« アニポケSM感想:ライチ登場! 泣いて笑って、島クイーン!! | トップページ | ニチアサ感想・2017/06/25 »

2017年6月24日 (土)

ポケモン映画の思い出その6:七夜の願い星 ジラーチ

ポケモン映画に関する個人的な思い出を振り返る連載記事6回目になります。

「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」
同時上映短編「おどるポケモンひみつ基地」
公開日2003年7月19日


この年は何と言っても映画の前売り券で幻のポケモンが貰えるというのが一大イベントでした。
今では毎年お馴染みとなってる前売り券の特典でゲームにレアなポケモンが貰えるというのはこの年から始まった事。
映画の主役であるジラーチが確実に手に入る手段があるというのがもの凄く嬉しかった。

ミュウやセレビィ、第2世代までの幻のポケモンは雑誌のプレゼントに応募して当選しないと手に入らなかったりイベント会場に行かないと貰えないというもので、一度もゲームで幻のポケモンを手に入れた事がなかった自分にとってはまさに夢のような出来事でした。
公開前にイトーヨーカドーの玩具売り場でルビー・サファイアでジラーチを受け取った時はついに幻のポケモンが手に入ったんだと感慨深かったです。


この年は前年の10月から「機動戦士ガンダムSEED」が始まった事でガンダムシリーズに嵌ってた時期でもあったんですが(レンタルビデオで歴代のガンダムシリーズも見るようになってました)、ポケモンアニメもAG編に入ってて新しいポケモン世界に心躍ってたので、他のものにも興味がありつつもポケモン熱も温度を取り戻している時期でした。
そして前述の幻のポケモン受け取りで気持ちが高ぶりポケモン映画の公開も待ち遠しくなっていました。


7月に入り、さあと少しで映画が見れると思ってたのに意外な事が起きてしまいました。
公開初日が高校の夏休みの初日でもあってすぐに観に行くつもりだったんですが、この日から3日間の家族旅行が決定してしまい映画を観るのは後回しとなってしまいました。
親兄弟、そして祖父母も一緒に大所帯での旅行だったので自分だけ抜けるわけにもいかず、公開初日にポケモン映画を観たい気持ちをぐっと抑え込むのが大変でした。
旅行はもちろん楽しかったし行って良かったと思ってますよ。


旅行から帰った翌日の7月22日、ようやくポケモン映画が観れると意気揚々と映画館に向かったら、またここで予想外のことが起きまして。
毎年必ず買っていた映画のパンフレットが売切れてしまっていたのでした。
バッジやメダルなどのグッズは買わなくなっても出演者や監督のコメントが載ってるパンフレットだけは絶対買い逃したくないと思ってたので売り切れはかなりショックでした。

映画は楽しめましたがパンフレットが買えなかったのが心残りで、映画を観るわけでもないのに何度か映画館に足を運んで再入荷してないか確認するなんてことをしてました。
映画館にとっては迷惑そのものですが、当時の自分にはそんなことを考える余裕もありませんでした。
3日後には再入荷されてて迷わず購入し胸を撫で下ろしました。


映画の鑑賞もパンフレットの購入も数日待たされ、たった数日のことでも当時の自分には長く感じられた時間でした。


ポケモン映画には関係ない余談ですが、せっせと集めてたデジモンのカードのほとんどをこの時期に処分しています。
一時期はポケモンと並んで熱中してたデジモンですが、この年からアニメもやらなくなって、ポケモンへの熱が戻るのと引き換えにデジモンへの熱は急激に冷めていました。

それと先ほど少し触れたガンダムSEEDですが、脚本を書いてた作家陣の中に後にポケモンアニメにも参加する面出明美さんがいるんですよね。
まだ当時の自分は脚本のことは全然分かってなかったんですけど、後にこの事に気付いて驚いたものです。

冷めてた時期があったり他のものに興味が移ってても結局ポケモンに帰って来る、ポケモンが好きなのはもうどうしようもないんだなあ。

|

« アニポケSM感想:ライチ登場! 泣いて笑って、島クイーン!! | トップページ | ニチアサ感想・2017/06/25 »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70957369

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモン映画の思い出その6:七夜の願い星 ジラーチ:

« アニポケSM感想:ライチ登場! 泣いて笑って、島クイーン!! | トップページ | ニチアサ感想・2017/06/25 »