« アニポケ20周年 | トップページ | アニポケSM感想:20周年1時間スペシャル »

2017年4月 5日 (水)

ニチアサ感想・2017/04/02

宇宙戦隊キュウレンジャー 8話
仮面ライダーエグゼイド 25話
キラキラ☆プリキュアアラモード 9話

の感想を。

宇宙戦隊キュウレンジャー
8話「燃えよドラゴンマスター!」

モライマーズを一気に破壊する作戦を指揮するショウ・ロンポーだが焦りが見え、スパーダは苦しめられる人々を放っておけず作戦に乗り気ではない。

食べ物を奪われ飢えに苦しむ人々を救うため戦線を離脱するスパーダ。
自分の星も同じ目にあって兄弟たちを助けるために料理を覚えたとのこと。
こうやって各キャラの背景が明らかになっていくのが面白いし、それが分かる事でスパーダの行動にも納得がいく。
司令官に逆らったら普通は厳罰ものだろうけど、一人一人がスターだというキュウレンジャーなら、厨房ではフードマイスターのスパーダの言う事には逆らえないと言う主張も理解できる。

スパーダの行動にショウ・ロンポーは思うところがあったようで、イカーゲンとマーダッコに苦しめられるキュウレンジャーを助けるため自ら出撃しリュウバイオレットへ変身する。
放送日前日にリュウコマンダーのバレを見ちゃって驚いて、そしてコマンダーになる前のバイオレットという未完成の姿が出てくるのも全く知らなくてまた驚いてしまった。
たぶん変身するんだろうなと何となく予想はしてたけどこんなに早いとは思わなかったな。

スパーダたちが戦ってる間、ナーガとバランスは元怪盗としての腕を活かしてキュータマを探しに行ってチャンプも同行。
そしてかつてスティンガーが助けた少年・小太郎がキュウレンジャーになりたいと懇願してきてと。
キャラが多いのにそれぞれの役割が上手く割り振られてて並行して話が動いてるのが本当に凄いなあと感心します。


仮面ライダーエグゼイド

25話「New game 起動!」

ようやくOPが復活。
新しい映像になってて新しいライダーの姿もあってワクワクするのと同時に不穏な空気も漂ってて怖い。

永夢にケーキが狙われてると思って守ろうとしてる飛彩や天ヶ崎にアベックと茶化されて距離を取る大我とニコという微笑ましいシーンで和んだ。
けどそれ以外はハードな展開でした。

仮面ライダークロニクルが発売され多くの人がライドプレイヤーとして参加し、みんなゲーム病に感染。
治療をしたくても患者はゲームを止めようとしないし、さらにポッピーのチュートリアルに従ってレアアイテムを手に入れるためにライダーに襲い掛かってきて、救いたい患者が自分達を狙ってくるというあまりにも辛い状況。
さらにプレイヤー達はパラドの攻撃を受けてゲームオーバーとなり永夢の目の前で消滅。
黎斗に続き今度は一般人まで目の前で消されるとは、辛すぎることが続くなあ。

ゲームの説明をするポッピーに全然悪意がない、あくまでゲームキャラとしての役割を果しているだけというのもまた残酷。
ゲームを仕掛けたパラドにしてもあくまでゲームのルールに則って人間を攻略するという純粋な思いからというのがまた性質が悪い。


キラキラ☆プリキュアアラモード
9話「キラパティがあなたの恋、叶えます!」

前回完成したはずのお店キラキラパティスリー。
今度は出店場所を巡って右往左往する様が楽しかった。
普段はバッグに収まっててどこでも店を開けるというのはワクワクするアイディアですね。

幼稚園の先生 みどりと彼女に幼い頃からの恋心を抱く だいすけのためにクッキーを作ってその恋を応援するという話。
だいすけの子供の時の思い出話を元にパンダのクッキーを作り、そのクッキーを狙う敵から守る。
スイーツを通して店を訪れた人たちの思いを守る。店ができた事で今後はゲストキャラの思いを守るというフォーマットが固まっていくんでしょうかね。

だいすけの告白が成功して締めるのかと思ったらクッキーが好きという違う意味が伝わってしまいズッコけた。
勘違いのままで終わるのかと思いきや、店の中を思い出話と同じような動物園の雰囲気に変えて2人の仲を取り持つ。
前回キラキラルで何でも作れるということが明らかになったので、これも設定を上手く生かしてるなあと感心。
だいすけの恋が実ったのかは分からないけどいい雰囲気にはなって後はご想像にお任せしますという締めも良いね。
そのうちサラッと2人のその後が語られるかもしれないけど、今回に限ればあえて2人が結ばれたかは分からない結末は良かったと思う。

|

« アニポケ20周年 | トップページ | アニポケSM感想:20周年1時間スペシャル »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

ライドプレイヤーが出たことで
命の大切さについて改めて深く掘り下げられそうですが
自分の命を大切だからこそ危険なことをして
自分の命がこの世界にとって価値があるのか確かめてるとか
平和な日常からいつ突然死ぬかもしれない人生だからこそ
常に生死と隣り合わせの環境の方がむしろ安心するとか
みたいな感じのゲストが出ても面白そうだと思いますね

キラパティに関してですが
店でみんなを笑顔にしたいなら身近な人よりも
接点のない客の方が意味がありそうではありますね

投稿: kivaxtuto | 2017年4月 5日 (水) 23時36分

コメント返信:kivaxtutoさん

あえて自分の命を危険に晒して命の価値や生きがいを探す。
そういうキャラが出てきたら面白い事にはなりそうですが今のご時世でどこまでの表現ができるかという問題もあると思うので難しいかもしれませんね。


身近な人の手助けばかりでは狭い世界の物語になってしまうと思うので、移動できる店で偶々出会った人を助ける方が良いかなあと思います。

投稿: んがよぺ | 2017年4月 8日 (土) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70164727

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/04/02:

« アニポケ20周年 | トップページ | アニポケSM感想:20周年1時間スペシャル »