« ポケモン映画の思い出その10:VSダークライ | トップページ | アニポケSM感想:ヨワシ強し、池のぬし! »

2017年7月 6日 (木)

ポケモン映画の思い出その11:氷空の花束シェイミ

ポケモン映画に関する個人的な思い出を振り返る連載記事11回目になります。

「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
公開日2008年7月19日

この年で忘れられないのは、んがよぺというHNを名乗り始めこのブログを立ち上げた事です。
前年の「ダークライ」の記事でも触れましたが、ぽけあにというサイトのBBSをよく見るようになってて、見るだけじゃなく自分も感想や意見を交わしたいと思うようになってんがよぺと名乗ってBBSに書き込むようになってました。
そして書き込みを続けるうちにブログをやってみたいと新たな気持ちも芽生えて、この年から始めたブログが今日まで続いています。
よく飽きずに続けられてるなあと思います。

映画はもちろん公開初日に観に行って、感想はぽけあにのBBSに書いたんですが(ブログ立ち上げは映画公開から少し経ってからだったので)、BBSに何を書き込んだのか全然思い出せない(汗
ぽけあにのBBSは既に閉鎖されててログの保存もしてなかったので何を書いたのか全く手掛かりがなくて。
観賞した映画の感想をその日のうちに誰かに見てもらえる形で公開するということを初めて経験したのに、肝心の中身は記憶も記録も残ってないという。
自分の書いたものだけでもログ保存しておけばよかったと後悔しています。


2004年の「デオキシス」の記事ではゲームのエメラルドの発売が嬉しかったと書きましたが、この年はプラチナの発売を控えててこれももちろん嬉しかった。
シェイミの解禁と映画の正式タイトル発表と合わせてギラティナの新たな姿・オリジンフォルムも発表されて驚き、ギラティナがパッケージを飾るゲームもきっと出るだろうと期待を膨らませていました。
そして期待どおり9月に発売となり、発売日当日はとても楽しくて嬉しかったのを覚えています。

前売り券の特典でもらえたレジギガスをプラチナに連れて行くとイベントが発生するというのも面白い試みでした。
映画と連動してゲームに貴重なポケモンを受け取るだけでなく、それが発売を控える新作ゲームの宣伝も兼ねているという映画とゲームの連動がさらに強化された年でもありました。

シェイミは正式タイトル発表の後にスカイフォルムの姿も発表され、ギラティナと共に姿の変わるポケモン2体が映画の主役ということで驚いたものです。

映画ではないですが、ゲームのプラチナではロトムが新たな姿に変わる(家電と一体になるウォッシュロトム等)ことが明らかになってこれも驚き。

最近ではメガシンカやリージョンフォームで既に知られてるポケモンが新たな姿になるというプロモーションが記憶に新しいですが、知っているポケモンの姿が変わるという宣伝方法はこの年に既にやってなあと振り返って懐かしく思います。


映画本編については前年の「ダークライ」から話が続いているというのも驚きでした。
以前の作品の内容を踏まえた展開というのはシリーズが続く映画なら珍しいことじゃないのかもしれませんが、ポケモン映画では初めてのことだったので劇中で「ダークライ」で起きた出来事に触れていたのは観賞しながら驚いた覚えがあります。


2回目の観賞は夏休みで遊びに来ていた年の離れた従兄弟と観てきました。
従兄弟は当時小学3年生。ポケモンに興味を持ってくれて映画も観たいと言ってくれたので喜んで映画館へ連れて行きました。
でも同時に緊張もしていて。子供を預かって映画を観るなんて初めてのことだし、何よりポケモン映画を楽しんでもらえるかどうか不安もあり。
上映終了後、面白かったと従兄弟が口に出した時ホッとしたし楽しんでもらえて嬉しかったです。

映画の後は当時稼動してたアーケードゲーム・ポケモンバトリオで遊んだのも良い思い出。
映画の入場特典でバトリオで使えるシェイミのパックが付いてて、従兄弟がそれで遊びたがってたのでバトリオの筐体が置いてあるお店まで連れていって一緒に遊んでました。


楽しい事一杯の年でしたが最後に残念なことを一つ。
Yahooの子供向けサイトYahooきっずで映画に登場するポケモンの人気投票の企画があったんですが、大きいお友達がコイルを1位にしようと画策した騒動がありました。
結果シェイミが1位でコイルは2位となりましたが、この騒動が結果に影響したのは間違いないでしょう。
子供たちのための企画を大人が玩具にして滅茶苦茶にするなんて言語道断。この騒動を知った時は心底腹が立ちました。

|

« ポケモン映画の思い出その10:VSダークライ | トップページ | アニポケSM感想:ヨワシ強し、池のぬし! »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

後のセレナ役の牧口真幸さんがチョイ役ですが出てましたね

シェイミはDPの伝ポケの中でもサトシ個人との関りが
目立ってましたかね

投稿: kivaxtuto | 2017年7月 7日 (金) 07時46分

コメント返信:kivaxtutoさん

牧口さん出演されてたのは知りませんでした。
今度EDクレジット見直してみます。

サトシとシェイミが口喧嘩しながらも絆を紡いでいくのが印象的で2人の掛け合いはこの映画の特に好きなところです。

投稿: んがよぺ | 2017年7月 8日 (土) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/71062373

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモン映画の思い出その11:氷空の花束シェイミ:

« ポケモン映画の思い出その10:VSダークライ | トップページ | アニポケSM感想:ヨワシ強し、池のぬし! »