« ポケモン映画の思い出その6:七夜の願い星 ジラーチ | トップページ | ポケモン映画の思い出その7:裂空の訪問者デオキシス »

2017年6月25日 (日)

ニチアサ感想・2017/06/25

宇宙戦隊キュウレンジャー 19話
仮面ライダーエグゼイド 36話
キラキラ☆プリキュアアラモード 20話

の感想を。


宇宙戦隊キュウレンジャー
19話「森の惑星キールの精霊」

キュウレンジャーのぬいぐるみが並ぶカットがあって可愛いなあと和んだのも束の間、修理中のチャンプの姿が映って愕然とした。
チャンプの復活を仲間たちが信じて待ってるという意味を込めてぬいぐるみが並べてあったのかなあ。
ぬいぐるみも実際に販売される商品なので販促を兼ねたシーンだとは思うんですけど、こんな演出で使われるとは驚きです。

リュウコツキュータマを守る森の精霊・エリス。
長い間キュータマを守ってるだけあって簡単にはキュウレンジャーを信じてくれないところが彼女のキュータマを守る使命にかける思いの強さがうかがえます。
スパーダがイケメンだからと態度を変えるところには面食らっちゃいましたけどね。


ダイカーン・オメーガを操り惑星キールの人々を襲わせるスコルピオ。
ナーガですら心がないと怒りを口に出したようにとことん外道に落ちてる事が表れてました。
さらにはエリスを人質に取りキュータマを渡すように要求し本当に胸糞が悪くなります。

キュータマよりエリスとキールの人々の命を救う方を選んだラッキーたち。
惑星ベラでホキュータマを手に入れた時もそうだけど、ただ力を手に入れるのではなくその星の人々も救う事を選べるから彼らが究極の救世主を名乗るに相応しい存在なんだと思えました。
エリスにお前も救うべき宇宙の一部だというラッキーの言葉が本当に素晴らしいなと。

ラッキーたちが救世主としての在るべき姿を見せたその時、スティンガーはスコルピオへの復讐のためセイザブラスターもキュウレンジャーのジャケットも捨ててしまっていた。
救世主としてではなく個人の復讐のための行動に出てしまったのが悲しい。


仮面ライダーエグゼイド

36話「完全無敵のGAMER!」

黎斗が開発したハイパームテキガシャットはその名の通り無敵の力を持つガシャットでクロノスのポーズにも対抗できる。
無敵と思われたクロノスのさらに上をいく力を生み出してしまうなんて本当にとてつもない才能を持ってるんだなと感心したのに、ムテキレベルアップで調子に乗ってる間に時間切れになってあっさりガシャットを奪われてて吹き出してしまった。
一時期は恐ろしい敵だったのに何でこんなに面白くなっちゃったかなあ黎斗。


クロノス攻略クエストを開催する正宗の真意を聞き出した貴利矢は自分への報酬として奪ったムテキガシャットを要求する。
正宗が疑いなくその要求に応じてるのを見てニヤニヤし、そして予想通り正宗を騙していた貴利矢がムテキガシャットを永夢に返した瞬間胸がスッとしました。
分かってはいたけど嘘で周りを乗せて正宗を出し抜くのが痛快ですね。
永夢も自分の嘘に乗れというたった一言でそれに合わせられるのが貴利矢との信頼を表してるようで良かったです。

ムテキガシャットを使えるようにするためにパラドの力を使う事を決断した永夢。
黎斗が復活した時もそうだけど、許したわけではなくても人々を救うために敵であった者も受け入れるというのが永夢の心の強さを表してるなあと。
かつての敵の力を借りるというのも熱いし、最強フォームの登場として申し分ない展開だったと思います。
ムテキゲーマーとなったエグゼイドのまたカッコ良いことよ。
負けるはずのないと思ってた正宗の余裕を崩してクロノスを圧倒するのが痛快でしたね。


ムテキゲーマーの活躍に心躍る一方で、どんどん追い詰められていく飛彩が悲しくて。
永夢がドクターとしての判断でパラドの力も借りる事を選んだのに、今の飛彩は迷いの中にいてドクターとしての決断が出来ない状態にいるのが皮肉です。

そんな飛彩にデータの小姫は世界一のドクターになってと言い続けるだけ。
とことん飛彩の心を責める展開が続いてて苦しくて、どうしたら飛彩がドクターとして復活できるか、今後の展開が楽しみでもあり怖いです。


キラキラ☆プリキュアアラモード
20話「憧れまぜまぜ!いちかとシエル!」

シエルに弟子入りする事を諦められず再び土下座をする いちか。
今度は着ぐるみを纏った状態でテレビで中継もされてしまうというとてつもなく恥ずかしい状況。
思わず笑っちゃったけど一度決めた事を諦めず喰らい付く姿勢は凄いなあと。
シエルが山に入っても後を付いていってボロボロになりながらもシエルが食材を集めてる様子をしっかり見ているのも凄い根性でした。


いちかの発言がきっかけでパンケーキを作る事になるが、前回に続きシエルといちかの力量の差は歴然。
シエルのギャラリーが何時の間にか増えてて いちかには少年一人しか応援してる人がいないのも2人の差を如実に表していました。

でもその少年のおかげでいちかはスイーツのアイディアを閃めく事ができた。
重なってるパンケーキを動かすと絵本と同じ表情のクマが現われるというのが素敵なアイディアだし少年が喜ぶのも納得の出来でした。
前回は自分を表現すると課題を出されて失敗した いちかだけど誰かを思う時は本当に凄い力を見せてくれるんだなと思いました。

シエルは いちかのパンケーキを普通の味と評しながらもそれを食べた少年の心にキラキラルが満ちてる事に驚く。
技術ではシエルが勝っていても いちかにしか出来なかったことを描いていたのが良かったです。


シエルがプリキュアの正体に気付いた時どんな反応をするか気になります。
今回はプリキュアを目の前にして慌ててる様子で普段のクールな姿とはギャップがあったのが良かった。
それだけプリキュアへの憧れが強いということだし、その相手が自分に弟子入りを志願してたと気付いたらどうなるんだろう。

|

« ポケモン映画の思い出その6:七夜の願い星 ジラーチ | トップページ | ポケモン映画の思い出その7:裂空の訪問者デオキシス »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

貴利矢が戻ってきましたが
普通のレーザー(というかレベル2のバイク)には
もうならないのですかね~

投稿: kivaxtuto | 2017年6月26日 (月) 21時50分

コメント返信:kivaxtutoさん

バイク形態のレーザーに乗るエグゼイドはまた見たいですけどわざわざ能力の劣るレベル2に変身する理由付けが難しいと思うので望み薄ですかね。
あとは撮影の都合でバイクが使いづらいという事情もありそうです。

投稿: んがよぺ | 2017年6月28日 (水) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70962518

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/06/25:

« ポケモン映画の思い出その6:七夜の願い星 ジラーチ | トップページ | ポケモン映画の思い出その7:裂空の訪問者デオキシス »