« 続:ウルトラマンに会えた 2017 | トップページ | ニチアサ感想・2017/03/19 »

2017年3月17日 (金)

アニポケSM感想:マジィ!? マオのお料理大作戦!!

待ちに待ったマオのメイン回がようやくの放送でした。
そしてアニポケにまた新たな脚本家が参加となりました。

17話
「マジィ!? マオのお料理大作戦!!」
脚本:関根アユミ
コンテ:尼野浩正
演出:大和田淳
作画監督:篠原隆


-マオの家族-

マオのお父さんが初めて姿を見せ、マオにレシピを教えてくれたのは旅をしている兄だということが明かされる。
他のキャラもそうですがメイン回の時にそれぞれの家族模様も描かれるのが、旅をするこれまでのシリーズとは違い定住する場所があるからそれぞれの家庭を描くのも自然にシナリオに組み込まれていて良いですね。


-忘れられる風習-


Bandicam_20170317_112930382
マオが作ろうとしたシチューは幻のメニューで昔は良く食べられていたが今は知る者が少ないとのこと。
パンケーキレースという伝統の催しで多くの人が楽しんでいたりカキのように伝統や風習を重んじる若者がいるアローラ地方であっても忘れられていくことがある。
全ての事が後世に継がれていくわけではなく取りこぼされるものもあるというのは現実にもあり得る事でリアルだなあと思いました。

そういうものがあるからこそ幻で終わらせてしまわないようにと頑張るマオの姿も映えてドラマになるわけで。
世界に奥行きを作りつつマオのドラマにもなる上手い構成だと思いました。


-マオの夢-

マオの夢はアイナ食堂をアローラで一番にして父親の料理を多くの人に食べてもらうことだという。
今回看板メニュー作りに躍起になってたのもアイナ食堂の名を広めるためだったとのこと。

Bandicam_20170317_113015805
夢、何をやりたいか目標があるとキャラが活き活きとしてきますね。
他者の面倒を見てばかりだったマオ、それもマオの大事な個性ですが、自分のやりたいことの為に頑張る姿も魅力的で、夢を語りそのために頑張るマオの表情は活き活きとしていました。

自分の料理じゃなくて父親の料理を食べて貰いたいというのも、父親の料理が大好きで父親を尊敬していることもうかがえる。
夢を語る事でそういう思いも見えてくるんだからメイン回を待たされた甲斐があったなあと思いました。


-アマカジの思い-

やまぶきの蜜の手掛かりとなるオドリドリを探すために甘い香りを散布し続けたアマカジ。
モクローがよくアマカジに飛び掛かっていたことがヒントになってて、これまでのエピソードの積み重ねが活かされてるのが本当に凄いなあと思います。

オドリドリに逃げられないよう繰り返し甘い香りを出したことでついにアマカジが萎びてしまうという衝撃の姿を見せてしまった。
前回や前々回の顔芸ほどではないけどまた強烈なものを見せちゃってまあ。

つい笑ってしまったけど、香りを散布した事で他の鳥ポケモンに襲われる危険はあったわけだし、萎びてしまったのは限界ギリギリまで体を張った証拠。
そうまでしてマオの夢のために力を尽くせるんだからアマカジがマオの事を大好きなんだということがうかがえる。
冒頭の試食回でも水を運んで手伝いをしてたしマオの助けになりたいという気持ちが強いんだろうなと。


そしてロケット団からマオを助けるためにアママイコへ進化し新たな技まで覚えて。
進化したことで店の手伝いで出来る事も増えて、料理を運ぶのも楽しんでるように見えた。
マオの為に何か出来るのが本当に嬉しいんだろうなと。

Bandicam_20170317_113932127
マオに甘えておぶさってる姿も可愛かった。Cパートまで使ってマオが大好きだということを目一杯見せてくれたのが良かったです。


-まだまだ夢の途中-

最初にマオが作ったシチューは不評で、正しいレシピで完成したシチューは大好評だった。
しかし蜜はいつでも取れない事が分かって看板メニューを作るという目的は達成できず。
そう簡単に夢は叶わない、スイレンの夢であるバルーンの事もそうだけど簡単な近道はないことはどのキャラでも一貫して描いてるのは好感が持てます。

でも小さくても前進はしている。
いつでも作れるわけじゃないというのも大事な学びだしレシピ自体は間違ってなかったわけだから得たものは確かにあった。

今後もマオが夢の実現に近づいていくところを少しずつ見せてくれることを期待したいす。


-完成ロケット団基地-

キテルグマの住処をひみつ基地にすると決めてだいぶ経ちましたがようやくロケット団の基地が完成。
結構しっかりした設備が整ったみたいで、伊達にこれまでのシリーズで色んなメカを作ってないなあと感心。

しかし疲れたからとすぐに活動は始めないで、今回はポケモンゲットよりもやまぶきの蜜を奪って金儲けしようと企んで本来の目的がそっちのけになってしまうあたりも彼ららしいというか。

はたしてせっかく完成した基地が有効に活用される時はあるのか。


-へんしん-

メラメラスタイルのオドリドリがやまぶきの蜜で姿を変えたシーンとアマカジが進化するシーン。
まるでヒーローの変身シーンみたいでしたね。
具体的に言うとプリティでキュアキュアな人たちみたいでした。

Photo
こういうの大好物です。楽しかった。




関根さん初めてのアニポケ脚本でしたが、特に違和感を覚えるような場面もなく見ていられました。
強いて言うならスイレンのマオちゃん呼びについての指摘をツイッターで見かけくらいですが、それも初見では全然不自然に思わなかったしそんなに気にすることじゃないかなと。
まだアニポケ1本目なので、今後の登板で関根さんらしさというのを見つけられたらいいなあと思います。

|

« 続:ウルトラマンに会えた 2017 | トップページ | ニチアサ感想・2017/03/19 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

でんきタイプ好きなマーマネはビリビリシチューを美味しくたいらげたり、怒涛のあまいかおり連発でしなびちゃったアマカジについ笑っちゃいましたhappy01アニポケらしい面白さを感じたので新たな脚本家さんが担当していたのには驚きました。アニポケの脚本家さんもだいぶ新しくなってきましたねえ。
マオは料理の腕前は優れているけど発想が大胆すぎて時々ヘンな料理作っちゃうタイプの子というのが面白いなあと。アニポケでは珍しく女の子キャラが料理担当ポジションですが今後どんなものを披露してくれるか楽しみですhappy01
ミツハニーのハニーミツをどこかから調達していたキテルグマさんならやまぶきのミツも持ってそうだな~とか思ってましたconfident今週のキテルグマさん、見事に10まんボルトをかわしつつロケット団を助けていてすごくかっこいい…ロケット団がまともに仕事している様子になんだか安心感を覚えちゃいます

来週はカプコケコとの再戦ということで今からワクワクが止まりません…!!

投稿: マグカルロス | 2017年3月17日 (金) 07時41分

コメント返信:マグカルロスさん

空腹だったとはいえビリビリシチューまで平らげてしまうマーマネ、今後も食い気を強調する場面が出てきてまた笑わせてくれるといいですね。


女の子が料理に熱心というのもアニポケだと珍しいので今後も彼女の色んな料理が披露されることを期待したいです。

あのキテルグマなら苦労して見つけたやまぶきの蜜もあっさり取ってこれそうな気がします。
そう思わせるくらい強烈なポケモンですからキテルグマは。


脚本の関根さんは子供向け番組もほぼ初めてみたいなので今後の活躍が楽しみです。

投稿: んがよぺ | 2017年3月18日 (土) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/69949604

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:マジィ!? マオのお料理大作戦!!:

« 続:ウルトラマンに会えた 2017 | トップページ | ニチアサ感想・2017/03/19 »