« アニポケSM感想:サトシとほしぐも! 不思議な出会い!! | トップページ | アニポケSM感想:ほしぐもパニック! テレポートは突然に!! »

2017年10月 9日 (月)

ニチアサ感想・2017/10/08

キラキラ☆プリキュアアラモード 35話
仮面ライダービルド 6話
宇宙戦隊キュウレンジャー 33話


の感想を。

キラキラ☆プリキュアアラモード
35話「デコボコぴったり!ひまりとあおい!」

新作スイーツの発表会に招かれたあおいに ひまりも付き添うことに。
上流階級の人たちが集まる場所にいると あおいがお嬢様なんだという事を改めて感じます。
スイーツを食べる時の作法が身に付いてて、以前は嫌がってたのにレッスンもちゃんとやるようになったんだと成長がうかがえます。

新作スイーツのレシピを知りたいと意気込んでたひまりだけどこの場に居る事に息苦しさを感じて あおいと友達でいることにも疑問を抱いてしまう。
そんなひまりの手を引いてノートを一緒に探しくれる あおい。
理屈や理由を言うよりもまず行動でひまりを大切に思ってることが表れてるのが良いですね。
そしてディアルブルに問われて改めて ひまりが大切な友達だという事を言葉に出すと、素敵です。

ひまりに代わって スイーツを駄目にしてしまったことを謝るあおいに非難の言葉が飛び、あおいを悪く言った事を謝ってほしいと今度はひまりが あおいを助ける。
人前で話すことが苦手だったひまりが友達のために勇気を振り絞って声をあげる、これも成長がうかがえて素敵でした。

スイーツが駄目になって会場の人たちが険悪になった原因はディアブルにあるんだけどそれに言及するのは戦いの後で、あおいと ひまりはそれぞれが責任を持ってこの場を収めようと声をあげていたのが良かったです。
悪役が原因だったとしても自分たちがやったことに対してちゃんとけじめをつけようとする姿を描いてたのが好印象でした。
そのうえでひまりと あおいが改めて互いを大切な友達だと言い合えるのが良かったです。


仮面ライダービルド
6話「怒りのムーンサルト」

前回は龍我が暴走したが今度は戦兎が怒りで我を忘れてしまう。
惣一曰く戦兎は不安を抱えててそれを隠すために人を助けて理想の自分を演じてるとのこと。
記憶を無くして自分のことが分からない、立弥と会ってもバンドマンだったという話も信じられず自分が誰だったのか思い出せない、これで不安じゃないわけないよなあ。
3話で戦兎は笑顔を仮面の下に隠してる事が描かれたけど、やはり仮面ライダーは悲しみや苦しみを仮面で隠してる存在なんだなあ。

突き止めたファウストのアジトで戦兎も龍我もガスを注入されてスマッシュにならなかった特別な実験体だった事がブラッドスタークの口から語られる。
力の出所は怪人と同じ、これも仮面ライダーの宿命ですね。
そしてその事実が戦兎の心を揺さぶり仮面で隠しきれない怒りとなって暴走すると。
おおよそ予想できる展開ではあったけど怒りで暴れる戦兎の姿が悲しかったです。

人質を顧みなくなってる戦兎にかつて自分のことより迷わずビルドとして戦う事を選んだ時のことを龍我が話して正気に戻す。
脱獄した龍我を戦兎が助けて今度は我を見失った戦兎を龍我が助ける。
1話のサブタイトルが「ベストマッチな奴ら」だったけど、そのタイトル通りベストマッチのコンビになれてるんじゃないかな。

と、思ってたら、龍我が葛城の殺害現場に居合わせる前に戦兎が葛城を尋ねていたことが立弥の証言で明らかになり再び2人の関係に亀裂ができてしまいでギョッとした。
壊れそうになった関係が修復し強くなったかと思ったらまた壊れそうになって、ああハラハラする。


宇宙戦隊キュウレンジャー
33話「発進!バトルオリオンシップ!」

オライオンが開発していた船を過去の世界でショウが開発を進めて現代のキュウレンジャーに届くように準備していてくれた。
船を動かすまでの間に、ヤギキュータマによるメッセージ、コールドスリープのカプセルを躊躇い無く開けるラッキー、紙芝居でいい加減な語りをするショウと久しぶりの描写にニヤニヤしました。

カロー・マゲラーの力で性格が捻じ曲がったスパーダ・バランス・ハミイが変なことになって船のことを敵に教えちゃったり戦う時も逆のことを言わないと呼吸が合わなかったりとハイテンションな演出が続いててこちらにも大笑い。


新たな船バトルオリオンシップを動かす鍵となるオリオンキュータマをショウは見つけることはできずラッキーの幸運に懸けることになった。
見つけられなかったといういい加減なところは相変わらず、しかしラッキーの力を信じるところは真剣でショウらしいなあと。
ラプターが怒りながらもショウとの再会に安心してたのも良い描写でした。

オリオンキュータマはオライオンの武器の中に眠っていた。
サイコーキュタマに続き過去の戦士の思いを引き継いで新しい力が目覚めるのが熱いです。
そしてバトルオリオンシップの戦闘シーン、めっちゃカッコよかったです。
オリオン砲の発射が某宇宙戦艦みたいでしたけどカッコいいものはカッコいいのだ。

さらに変形してオリオンバトラーへ。
雄たけびをあげながら敵の攻撃をものともせず戦う姿もカッコいい。
ラッキーの言う事を聞かないところを見ると意思を持ってるのかな。
前回のオリオン号のことを思えは不思議ではないし、オリオンキュータマにオリオン号の心も宿ってたりするのかななんて思ったり。

新ロボ登場のイベントに懐かしの描写やハイテンションな笑いまで詰め込まれて充実した話でした。

|

« アニポケSM感想:サトシとほしぐも! 不思議な出会い!! | トップページ | アニポケSM感想:ほしぐもパニック! テレポートは突然に!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/71920248

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/10/08:

« アニポケSM感想:サトシとほしぐも! 不思議な出会い!! | トップページ | アニポケSM感想:ほしぐもパニック! テレポートは突然に!! »