« アニポケSM感想:ヨワシ強し、池のぬし! | トップページ | ニチアサ感想・2017/07/09 »

2017年7月 9日 (日)

ポケモン映画の思い出その12:アルセウス超克の時空へ

ポケモン映画に関する個人的な思い出を振り返る連載記事12回目になります。


「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ」

公開日2009年7月18日

この年は春頃から所用で関東方面へ何度も通っていて、それが半年近い期間続いていました。
長距離の移動を何度もしていたので疲れが溜まり体の疲れが次第に心も疲弊させていた時期でした。


そんな疲れを癒してくれたのはやっぱりポケモンの存在で、映画公開とゲームのハートゴールド・ソウルシルバー(以下HGSS)の発売が待ち遠しかった。

HGSSは待望の金銀リメイクのうえ名玩具「ポケットピカチュウ」を彷彿させる「ポケウォーカー」が付いていたので期待はかなり大きかったと記憶しています。
そして前年で発売を控えるプラチナと映画の連動があったように、この年は映画館で受け取ったアルセウスをHGSSに連れて行くとイベントが起きるという事も発表されて益々楽しみが大きくなっていました。

映画については「ダークライ」「シェイミ」と繋がっていた物語がついにに完結するという宣伝文句が印象で、そしてゲストに美輪明宏さんが来るというのが驚きでした。
毎年映画のゲストは凄い方ばかり呼んで来ますが美輪さんの衝撃は別格でした。
全ての始まりといわれるポケモン・アルセウスに美輪さんの声がついたらそりゃ神々しさは半端なくて。
ネットでミワセウスなんて呼称を見かけた時はつい笑っちゃいましたけどね。


この年も前年に続き遊びに来た従兄弟と映画鑑賞ができました。
初日に一人で観に行って後日遊びに来た従兄弟と2回目の観賞というもので。
従兄弟はカードゲームにも興味を持っていたので遊び方を教えたり、当時映画との連動で発売されてたアルセウスのカードやデッキケースを買ってあげて。
前年以上にポケモンを楽しんでくれていたのが嬉しかったです。

映画とのタイアップはまだあって、新幹線の車体にポケモンの姿が描かれたポケモン新幹線が夏の間走っていました。
前述した関東方面へ通う中で何度かポケモン新幹線を目撃し、1度だけですが乗車する事も叶ってとても嬉しかった。

ポケモンセンターに初めて訪れたのもこの年。
映画公開の少し前に当時はまだ浜松町にあったポケモンセンタートウキョーヘ行って大勢のお客さんがいたのに驚きポケモン人気を肌で感じられたのも良い思い出です。


楽しいことがあったから、ポケモンがワクワクさせてくれたから実生活の苦しい事もなんとか乗り越えられた、そんな思い出の残る年でした。

|

« アニポケSM感想:ヨワシ強し、池のぬし! | トップページ | ニチアサ感想・2017/07/09 »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/71086761

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモン映画の思い出その12:アルセウス超克の時空へ:

« アニポケSM感想:ヨワシ強し、池のぬし! | トップページ | ニチアサ感想・2017/07/09 »