ってるドラゴンボトルが龍我から戦兎に受け渡されてキードラゴンフォームで戦うのも熱かったです。
ラビットタンクだけは死守したのかと思いきやそれも奪われてしまって、いよいよ戦兎に戦う手段がなくなったところで次回はついに龍我が変身すると。
新アイテムの宣伝を兼ねつつ大事なドラゴンボトルを戦兎が使う理由付けと今度は龍我が変身する理由付けもバッチリ繋がっていく展開が気持ちよいです。


紗羽が接触してる難波重三郎はガーディアンにあらかじめ欠陥を仕込んでおいたことを語り戦争のためにライダーシステムが使われる事を企んでることをうかがわせる。
幻徳は企みどおりファウストにパンドラボックスを奪わせさらに氷室首相が倒れたことで東都政府の実権まで握ってしまいさらに状況が悪化する。
ブラッドスタークが人の顔を書き換えてしまう力を見せたことで葛城が生きてる可能性が強まってきた。
戦兎と龍我の信頼が厚くなっていくドラマの一方で不穏な動きも加速してるのが本当にドキドキしますね。


宇宙戦隊キュウレンジャー
37話「ラッキー、父との再会」

ジャークマターの手下となって民を苦しめてるというラッキーの父であり国王のアスラン。
あえて憎まれ役になりジャークマターの支配下になることで民を守ろうとしてるのかと思ったけど、どんなに苦しくても己の幸運を信じろとラッキーに教えた人がそんなことをするわけが無かった。
国王は作られた偽者で本物は既に亡くなっているという悲しい真実でした。

ラッキーはやっと父の顔を思い出せたのに、偽者とはいえ父が人々に非難されそして本物の父は既に亡くなっていたとはあまりにも悲しすぎる。
でも真実を知って父は自分の信じたとおりの人だと分かって父の無念を晴らせると戦う姿は立派でした。
最後にラッキーが民の前で未来を切り開いて見せると宣言しその背後には王家の旗があってアスランが息子の晴れ姿を見守っているようで泣けてきます。


民を救うためにキュウレンジャーの仲間が力を貸してくれるのが良かったです。
ツルギが作戦を立案しキュータマを使って雨を降らせて偽者の正体を暴き、スティンガーは王位を継いだラッキーのために相応しい服を用意してくれて。
ドン・アルマゲの本拠地に乗り込むために新たにキュータマを集める必要があることも分かったし、力を合わせて、宇宙の皆の力があって人々と星を救っていくんだということが描かれたのが良かったです。


ロボ戦では前回に続きスーパーキュウレンオーの活躍も。
アスランが残してくれたシーザーが力となってくれてかつてラッキーの故郷を征服したというククルーガを倒すのが熱かったです。

|

« イベント「ゼンリョク!ポケモンスクール」の感想 | トップページ | アニポケSM感想:ザオボーの逆襲! さらわれたほしぐも!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

自分が何者か知らない戦兎自身が顔を書き換えられてる可能性も出て来ましたかね

投稿: kivaxtuto | 2017年11月16日 (木) 19時30分

コメント返信:kivaxtutoさん

戦兎が記憶を無くした葛城という予想をよく見かけて、顔の書き換えでその可能性も強まったと思います。

投稿: んがよぺ | 2017年11月17日 (金) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/72200150

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/11/12:

« イベント「ゼンリョク!ポケモンスクール」の感想 | トップページ | アニポケSM感想:ザオボーの逆襲! さらわれたほしぐも!! »