« ニチアサ感想・2017/07/30 | トップページ | キュウレンジャー&エグゼイド劇場版感想 »

2017年8月 4日 (金)

アニポケSM感想:ライチの大試練! 一番ハードなポケモン勝負!!

36話
「ライチの大試練! 一番ハードなポケモン勝負!!」
脚本:冨岡淳広
コンテ:浅田裕二
演出:小柴純弥
作画監督:大西雅也

-しまクイーンライチ-

大試練を始める前に祭壇の前で祈りを捧げるライチ。
バトルの前の口上もカッコよくこれまで見せてた愉快な様子とのギャップにちょっと驚く。

でもサトシに話しかける時はまたいつもの調子に戻り、バトルの後にはやっぱりコケてだらしない一面も。

カッコいいところも面白いところも合わせてライチという人物なんだなと、改めてしまクイーンの彼女の魅力を見せてくれたなあと思いました。


-みんなで観戦-

ハラの大試練には居なかったクラスメイトが今回は大試練のバトルを観戦。
観客席の様子も描かれるのが過去のシリーズのジム戦を思わせて懐かしい。

カキは自分が受けた大試練とは違うバトルに驚き、バトル慣れしてないリーリエはダブルバトルが大変そうだと驚く。
それぞれのらしい反応が描かれてるのが良かったです。

サトシの島巡りを応援すると皆で約束してるのでこの観戦は当然のことなんだけど、今回は授業の一環としての観戦だったと思うので、普通は大試練バトルでこんなにギャラリーがいることは無いのかなあと思いました。


-ダブルバトルの大試練-

前回ぬしポケモンとの戦いが2vs2だったのに続きライチとのバトルも2vs2。
前回の戦いが前振りになって今回もポケモンたちの連携を存分に見せてくれると。
構成がしっかりしてるなあと感心します。

ライチはサトシの全力を引き出すためにダブルバトルにしたと言う。
Zクリスタルをいくつも持ってて強くなってることだけじゃなく、ぬしポケモンとの

戦いで見せたポケモンたちとの連携と信頼を今一度大試練で見せて欲しくてダブルバトルを提案したんじゃないかなと考える。


-本気を出すモクロー-

草のZワザのポーズの練習でも起きていてボールから出てきた時も眠らずにバトルに臨んでたモクロー。
ハラの大試練の時もそうだったけどいざという時は眠らずに本気でバトルする心構えがあるのが良いですね。
普段がマイペースを貫いてのんびりしてる分本気のバトルを見せてくれるとカッコいいです。


-危ういイワンコ-

バトル前から気が立ってて様子のおかしかったイワンコ。
ダブルバトルなのにこの調子で大丈夫なのか不安でしたが、まさかのモクローを攻撃してしまうという痛恨のミス。
てっきりルガルガンと戦える事に気持ちが高ぶり気合が空回ってモクローの足を引っ張ってしまい、サトシがイワンコをなだめて一緒に戦う事の大切さを教える、なんて展開になるかと思ったんですがまさか味方を攻撃するなんて。

バトル後に明かされましたが進化が近づいてるために気性が荒くなっていたそうで。
以前もイワンコの進化について触れていたことがここで絡んでくるとは良くできた構成だと感心します。

強い相手や憧れの相手と戦えるというときめきや自分の力を示したいといった欲からくる行動ではなく、生き物の本能として荒れてしまい自分で制御が利かない。
ポケモンを生き物らしく描くのが今シリーズの特徴ですが、生き物としての本能がバトルの障害になるとは驚きました。

そしてイワンコにしてみれば自分が制御できないことで仲間を傷つけてしまった後悔を味わうことになって。
挫折を描くのは冨岡さんの十八番ですが、ポケモンの本能を活かした挫折の描き方には恐れ入りました。


-責めるよりも-

落ち込むイワンコにサトシがしたことは、かつて特訓をした時と同じポーズでイワンコに視線を合わせ励ますこと。
特訓の事をここで持ち出すのも失敗を責めずバトルに勝とうと言えるのも素敵過ぎます。
特訓はイワンコの強くなりたいという気持ちを励ますためにやったことだし、あの時も今もイワンコの気持ちは同じだとサトシは信じてるから失敗しても責めるより励ますことが出来たのかなと思います。


来週の次回予告のナレーションでククイ博士が親バカの一面を表しサトシが洗濯機を使えただけで褒めていました。
以前6話で洗濯機を滅茶苦茶にしたことがあっての言葉だと思いますが、あれだけの失敗があったのに怒るよりも洗濯機が使えた事を喜んでるのが素敵だと思います。


イワンコは自分の行いを悔いる心があって、サトシも6話で家の中をめちゃくちゃにした事を謝っていました。
その心が分かるからこそククイ博士はあの時よりちょっとでも成長したサトシを褒めるし、サトシも悔やんでるイワンコを責めるより強くなりたいという気持ちを尊重して励ます。


失敗を責めるより相手の気持ちを尊重し励ましに変える。
本編だけでなく次回予告でもそれが続けて描かれてるのが素晴らしすぎる回でした。


もう少し付け加えるなら。
サトシはイワンコの進化が近づいてる事を喜びルガルガンの昼と夜の姿どちらでもなりたいほうになれと言い、Cパートでもククイ博士とライチがどちらの姿でも楽しみだと言ってる。
失敗したばかりのことを責めるよりこれからのことを期待してくれる人がいるってとても心強くて温かい。
トレーナーであるサトシからも、保護者の大人2人からもこんな温かい言葉が出てくるなんて本当に素敵です。


Zワザの発動やイワンコとルガルガンの一騎打ちのバトルシーンの迫力はもちろん凄かったし、XYのショウヨウジム戦の岩石封じ封じを思い起こさせる岩雪崩の攻略法にはニヤリとしてバトルが見所の回でしたが。
前述のようにイワンコの思わぬ挫折とそれに対するサトシの温かい態度が自分としては印象強かったです。

|

« ニチアサ感想・2017/07/30 | トップページ | キュウレンジャー&エグゼイド劇場版感想 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

グラジオのルガルガンのワールズエンドフォールを
見ていたことが対策に繋がったのは良かったですね

そしてステルスロックの破壊を狙ったのだと気付いたのが
クラスメイトの中で1番バトルが得意なカキなのも

投稿: kivaxtuto | 2017年8月 4日 (金) 03時36分

コメント返信:kivaxtutoさん

グラジオがイワZの入手方法を教えてグラジオの戦いを見たことが攻略のヒントにもなっていたというのが上手い構成でしたね。

サトシの狙いを理解できるのがバトル慣れしててサトシと特訓もしてるカキというのは納得の描写でした。

投稿: んがよぺ | 2017年8月 6日 (日) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/71325387

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:ライチの大試練! 一番ハードなポケモン勝負!!:

« ニチアサ感想・2017/07/30 | トップページ | キュウレンジャー&エグゼイド劇場版感想 »