« アニポケSM感想:カレーなバトル! ラランテスの舞!! | トップページ | アニポケSM感想:ライチの大試練! 一番ハードなポケモン勝負!! »

2017年7月30日 (日)

ニチアサ感想・2017/07/30

宇宙戦隊キュウレンジャー 23話
仮面ライダーエグゼイド 41話
キラキラ☆プリキュアアラモード 25話

の感想を。


宇宙戦隊キュウレンジャー
23話「俺様の盾になれ!」

再び登場したエリスとツルギ自身の口からツルギの過去が語られる。
ホウオウキュータマの力で永遠の命を手に入れて宇宙をまとめるリーダーとなり平和な世界を築き、それを脅かしたドン・アルマゲに仲間と共に戦いを挑み倒したと。
前回語ってたことが無茶苦茶のように思えたけど紛れもない事実だったと判明。

永遠の時間があるなら宇宙を一つにまとめて平和にするという発想も凄いけどそれを一度は実現させたんだからとんでもない男だなあ。
でもせっかく築いた平和を壊されて戦いの中で仲間を失ってるんだから味わった挫折も計り知れないんだろうな。
キュウレンジャーにもう戦うなといったり犠牲も必要だと冷たい事を言うのもその挫折からくる言葉なのかな。
誰も犠牲にしない戦いなんてないし仲間を失う悲しさをこれ以上味わいたくないからキュウレンジャーを戦いから遠ざけようとするのかな。


ラッキーはツルギと自分は違うんだと、仲間と共にドン・アルマゲを倒すんだと言う。
一人じゃ出来ないから仲間がいるんだというラッキーの言葉もご尤も。
本当はツルギもこうでありたい、かつてのツルギもこんな風に理想に燃える若者だったのかなあなんて考えてみたり。


ドン・アルマゲが生きてるだけじゃなくツルギと戦ったはずのフクショーグンがツルギのことを知らないというまた気になるところが。
その秘密が明かされるのがいつになるやら気になります。

ところでフクショーグンの声を当てるのがデンジグリーンにニンジャブルーにイエローバスターと聞いて驚いています。
戦隊OBを贅沢に起用していて製作陣にはただただ感謝です。


仮面ライダーエグゼイド
41話「Resetされたゲーム!」

クロノスのリセット機能で全てのゲームがムテキが完成する前に戻っているという事態に。
あくまでゲームに関することだけなのでパラドが永夢と心を一つにしたことや飛彩が小姫のことに決着をつけたことまではリセットされてないのね。

リセットされたならまたムテキを作ればいいとまたムテキガシャットを作りさらにセーブ機能でリセット対策をする黎斗。
発想は至極当然だけどものすごい労力がかかることをやってのけてしまうんだからゲームに関する思いだけは真っ直ぐなんだなあと。
でも回復したライフを削ってまでゲーム制作をする姿はオーバーな演出もあって笑いを禁じえない。


永夢はゲムデウスの力を持つグラファイトの説得を提案するけど飛彩と大我は反対し戦ってゲームの攻略を進めようとする。
小姫のことは吹っ切れていてもグラファイトが仇であることも大我が負けたままで過去の清算が出来てないのは事実だし永夢の意見に賛成できないのも当然。
でも説得に応じなかったようだという台詞からは、説得が出来たとしたら戦うのをやめることも考えていたのかなと思いました。
納得はできなくても永夢の意見を完全に否定せず説得の結果を待つつもりはあったのかなと。


大我は過去のために飛彩は未来のために戦い、グラファイトは今この時のために戦う。
それぞれの戦いの意味を見出して真剣に戦う姿はカッコよかったです。

ゲームの敵キャラとしての役割を全うし散っていくグラファイト、敵ながら天晴れでした。
パラドとポッピーはグラファイトが最後に笑顔になれたことを喜び仲間の最後の雄姿を見届けくれたのも良かったです。

10話でグラファイトが一旦退場した時はあっけない最後だなと思いましたが、まさかこんなに熱い戦いと誇りを持って散っていく様を見せてくれるとは。


ついに現われたゲムデウスとその様子をうかがう一人の男。
ここから劇場版の話とリンクしていくようだけどさてどうなるのか楽しみです。


キラキラ☆プリキュアアラモード
25話「電撃結婚!?プリンセスゆかり!」

キラパティでナタ王子が来日する話をしてたらその本人が現われてゆかりに求婚するという急展開に笑ってしまった。
ゆかりが連れて行かれるのを あきらが止めようとしたことで ゆかりを巡って王子とあきらが対決する事に。
王子はあきらが女性だと気付いてないんだろうなと思ったら最後まで勘違いしたままで誰も訂正してくれないオチにまた笑ってしまった。

王子は無茶苦茶な事をして全然まともな対決になってなかったけど、ゆかりへの思いは真剣だからこそオーバーな行動になってたんだろうな。
その気持ちに真剣に向き合ってはいない様子のゆかり。
自分自身が楽しいことや好きなことがよく分からないというのが以前描かれてたので、自分の好きが分からなければ他人の好きも分からないし受け止められないということだったのかな。


一度ゆかりと険悪な空気になるものの一緒にスイーツを作り気持ちを受け止めると答えるあきら。
展開が急すぎるかなとは思いつつも ゆかりが自分の弱さを打ち明け あきらがそれを受け止めるというのは良かったです。
それがあったから、思いを受け止めることをあきらが示して見せたから ゆかりも王子の思いに対してちゃんと返事ができたのかなと思ったり。


シエルは自分とジュリオの事を思い浮かべゆかりとちゃんと話すことを あきらに進言し ゆかりはかつてジュリオに指摘された事が本当のことだと打ち明ける。
シエルがジュリオの気持ちを分かってやれてなかったこと、ジュリオが心の闇に付け入ろうとしたこと、ジュリオが自分の心を取り戻したからといってその事実が無くなる訳じゃないからその影響が残る事を描いてたのは良かったです。


最後に
ゆかりとあきらが踊ってるシーンと ゆかりの全部を見せてとあきらが向き合うシーンはドキドキしました。

|

« アニポケSM感想:カレーなバトル! ラランテスの舞!! | トップページ | アニポケSM感想:ライチの大試練! 一番ハードなポケモン勝負!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

プロトガシャットは正宗の所に戻ったのに
タドルレガシーは飛彩の手元のままなんですね

それとセーブという新たな機能をつけることもそうですが
最初に作った時よりも短い時間で作ったのでしょうから
過労死レベルまで疲労が溜まってもおかしくないのですかね~

プリアラですがあのジュリオとの一件の回の時に
一応好きって気持ちがわからないことは
あきらに打ち明けてましたね

投稿: kivaxtuto | 2017年7月31日 (月) 14時59分

コメント返信:kivaxtutoさん

短期間でガシャットにエナジーアイテムまで作れてしまうのは凄いんですけど命を削ってすぐコンティニューという絵面に笑わずにはいられません。
過労死レベルで頑張ってるという大変な状況のはずなのに。


ゆかりが自分のことを打ち明けるなら あきらしかいないというのは以前の事もふまえると納得ですね。

投稿: んがよぺ | 2017年8月 6日 (日) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/71285846

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/07/30:

« アニポケSM感想:カレーなバトル! ラランテスの舞!! | トップページ | アニポケSM感想:ライチの大試練! 一番ハードなポケモン勝負!! »