« アニポケSM感想:小さな三匹、大きな冒険!! | トップページ | ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険感想 »

2017年3月 7日 (火)

ニチアサ感想・2017/03/05

宇宙戦隊キュウレンジャー 4話
仮面ライダーエグゼイド 21話
キラキラ☆プリキュアアラモード 5話

の感想を。

宇宙戦隊キュウレンジャー
4話「夢みるアンドロイド」

いきなりキュウレンジャーのピンチでラッキーもアンラッキーだなんて言うもんだから何事かと思ったらラプターの妄想だったのね。
本当は一緒に戦いたいけどアンドロイドとしての本来の役目と違うからと妄想の中だけで留めて表には出せずにいると。

その思いが夢を食らうユメパックンに狙われた事で皆に知られることとなり、スパーダは一緒に戦う事に反対しラッキーは素直に認める。
ガルにも戦いたいという闘志を滾らせるために殴り合い、チャンプにも仇討ちは手伝うと言ったり、ラッキーは相手が本当に願っている事を全力で応援できるんだなあ。
無茶苦茶に突っ走ってるようでちゃんと相手を見て気持ちを汲む力はあるのが凄い。


戦うのは危険だというスパーダの言い分は現実的であるし間違ってはいない。
けど何でも現実的にと考えて危険から遠ざけてばかりでは夢はいつまでも叶わない。
夢を差し出して抵抗を止めた市民にラッキーが言ったように、夢が無ければ生きてるとは言えない。
危険から遠ざけたい気持ちも分かるけど、それでも夢を叶えられると信じて欲しい。
子供達へのメッセージでもあり、その親御さん達へのメッセージでもあったのかなあと思いました。


自分の夢を叫んだことでキュータマが現われ、ラプターはワシピンクへ変身。
ショウ・ロンポーはとぼけてたけど、やっぱりこうなると信じて一緒に行動させたのかなあ。
おつかいを頼んでた桃がラプターの変身を祝うケーキに使われてたのも、こうなる事を見越して買ってきてもらったのかも。
一度はラプターの夢を否定したスパーダがケーキを作って夢が叶ったことを祝うというのも粋な演出。


ナーガとバランスは出撃せずお休みだったが、キュータマの転送機能を作るというバックアップで戦いを支える。
全員を毎回出せないという製作現場の事情はあるんだろうけど、それでキャラを持て余さず役割を与えている構成は工夫されてるなあと感心します。


散々言われてると思いますが、4話で地球に来るのってジャスピオンと同じだよね。
あっちも地球に留まる理由付けがあったけど、こっちも地球に何か秘密があるようでどう物語が展開していくか気になります。


仮面ライダーエグゼイド
21話「mysteryを追跡せよ!」

今回の患者の平次は刑事で、ゼロデイで失った息子の無念を晴らすために独自に調査を続けていた。
平次との会話で飛彩は小姫に思いを馳せる。前回は大我との会話で小姫の事を話してたし、まだまだ小姫の事で整理はついてないんだなと。
私情を挟まず患者を救う事に専念する飛彩は医者としてとても真っ当な態度だと思うけど、いつか小姫の無念を晴らすために自分の感情を爆発させる時が来るんだろうか。
大我と平次とのやりとりはそのための布石だったりするのかな。

永夢は黎斗の父・正宗に面会し黎斗にゼロデイの罪を擦り付けられていた事を知る。
自分の父親すら利用しゲームのためなら犠牲もやむを得ないと豪語する黎斗、繰り返し言いますけど本当に外道な男だ。
平次の息子や小姫の無念を晴らすために黎斗と戦う永夢だけど、どんなに攻撃をしても致死ダメージを受けることすら黎斗の企み通りなのが悔しいなあ。

ここまで黒幕の秘密が明らかになり、犠牲になった人の無念を背負って立ち向かうヒーローという構図があってまだ物語中盤というのが恐ろしいな。
ゲンムを倒すためには新しいゲームが必要だと大我は作にゲーム製作を依頼して独自に動いているし、今回救われた平次によって警察との連携も今後描かれるかもしれないし、まだまだ色んなことが起きそうなのが凄いなあ。


キラキラ☆プリキュアアラモード
5話「きまぐれお姉さまはキュアマカロン!」

4人目のプリキュアになる ゆかりは何でも出来てしまう才色兼備の高校生。
初めてやったクレーンゲームも上手く出来てしまうんだから本当に起用なんだなとうかがえる。
けどそれ故に退屈してて何でも出来ると周りから思われてることも面白くなさそうな様子も見せてるのが良かったな。

いちかは楽しかったと言うゆかりの言葉が本意ではない事を察したようでマカロン作りに誘う。
3話であおいが歌詞を考えてた時も あおいらしくない歌詞に疑問を抱いてたし、人の本質を鋭く突く力があるんだなあと思う。

ゆかりの手際の良さで難しいとされるマカロン作りも上手くいったかのように見えたが、見た目は綺麗に出来ても味はイマイチだったようで。
味気ないマカロンは、何でも出来て完璧に見えても本当は退屈しているゆかりの心を表しているように思えました。

ムキになって再度マカロンに挑戦するものの今度は見た目が悪くなってしまいまた失敗。
でも上手くいかないことがあるからこそ楽しくて ゆかりは笑う事が出来た。
これまでもスイーツ作りに失敗する様子は繰り返し描かれていたけど、今度はその失敗こそが人の心に潤いを与える事になるというのが上手いなあ。
そして同じ失敗を共有する事で本来は関わる事の無いはずだったいちか達とゆかりが仲間になる事も出来ると。よく考えられてるなあ。


ゆかりがキュアマカロンへ変身し敵を翻弄する。
いちかの顎を撫でてた仕草が敵にも有効で、猫やペコリンをあっさり手なづけてた様子も見せてたので、相手を翻弄する戦い方も納得できました。

|

« アニポケSM感想:小さな三匹、大きな冒険!! | トップページ | ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険感想 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

永夢が普通じゃないことは黎斗は前から知ってたようですが
普通の人間じゃ死ぬガシャットを使いこなしたことは
驚いてたんですよね
ストレスが溜まってもバグスターウイルスが
現れなかったことも予想外だったようですし

投稿: kivaxtuto | 2017年3月 7日 (火) 17時38分

コメント返信:kivaxtutoさん

黎斗の想定外の事が起きているのは、単に黎斗が永夢の力を見くびっていただけなのか黎斗も知らない秘密が永夢にあるのか。
秘密があるとすればそれがおそらく今後の物語の鍵になるんでしょうね。

投稿: んがよぺ | 2017年3月 8日 (水) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/69840059

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2017/03/05:

« アニポケSM感想:小さな三匹、大きな冒険!! | トップページ | ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険感想 »