« アニポケSM感想:ネマシュの森であなたも寝ましゅ? | トップページ | ポケモン映画の思い出その3:結晶塔の帝王 ENTEI »

2017年6月11日 (日)

ニチアサ感想・2017/06/11


宇宙戦隊キュウレンジャー 18話
仮面ライダーエグゼイド 35話
キラキラ☆プリキュアアラモード 19話

の感想を。


宇宙戦隊キュウレンジャー
18話「緊急出動!スペースヒーロー!」

ゴーカイジャーに客演した時も嬉しかったけど、また再びニチアサでデカレンジャーが見られるなんて感無量です。
今度はバン本人が変身してるしファイヤースクワッドの隊長として貫禄のある男になってるのもいいね。
2代目ギャバン・撃もゴーバスターズ客演以来にニチアサに帰ってきてくれたし、ニチアサの歴史を噛み締めることができて本当に良かった。

ショウがかつて「ロジャー」を論外と言ったことのお返しとばかりにドギーが「オッキュー」を論外と言ったのには笑った。
ショウの発言を聞いた時はまさかデカレンジャーとのコラボが実現するなんて思わなかったからなあ。


犬顔繋がりでドギーとガルの絡みがあったり電子星獣ドルとリュウボイジャーの龍繋がりの共闘、赤と銀のヒーロー2人ずつの並びとか痒いところに手が届くコラボにニヤニヤしっ放しでした。
ワームホールを維持するためにリュウテイオーとデカウィングロボの合体技というサプライズまであったし。これには本当にびっくりした。


勘違いからラッキーと戦ってしまった撃だけど誤解が解けてからは互いを認めて気の合うところも見られた。ベタだけどやぱり良いなあこういうの。
シシボイジャーに無理矢理乗り込んでドルギランにぶつけても構わないと言い切る撃の破天荒さに普段は周りを引っ張る勢いのラッキーが振り回されてるのも良いし、ラッキーも負けじと爆発の勢いでマーダッコに頭突きをしてラッキーと言い切る型破りな前向きさも楽しい。

勢いある画の中にキュウレンジャーの世界の厳しさが垣間見れたのも良かった。
警察・おまわりさんの事を知らなかったりビザのことを問われても全く分からないキュウレンジャーの反応から、彼らの宇宙がジャークマターによって無法の世界にされてることを改めて感じる事ができた。
デカレンジャーとギャバンの世界で平和な地球と笑顔の人々を見たことで、自分たちの宇宙もいつか同じように平和にするという誓いを新たにするという結末に持っていたのはお見事でした。
ビザを持たないキュウレンジャーを取り締まったセンとウメコが自分たちのビザの申請を忘れてたというオチも良かった。


近年の東映特撮作品のコラボは同じ世界での出来事として扱われる事が多かったけど、今回は別の宇宙の出来事として扱ってるのが珍しいなと思った。
けどそうすることでキュウレンジャーの世界がどんなものか改めて浮き彫りになり彼らが戦う決意も改めて強くなるというのが素晴らしかったです。


各作品のBGMも大事に使われてた熱い演出に小ネタも楽しくてキュウレンジャーの世界も大事にしている。
これだけのものを1回の放送に詰め込んでまとめあげるなんて、脚本の荒川さんも竹本監督も凄すぎます。
最高のコラボ回をありがとうございました。


仮面ライダーエグゼイド
35話「Partnerを救出せよ!」

OPの前にナレーションが流れて何事かとびっくり。
状況がめまぐるしく変わっていってるから話を整理するために用意されたんでしょうか。
ナレーションはドクターたちと言ってるのに、本編ではドクターでなくなってしまった飛彩や貴利矢がいるのは皮肉ですねえ。


レーザーターボの正体は正宗によって復活させられた貴利矢だった。
永夢は貴利矢のはずがないと言うが早速その思いが裏切られてて苦しい。


親友を救うためにゲームに参戦しようとする青年を永夢は止めようとするが貴利矢は好きにさせろと言う。
貴利矢も友の無念を晴らすために戦ってたからその言葉は重いです。

永夢は貴利矢を説得しようとするが自分を消した黎斗と組んでることを指摘されて言い返せない。
永夢の目の前で消えていった貴利矢が蘇ったのに、目の前にいる貴利矢は永夢が知る彼じゃなく永夢の思いが届かないのが苦しいです。
飛彩が願った小姫の復活も飛彩が望んだ彼女の姿じゃなかったように、永夢にとっての貴利矢も消滅前と同じ姿ではないという演出なのかな。


正宗にプログラミングされてるのだと思いリプログラミングを試みた永夢。
やっと言葉が届いたかと思ったら自分の意思で行動してるのだと正宗は言う。
ここまでやっても永夢の思いが裏切られるなんて、もうこれ以上永夢を追い詰めないでくれよと思ったら・・・。

貴利矢が永夢の耳元で何かを囁いた時にハッとした。
貴利矢は最初は嘘つきな男として登場し永夢を乗せていたことを。
自分の意思で動いているのなら今永夢の敵になっているのも実は・・・?


・・・と希望の光が僅かに差したところで次回へ続き、貴利矢の真意が非常に気になるところで、次週休みってそんな殺生な。

黎斗が新ガシャットを完成させクロノス攻略の可能性が見えて貴利矢の真意も明らかになるかもしれない大事な回を2週間も待つなんて苦しい。
毎年のこととはいえ、この盛り上がりの中でお預けは酷すぎませんかね。


キラキラ☆プリキュアアラモード
19話「天才パティシエ!キラ星シエル!」

来日してきた天才パティシエのシエルが何故か苺坂の山道へ入って行って何事かと思ったら、妖精の姿に変わり仲間を探していてびっくり。
OPにずっと映ってたペコリンの他にいた妖精ってシエルだったのか。
6人目のプリキュアになる者は最初からずっと映っていたとは思わなかった。
事前情報何も知らなかったのでこれは本当にびっくりしました。


青果店で新鮮なフルーツを選んで周囲を驚かせるシエル。
苺坂にオープンした店も大繁盛で天才パティシエの力は伊達じゃないことを早速見せている。
こんな凄い人が居たらキラパティにとっては商売敵になると思うんですが、いちかはシエルの才に惚れこんで土下座までして弟子入りを志願するのが凄いなあと。
技術を盗んでやうろとか勝ちたいとかではなくその才能から学びたいと素直に思えるのが素敵だなあと思います。

シエルは弟子入りの条件として自分を表現するスイーツを作るという課題を出すが、いちかは悩んで空回ってしまいケーキにシエルをリスペクトしたデコレーションをするが認めてもらえず。
シエルとしては いちかが期待したほどの力を見せてくれなくて残念そうだったが、いちかのケーキを見て新たなアイディアを閃いたところを見ると いちかの思いが全く届かなかったわけでもないのかなと思いました。

シエルの手帳に書いてあった言葉を見てスイーツで人を幸せにしたい思いを知った いちかはビブリーからスイーツを守るために戦う。
スイーツ作りの実力には差があっても込められてる思いは いちかと同じで、その思いのために戦えるというのが素敵だなあ。

プリキュアの姿はシエルの目にも映り、どうやら彼女はプリキュアに憧れを抱いているようで。
その正体が いちかだとは知らず、そしていちかはシエルの才能に憧れてると。
このすれ違いが解消され2人がどうやって絆を深めていくのか凄く楽しみですね。

なのに、来週休みってそりゃないよ。


毎年のことだと分かっててもこの休みは本当に辛い。
何でこう盛り上がりが凄い時に限って休みになっちゃうかなあ。

|

« アニポケSM感想:ネマシュの森であなたも寝ましゅ? | トップページ | ポケモン映画の思い出その3:結晶塔の帝王 ENTEI »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

超スーパーヒーロー大戦に出てきた
タドルレガシーガシャットが
飛彩の新たなガシャットとして
TV本編に出て来ましたね

主役のエグゼイドがどんどん新フォームを得るのは
別におかしくないですが
今作はサブライダーの数が割といながら
サブライダーの新フォームが多いですね

投稿: kivaxtuto | 2017年6月11日 (日) 16時27分

コメント返信:kivaxtutoさん

返信遅れてすみません。


ブレイブは超スーパーヒーロー大戦で実質主役で、そこで出てきたタドルレガシーが本編に逆輸入されるなどサブライダーの中では破格の扱いだと思います。

スナイプにもレベル50があってレーザーとゲンムはレベル0とこちらもサブライダーには珍しい新フォームで。
サブライダーの待遇が良いのは玩具売り上げが好調なのも少なからず影響してるのかなと思います。

投稿: んがよぺ | 2017年6月18日 (日) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70830252

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/06/11:

« アニポケSM感想:ネマシュの森であなたも寝ましゅ? | トップページ | ポケモン映画の思い出その3:結晶塔の帝王 ENTEI »