« ニチアサ感想・2017/03/19 | トップページ | 超スーパーヒーロー大戦感想 »

2017年3月25日 (土)

アニポケSM感想:電撃猛特訓! カプ・コケコとの再戦!!

遅くなりましたが今週のアニポケ感想です。

でもその前にちょっと雑記。

プレミアムバンダイで注文してたセレナのフィギュアが奇しくもアニポケの放送日である木曜日、3月23日に届いていました。

フィギュアが届く頃を見計らってセレナのスピンオフエピソードが放送されないかなあと注文した時は淡い期待を抱いてたんですがそんなことはなかった。 でもアニポケがある日に届いてくれたのは嬉しかったです。

それでは本題へ。


18話
「電撃猛特訓! カプ・コケコとの再戦!!」
脚本:面出明美
コンテ:飯島正勝
演出:牧野吉高
作画監督:藤本雄一朗 大橋藍人 堀内博之


-変顔ポケもんだい-

ククイ博士から3度目となるポケもんだいはサトシが誰の家に遊びに行くかというもの。
クラスメート4人が選択肢になってましたが、4人とも変な顔を映されてて早速吹き出してしまった。
スイレンにいたっては前回シチューを食べた時に見せた表情を早速使われてます。
ここ数週続いてるインパクトのある表情を使わない手はないと製作側も思ってるんでしうかね。


-しびれびれ~-

マーマネの発明に勝手に触って感電したサトシの口からしびれびれ~と懐かしい台詞が。
カプ・コケコとのバトル中にもククイ博士がまたこの台詞を。

今回ソーナンスが出ていませんが、その台詞をよく言ってた当人うえだゆうじさんはマーマネのパパ役で出演。
うえださん本人にその台詞を言わせても面白いんでしょうけど、うえださん本人じゃなくても懐かしい台詞が出てくるのはファンとしてはニヤケてしまいますね。


-頑張ったあばれる君-

冒頭でサトシとバトルしてたヒロキの声を当てたのはあばれる君。
バラエティ番組「ポケモンの家集まる?」で活躍されてて昨年はポケモン映画にも出演されてた彼がテレビ本編にも出演となりました。
昨年の映画で揉まれただけあって特に違和感無くヒロキを演じられていたと思います。

役としてはサトシに負けてあっさり出番は終わっちゃったけど、カプ・コケコとの再戦がある大事な回で出演とは短い出番でも大変な役を任されたなあと。
とにもかくにもお疲れ様でした。今年も映画の方で出演があるといいんですけど。


-相性を覆せ-

ヒロキのドロバンコ相手に苦戦するサトシのイワンコ。
タイプ相性で不利になりつつもサトシは全然諦めてなくて楽しそうにバトルをしてて、その気持ちは観戦してるクラスメートにも伝わっている。
Zワザで押し切るという力技での決着ではあったけど、相性が悪くてもそれを覆す勝利というのはやはりサトシらしくて良いなと思ったしそれがクラスメート達にも理解されてるというのも良かった。

それと、まだサトシがゲットしてから日が浅いイワンコがZワザを使っても疲れてなかったことでイワンコの潜在能力の高さがうかがえるし、博士が解説してたようにサトシも強くなってるから、Zワザで押し切れるだけの力は備わってるんだなと思いました。


-研究室で見える個性-

マーマネの研究室に招かれるもののデータの説明を受けてもさっぱり分からず落ち着かない様子のサトシ。
トゲデマルはピカチュウと遊んでいて、ピカチュウが好きなトゲデマルにとっては自宅に招く事ができたのがとても嬉しそうに見えた。
そしてマーマネはロトムと一緒に収集したデータの解析で盛り上がってと。
同じ場所に居てもそれぞれ様子が全く違うのが面白いし各キャラのらしさが表れてて良かったです。


-ひたすら走れ-

トゲデマル用の遊具である回し車がヒントになり巨大化した回し車でサトシの特訓開始。
ポケモンたちと一緒に走ることでスピードと体力を鍛えて且つポケモンとの気持ちをシンクロさせるというのが特訓の意図だったのかなと。
イワンコをゲットした15話でも走っていたし、この方がサトシらしい。
さっきの研究室での退屈な様子もあって、一転して凄くサトシが活き活きしてたと思います。

マーマネが見ていた機械のパネルには何かのゲージが表示されてましたが、走り始めてすぐにサトシのゲージがトップになってたのに驚き。
つまりポケモンたちより体力やスピードがあるってことですよね。
サトシの超人ぶりは今に始った事じゃないけど、こうやって計測されて表されると凄いことになってるなあと改めて感じます。

そしてサトシの走りについていけるのは相棒のピカチュウだけ。
イワンコもモクローも脱落していくのが、2匹には悪いけどやはり各地方を旅してきた経験の差が表れてるなあと思いました。


-守り神の期待-

特訓でサトシとピカチュウの力が高まった事を感じてわざわざ会いに来て再戦を申し込んだカプ・コケコ。
モクローとイワンコもやる気で前に出てくるが相手にせずピカチュウを指名するのだからサトシとピカチュウの力にいかに期待してるかがうかがえる。

人前にあまり姿を見せないはずの守り神が何度もサトシの様子を伺い、今回にいたっては学校の校庭に堂々と現れ他の生徒達の目もある中でサトシとピカチュウとの再戦を自ら望むのだから、もはや気まぐれなんかで片付けられる動機なんかではなくサトシとピカチュウが強くなる事を望んでると解釈してよいんじゃないかな。
バトルにしてもサトシとピカチュウを追い込んで全力を発揮するのを待ってたみたいだし。

そして崖から落ちそうになったところを助けてもくれた。
すっかりこのコンビを気に入っちゃってるように思えますよ。


-少しずつ強くなる-

カプ・コケコに再びZワザを叩き込んだサトシとピカチュウ。
2話で戦った時はガードされて微動だにしてなかったカプ・コケコが今回は吹き飛ばされていたので以前より強くなったことがうかがえる。
Zワザでなくてもカプ・コケコの動きを捉えてアイアンテールをヒットさせていたのも以前のバトルとは違うところでこれも成長の表れ。

結果はまた負けてしまったけど確実につよくなっている。
少しずつ前進していく、やっぱりこれがアニポケの面白いところですよ。

|

« ニチアサ感想・2017/03/19 | トップページ | 超スーパーヒーロー大戦感想 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/70036619

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:電撃猛特訓! カプ・コケコとの再戦!!:

« ニチアサ感想・2017/03/19 | トップページ | 超スーパーヒーロー大戦感想 »