« ポケモン映画の思い出その7:裂空の訪問者デオキシス | トップページ | ポケモン映画の思い出その9:蒼海の王子マナフィ »

2017年6月28日 (水)

ポケモン映画の思い出その8:波導の勇者ルカリオ

ポケモン映画に関する個人的な思い出を振り返る連載記事8回目になります。

「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ」
公開日2005年7月16日


ポケモン映画は弟と一緒に観に行くことが多かったんですが、この年をもって弟と一緒に観賞するのは最後となりました。
公開初日は一人で、8月に入って2回目の観賞の際に兄弟3人揃って。
弟とは今でも偶にポケモンの話はしますが、アニメや映画についてはこの年を最後に話題を共有する事はほぼ無くなりました。寂しい。


最初「ミュウと波導の勇者」と仮タイトルが発表された時は、既に映画に出てるミュウがまた主役なのかと驚いたものです。
ポケモン映画1作目ではよく分からない行動をしていたミュウが今度こそはサトシを助けてくれるのかと思ったんですが、この映画でもミュウはサトシを振り回す役で淡い期待が吹き飛ばされてしまったのも良い思い出です。


正式タイトルが発表されてまだゲームに出ていないルカリオの存在が明らかになってワクワクしたのも覚えています。
ルギアやラティアス・ラティオスは映画公開の年にゲーム新作が出てゲームでもすぐに会う事が出来ましたが、ルカリオは翌年発売のダイヤモンド・パールまで待たされることになってたので、これまで以上に未知のポケモンだったと思います。


その未知のポケモンに小さい子が声援を送ってたのが忘れられない。
1回目の観賞の時に離れた席に座ってた子供がルカリオが戦ってるシーンでガンバレーと応援していたんですね。
上映中に声をあげるのはマナー違反ではあるけど、子供がポケモンに夢中になってる様子が見られて微笑ましく思いました。


と、この年の映画についてはこれしか語る事がないです(汗
ポケモンエメラルドでバトルフロンティア攻略に熱中してたりゲームキューブでポケモンXDが発売されててゲームを結構遊んでたり、幕張メッセで開催されたポケモンフェスタ2005に参加して楽しかったとか映画以外では色々あったんですけどね。

|

« ポケモン映画の思い出その7:裂空の訪問者デオキシス | トップページ | ポケモン映画の思い出その9:蒼海の王子マナフィ »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この頃は本編はゴマゾウが手持ちに復帰したばかりだったので
本編と手持ち合わせてるんだと驚きました

今作のOPはバトルフロンティアの映画アレンジが使われますが
それとOPがバトルフロンティアに代わる直前だったので
映画のOP見てなんだこれと思いました

投稿: kivaxtuto | 2017年6月29日 (木) 00時44分

コメント返信:kivaxtutoさん

手持ちがテレビシリーズとリンクしてたり主題歌もテレビのアレンジだったりとリンクがちゃんとしてたのは驚きでしたね。
主題歌がOPで流れるのも5作目以来で、久しぶりの主題歌にテンション上がりましたよ。

投稿: んがよぺ | 2017年6月29日 (木) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70995207

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモン映画の思い出その8:波導の勇者ルカリオ:

« ポケモン映画の思い出その7:裂空の訪問者デオキシス | トップページ | ポケモン映画の思い出その9:蒼海の王子マナフィ »