« ニチアサ感想・2017/04/30 | トップページ | 雑記:連休だし東京まで出かけてみた »

2017年5月 5日 (金)

アニポケSM感想:クリスタル争奪戦! ロケット団対スカル団!!

25話
「クリスタル争奪戦! ロケット団対スカル団!!」
脚本:冨岡淳広
コンテ:飯島正勝
演出:渡辺正彦
作画監督:篠原隆

-ぬしポケモンは誰だ-

今回のポケもんだいはコジロウからの出題でぬしポケモンは誰かというもの。

Bandicam_20170505_015159125
予告でラッタが出てくるのは分かってたので答えは明白でしたが、選択肢の中にキテルグマがいるもんだから一瞬こっちが答えかと思ってしまった。

もしキテルグマがぬしポケモンだったら誰も勝てないし試練も突破できないだろうなあ。
そしてこのポケもんだいの画面に迫るキテルグマがCパートの答え合わせにも関わってくるんだから、ラッタよりもキテルグマにインパクトで持っていかれてしまった。


-おさらいZワザ-

前回の授業参観に続き今回も授業の風景が見られました。
今回はZワザの実演から始まりZワザの仕組みやゼンリョクポーズの説明などを一通り学ぶものでした。
所謂販売促進というやつですね。ゲームや玩具を買ってZワザをやってみようというお子様へのアピールです。
授業の一環とすることで説明的な台詞もすんなり受け入れられるし2クール経った今改めてのおさらいも必要だろうしよい販促だったと思います。

Zワザの実演ではカキが神妙な面持ちで臨んでいた。
神聖なるZワザにかける思いはいつだって真剣なんだなと僅かな描写からもうかがえます。

レプリカのZクリスタルの各タイプをロトムが読み上げて、順番がEDのポーズ!の歌詞と同じになってたのにはニヤリ。
CDも買ってくださいという宣伝でしょうか。
ロトムも普通に授業に参加してるのね。前回語りまくって人前で知識を披露したい気持ちがさらに強くなって今回も授業に参加したのかなと。


ゼンリョクポーズを練習する生徒達の微笑ましいこと。
サトシは鋼のZワザを使えるようにしようと新たな目標を見つけたし、そのうち他の仲間達もZワザを使ってポーズを決める時が来るのかも。


-探せZクリスタル-

授業の風景を覗いてたロケット団がここで初めてZワザの存在を知る。
そういえば彼らはZワザが使われた場面でいつも居なかったんだと今更ながら気付く。

早速Zワザに興味を持つが、ZリングやZクリスタルが必要な事を調べた上でZクリスタルの探索に動き出すというのが、気持ちだけで先走らず準備を整えるあたり伊達に各地方で色んな作戦やってきてないなあと感心。
ガラクタから作った探知機もちゃんと機能してて正確だったし技術力も相変わらず半端じゃないなあと。

それとこれまでは試練を突破しないと手に入らなかったZクリスタルだけど、特殊な鉱脈でも見つかると説明があったこと、授業でもマーマネの近所の人がZクリスタルを持ってたと話があったように、試練以外でも手に入れる方法があることが描かれたことでロケット団が探しに行くというシナリオに無理がなくて良かった。


-小者なスカル団-

ロケット団の他にZクリスタルを狙ってたのはスカル団。
スイーツを食べるために店を探して森の中を彷徨ってたら偶々Zクリスタルのある場所の近くだった。
そして散々Zワザへの恨み言を言ってたのにZクリスタル存在を知ったら手に入れようとする。

準備を整えてきたロケット団との対比で何とも行き当たりばったりな奴らだ。
スイーツを食べようとして森の中で迷ってる時点で頭の悪さが表れてるし、Zワザを嫌ってたくせにZクリスタルを見つけた途端に飛びつく辺りプライドも感じられず、以前から思ってけど小者だなあと改めて感じました。

それとロケット団がカントー出身だと聞いて何処のことだか分かってなかったのも教養の無さを表してたようで、小者っぽさに拍車がかかってたように思います。


-Zクリスタル争奪戦-

ロケット団とスカル団が鉢合わせとなり悪vs悪のZクリスタル争奪戦へと突入。

ロケット団はぬし以外のコラッタとラッタをおびき寄せてからぬしのラッタに挑むと手際よく行動している。
これも各地方で活動してきた経験があってこそだなあと思いました。

対してスカル団はロケット団の行動を利用して兄貴分の一人が仲間も囮にしてこっそりZクリスタルを取ろうというもの。
ライバルの策を利用するのはずる賢いと言えば悪っぽいけど、仲間も囮にして危険に晒してるのに助けに行こうとしないのがロケット団の行動と対比になってやっぱり小者っぽさは拭えない。
でも他の2人も囮にされたと知っても怒るどころか褒めてるあたり残念な奴らだなあと。
これはこれでスカル団の3人なりの仲間意識と絆の表れなのかもしれないですけど。


ぬしのラッタとは結局正面から戦う事になったが、本気を出したミミッキュの活躍で何とか倒す事ができた。
この戦力の差もあってさらにスカル団が弱っちく見えちゃうなあと思った。


Zクリスタルは岩から弾き飛ばされたところをニャースが拾ってロケット団が手に入れるというさっきの激闘から一転して何ともあっさりとした決着。
棚からぼた餅のような結末ですが、仲間を見捨てない絆がロケット団にはあって一応人間とポケモンが力を合わせてぬしポケモンに挑んでいるのでZクリスタルを手に入れるだけの条件は満たしてると考えればロケット団の勝利は道理だと思います。


-ロケット団のZワザ-

Zクリスタルを手に入れたもののZワザの発動には至らず。
ニャースは勝手にZワザの名前を考えているが、いつかアニメオリジナルで本当に実現なんてこともあったりするかなあ。
神聖なものと繰り返し描かれるZワザが果たして悪役であるロケット団の力として発動する事はあるのか、今後の展開が気になるところです。


Bandicam_20170505_015213031
ところでニャースさん、そのポーズは出っ歯が特徴の某キャラのものではないでしょうか。


-ロケット団の守護神-

Zクリスタルを手に入れてご満悦のロケット団を無理矢理連れ帰るキテルグマ。
負けたわけでもないのに現われるとは本当に行動が読めず不気味なポケモンだ。


Bandicam_20170505_015226190
しかしナレーションの次回へ続くに合わせてクーと鳴いて寝ている姿は可愛かったです。
と、珍しく可愛いと思っていたのに。


Bandicam_20170505_015259995

Bandicam_20170505_015302348
Cパートでロケット団に逆襲にきたラッタを視線だけで威圧。
冒頭のポケもんだいの選択肢でキテルグマだけ顔が近かったのはこのオチを示唆していたのか。

ロケット団を傷つけるものは相手がぬしポケモンだろうと容赦はしない。
そんな意思を感じるポケもんだいとCパートでした。


もしかしてぬしラッタはキテルグマが突然現われてやっつけてしまうのかと予想してたんですけど、それ以上にインパクトのあるオチが待ってて驚きました。
おそろしやキテルグマ。



キテルグマのインパクトに持っていかれた感じはしますが、Zワザのおさらいを兼ねつつロケット団もZワザの存在を知って今後使う可能性が出来たことやサトシにも新しい目標が出来たりと後々重要になりそうな回でした。
悪役同士の対決は前シリーズのそれとはガラリと雰囲気が変わってコミカルな感じではあったけど、またシリアスな対決をやっても息苦しいのでこれはこれでアリだったと思います。


さて次回は、早くもレギュラーキャラが一人減る?
・・・わけないか。

|

« ニチアサ感想・2017/04/30 | トップページ | 雑記:連休だし東京まで出かけてみた »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

いずれ今年の映画に出て来るであろう
特定のポケモン専用のZクリスタルについても
ガッツリふれられるんですかね~

投稿: kivaxtuto | 2017年5月 5日 (金) 19時50分

コメント返信:kivaxtutoさん

特定のポケモン専用のZクリスタルはそれだけで通常のZクリスタルよりさらに特別なものになると思うので登場させるとなれば重要なエピソードになるかなと思います。
それだけに登場させるタイミングは難しいんじゃないかと。

投稿: んがよぺ | 2017年5月 6日 (土) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70468890

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:クリスタル争奪戦! ロケット団対スカル団!!:

« ニチアサ感想・2017/04/30 | トップページ | 雑記:連休だし東京まで出かけてみた »