« アニポケSM感想:熱闘ポケベース! ねらえ逆転ホームラン!! | トップページ | ポケモン映画の思い出 »

2017年5月28日 (日)

ニチアサ感想・2017/05/28

宇宙戦隊キュウレンジャー 16話
仮面ライダーエグゼイド 33話
キラキラ☆プリキュアアラモード 17話

の感想を。


宇宙戦隊キュウレンジャー
16話「スティンガー、兄との再会」

スコルピオと再会したスティンガー。
スコルピオが強敵として立ちはだかるのかと思いきやマーダッコを倒してしまい一族を裏切ったのはジャークマターに取り入る事でドン・アルマゲを倒す機会を窺ってるのだと明かす。
ドン・アルマゲを狙ってる事を示唆する描写はこれまでにもあったけど、随分あっさり真相が明らかになるんだなと不思議に思ったが、やっぱりそれも罠だった。

ドン・アルマゲを狙ってるのは本当だけど宇宙を救うためではなく自分が支配者になるため。
兄弟の情を利用してスティンガーから情報を聞き出した直後に本性を表しスティンガーを攻撃する。何て奴だスコルピオ。

スティンガーがキュウレンジャーになったことを誇らしいと褒めて道は違っても宇宙を救いたい想いは一緒だと思わせておいたうえで、スコルピオが救世主なんかじゃないと明かすのがエグイ。
前回はゴネーシが偽者の救世主として描かれていたけど、今回のスコルピオも偽者の救世主で、前回よりさらに悪辣な本性を表しててゾッとしました。


絶望してスコルピオに止めを刺されようとするスティンガーをチャンプが庇った。
自分には兄しかいないんだと言ったスティンガーに相棒がいるだろと答えるチャンプ。
かつてはアントン博士の仇だと思っていたスティンガーを相棒と呼び自分の命と引き換えに助けるなんて泣けてしまう。

チャンプはロボットだから復活する可能性は残されてるものの、戦隊のレギュラーが途中で死んでしまうなんて衝撃でした。
過去の戦隊にも例がないわけじゃないけど、大所帯が特徴のキュウレンジャーにおいてメンバーを減らすという選択に、思い切った事するなあと思いました。
スコルピオの本性が明かされる衝撃に続いてこの展開だから本当にビックリしました。


仮面ライダーエグゼイド
33話「Company再編!」

ラヴリカの死にすっかり怯えてしまってるパラド。敵とはいえ心が弱ってるところを見るのは辛い。

ラヴリカを消した張本人である正宗は直々にパラドを訪ねてきて脅しをかけてくるし、永夢の前でソルティを消してバグスターの命を自分が握ってるところを見せてくる。
全てが自分の意のまま。黎斗も仮面ライダークロニクルのために多くの人の運命を自分で操作しようとしてたが、この親にしてこの子ありというか黎斗以上に命を弄んでるように感じられて恐ろしいです。

その正宗に対抗するためにかつては敵だった黎斗が永夢と共にポーズ機能への対策を閃いて力を合わせてるんだから不思議なものだなあと。
命についての考え方は分かり合えなくてもゲームという点では永夢も黎斗も同じことを考えて協力するなんて想像もできなかったからなあ。


作戦が上手くいきクロノスを倒せるかと思いきや、すんでのところでブレイブが妨害する。
飛彩は正宗からの提案を断っていたのかと思いきややはり小姫のことで心が揺らいでいたんだなあ。
永夢は飛彩の笑顔のために小姫に会わせてあげたいと言ってくれたけど、その時点で既に飛彩は悪魔との取引をしてしまってたなんて辛すぎる。

大我もずっと飛彩の様子を気にかけていた。
想ってくれる人がいるのにその人たちを裏切る選択をしてしまうなんて、それだけ飛彩にとって小姫の存在が大きくてずっと葛藤し続けてたんだなあと改めて思いました。


キラキラ☆プリキュアアラモード
17話「最後の実験!変身できないキュアホイップ!」

いちかの母親がスイーツと一緒に手紙を送ってきて、いちかは母へのお返しにとクッキーを作ろうとする。
スイーツを通して繋がる親子の想い。いい親子だなあと温かな気持ちになります。

その想いを壊そうとするリオ。
いちかが買い物で食材を選んでるシーンがコミカルで楽しい演出になってましたが、そのすぐ傍にいるリオが いちかの心を狙ってると分かるから見た目と裏腹に緊張する場面でした。
ゆかりがジュリオの正体がリオだと皆に明かしてるちょうどその頃 いちかは何も知らずリオを自宅に招いてしまう。
いちかの気付かぬうちにすぐ傍に危機が迫ってるという展開が怖かったです。

そしていちかが母親への想いを口にしたことがリオの逆鱗にふれ、リオはキラキラルと一緒に いちかの心を奪ってしまう。
いちかの「大好き」がリオの「大嫌い」を爆発させる引き金になって いちかの心を奪う事になってしまうなんて皮肉だし辛かったです。

いちかはクッキーを作りながら母親との思い出を振り返る事で心を取り戻していく。
回想シーンがまた温かい思い出ばかりでジーンとしちゃうし、復活したキュアホイップのキラキラルに賞味期限はないという台詞はちょっと笑っちゃったけど消えることのない想いの表現としてとても良かったと思います。

復活のきっかけはペコリンがいちかに呼びかけたこと。
1話でいちかが自分の想いを手放さなかったように想いがくだらないなんて事はないと、ペコリンが信じて呼びかけクッキーを作るように促してくれた。
想いを失くさなかったいちかも凄いし仲間が信じて支えてくれるというのも素敵でした。

ジュリオはプリキュアの技をまともに受けてしまい仮面も剥がれ、これで退場するのかと一瞬思いましたがまだ引っ張る様子。
話を聞こうとしたホイップを拒絶するリオが悲しかったし、大嫌いと言われた いちかはその言葉が引っかかってるみたいで。
いちかの「大好き」とリオの「大嫌い」がハッキリと表れた事でより対立が大きくなっていくのかなあと。


今週のニチアサは戦隊とライダーで裏切り者が出てしまう展開だし、プリキュアは心を狙われる苦しい戦いだったし、視聴しててかなりキツい時間でした。
狙ってるわけでもないだろうにハードな話が重なるなんてこんな偶然もあるもんなんだなあ。

|

« アニポケSM感想:熱闘ポケベース! ねらえ逆転ホームラン!! | トップページ | ポケモン映画の思い出 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

スコルピオはとことん堕ちたことをアピールするため
元々の姿には自由に戻ったり出来ないタイプなのですかね~

敵だった黎斗と共闘関係になり
色々面倒臭かった大我とも前より大分協力的な関係になる一方で
最初から打ち解けてた訳ではない物の最初から味方側だった
飛彩があんなことになってしまう対比ですかね
(公式サイトの画像を見る限りライダーの中で真っ先に
分かり合えそうだったあのライダーも敵サイドに)

投稿: kivaxtuto | 2017年5月28日 (日) 21時22分

コメント返信:kivaxtutoさん

仮面を外してかつての面影がなくなった素顔を見せたのも堕ちるところまで堕ちたことを表してたのかなと思うので、以前の姿に戻る可能性は少ないかなと考えます。

厄介な敵が味方になったら頼もしい仲間が敵になるというのは確かに対比になってると思います。
本編での復活は望み薄かと思った彼がまさか敵サイドで蘇るというのも驚きですし本当に凄い展開が続く番組だと思います。

投稿: んがよぺ | 2017年5月29日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70697644

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/05/28:

« アニポケSM感想:熱闘ポケベース! ねらえ逆転ホームラン!! | トップページ | ポケモン映画の思い出 »