« アニポケSM感想:勇気の結晶、リーリエとロコン! | トップページ | ニチアサ感想・2017/02/12 »

2017年2月10日 (金)

メガレンジャーから続く日曜朝

ちょこっとメガレンジャーの話を。

現在ニコニコ動画でスーパー戦隊シリーズ21作目の電磁戦隊メガレンジャーが配信中です。
毎週金曜日の夕方5時30分に更新されて、本日は8話の配信がスタートしました。


この夕方5時30分という時間は、かつて実際にスーパー戦隊シリーズが放送されていた時間です。
メガレンジャー7話までは金曜日の夕方に放送されていたのでした。

そしてこの8話から、現在ではニチアサと呼ばれてる放送枠、日曜日の朝7時30分からの放送へ変更となり、現在までスーパー戦隊シリーズはこの放送枠を維持しているということです。

放送枠の変更により、7話までは25分しかなかった放送時間が30分に延長となり本編の尺も伸びたのでした。
正確に言えば科学戦隊ダイナマンの8話までは30分放送だったのが、ダイナマン9話から25分に放送時間が短くなってずっとシリーズが続いていたので、元の放送時間に戻ったということになります。

あれからもう20年。
シリーズが全体では40年も続いてますが、その半分をずっと同じ放送枠で維持しているというのも凄い事だなあと思います。


放送当時、日曜朝に時間が変わるというアナウンスはあったはずですが、自分はその意味をよく分からないまま8話が放送された日曜朝を迎えていました。
その日、寝起きでボーっとしたままテレビをつけてみたらメガレンジャーが映っていて、「あ、メガレンジャーがやってる。放送時間変更ってこういうことか」と、テレビに映るメガレンジャーを見てようやく放送時間変更を理解したのでした。
ちなみにこの8話、メガレンジャーをサポートする久保田博士と敵幹部のDr.ヒネラーとの間にある因縁を示唆する重要なエピソードで、子供心に何か大事な事が描かれてるということはなんとなく感じながら見ていました。
放送時間のことは分かってなかったけど劇中のドラマはぼんやりとでも理解してて、頭が良いんだか悪いんだか当時の自分の思考がよく分からん。自分のことなのに。


自分の思考はさておいて。
要は、8話という半端な数字ではありますがメガレンジャーもまたスーパー戦隊シリーズの歴史の一つの転機だったということを言っておきたかったのです。
日曜朝という枠でこのシリーズが現在まで途切れることなく続いてる事、当時の視聴者も製作スタッフも予想はできなかったんじゃないかなと思います。
これから先はどうなるか分かりませんが、戦隊、そして仮面ライダーとプリキュアへと子供達を夢中にさせる番組が続くこのニチアサという枠、手放して欲しくないなあと思います。

|

« アニポケSM感想:勇気の結晶、リーリエとロコン! | トップページ | ニチアサ感想・2017/02/12 »

ニチアサ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

8話はユガンデの攻撃を受けたメガブラックが
顔だけ変身解除してしまいユガンデにどう見ても
顔を見られてるその後の展開との矛盾がありましたね

投稿: kivaxtuto | 2017年2月11日 (土) 00時17分

コメント返信:kivaxtutoさん

2話の描写と合わせて終盤の正体バレと矛盾するとよく言われてますね。
ユガンデが頭が良くなくて人の顔を覚えてられなかったのかなあと個人的には解釈していますが。

投稿: んがよぺ | 2017年2月11日 (土) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/69557371

この記事へのトラックバック一覧です: メガレンジャーから続く日曜朝:

« アニポケSM感想:勇気の結晶、リーリエとロコン! | トップページ | ニチアサ感想・2017/02/12 »