« ニチアサ感想・2017/01/08 | トップページ | ジュウオウジャーVSニンニンジャー感想 »

2017年1月13日 (金)

アニポケSM感想:出るかZワザ! 大試練への挑戦!!

10話
「出るかZワザ! 大試練への挑戦!!」
脚本:松井亜弥
コンテ:飯島正勝
演出:飯島正勝
作画監督:堀内博之



-島キングのポケもんだい-

今回の出題は大試練を行う島キングのハラから。
ハラに勝つと貰えるZクリスタルは何かという問題で、ゲームをやってれば簡単に分かりますが、その答えに一捻りあるとは出題の時点では全く読めなかったので本編を見てびっくり。
それについては後述しますが、おまけコーナーも本編と上手くリンクさせてて本当に楽しい番組にしているなあと感心します。


-サトシへの感謝状-

前回のコラッタ達の騒動を治めたことが新聞記事になりサトシにはジュンサーさんから感謝状が贈られることに。
これまでのシリーズでも警察に協力し事件を解決したことが無かったわけじゃないけど、その功績を当人がハッキリした形で実感できるのは、旅をするのではなく定住する場所がある今シリーズだからこそできる展開だなあと思いました。
旅をしてたらまず新聞は読まないだろうからサトシがした事が世間にどう認知されてるかまず知ることはなかっただろうしね。

感謝状を持ってきたジュンサーさんが前回のCパートで相棒に選んだデカグースを連れているのが前回との繋がりを感じられていいですね。
前回のCパートではジュンサーさんが強引に勧誘したような演出でしたが、ロトムがデカグースの能力を説明した上でジュンサーさんの相棒にふさわしいとフォローしてたのが丁寧で、いいコンビになれてるんだと感じられたのが良かったです。


-大試練に挑む前に-

大試練バトルを始める前に祭壇の前で正座をして祈りを捧げるハラとサトシ。
大試練が神聖なものであることがこのシーンでうかがえますね。

しかしサトシは正座が苦しくて落ち着かない様子。
前回はハラから出された課題に頭を悩ませてたし、やはりすぐにバトルができないのは彼の性分には合わないみたいで。
しかしこの祈りにしてもハラが前回出した課題にしてもただバトルをして強ければいいわけではないのは十分に伝わってくるし、サトシも試練を積み重ねていって少しずつバトル以外のことも学んでくれるといいなと思う。


-忍び寄るモクロー-

大試練バトルは2vs2のバトルでまずはサトシのモクローとハラのマケンカニの対決。
相性ではモクローが有利でもやはりそう簡単にはいかない相手で、単純な相性の有利不利で片付かないのはジム戦と同じみたいですね。

苦戦する中モクローはそっとサトシの背後に近づきおどかすという茶目っ気を見せる。
これがめっちゃ可愛くて苦戦の中での清涼剤だったんですが、この行動が逆転の閃きとなるんだから上手い。
前回のバトルでも見せていたそっと敵に近づく能力、それが今回も発揮されて逆転のきっかけとなった。
前回の内容を踏まえつつ何気ない行動から逆転へ繋げる構成がお見事でした。


激闘を制したモクローは羽ばたきながら眠り始めそのままバトルは続行不能に。
いつもはボールから出てきても寝たままだったのに今回は最初から気合が入っててロトムにも驚かれるほどだったのに、最後はやっぱり眠ってゆる~い雰囲気になる。
いつもと違うギャップを見せながらいつも通りへ帰っていく、モクローの魅力をたっぷり見せてくれた良いバトルでした。


-ゼンリョクvsゼンリョク-

続くピカチュウvsハリテヤマ戦。
”猫騙し”でピカチュウの一撃を止めてそのまま”はたきおとす”で攻撃をするというハリテヤマのコンボがいきなり決まる。
10万ボルトは効かないしさらに”はらだいこ”で攻撃力を最大にしてからのZワザという容赦ない攻撃が続き、まさに全力を持って挑戦者を迎え撃っているという感じです。

圧倒的なパワーを前にしてサトシとピカチュウが取った手は、前回のデカグースを相手にしたのと同じく自慢のスピードを活かした戦略。
でんこうせっかのスピードでZワザを出来る限りかわしてダメージを抑え、さらにスピードでかく乱してすかさずアイアンテールを当ててハリテヤマに膝をつかせることに成功。
こちらもモクローと同じく前回のバトルを踏まえた展開で且つハリテヤマから技のコンボを受けたのをこちらもコンボで返すようになってて見事な構成だと思います。

膝をついて動きが止まったハリテヤマにZワザ”ウルトラダッシュアタック”を決めてサトシとピカチュウの勝利。
ハラが容赦ない全力の攻撃をぶつけてくるなら、サトシも相手の動きを止めた上で一度きりのZワザを確実に決める手に出ているのがこちらも全力でZワザを使おうという気概に溢れてたものだったと思います。
ハラがバトルの後にZワザを使う喜びに溢れていたと評していたのも納得のバトルでした。


-守り神の贈り物-

サトシの全力を認めたハラがカクトウZを渡そうとしたところでカプ・コケコがそれをデンキZにすり替えてしまった。
ハラに勝つと貰えるZクリスタルという冒頭のポケもんだいの答えとしてはカクトウZが正解ですがサトシが手に入れたのはデンキZというまさかの展開にびっくり。
サトシが再びデンキZを手に入れるのが思いのほか早かったのも驚きだしポケもんだいがフェイクになってたのも全く予想外のサプライズでした。

最初の大試練でデンキZを手に入れるのはアニメ独自の展開ですが、カプ・コケコがきまぐれな性格であることと目にも止まらぬスピードで移動し物を持っていくことがこれまで描かれてたのでこのすり替えも無理の無い展開だし、カクトウZがハラから貰える物というゲームの設定は一応遵守してるので、ゲームの設定を活かしつつアニメ独自の展開に持っていった上手い構成だと感心します。

本来の手順を無視してZリングを渡したりすり替えてデンキZを渡したり。
ここまでしてサトシに贈り物をするカプ・コケコの真意はどんなものか。
ますます気になってきますねえ。


-お祝いはみんなで-

サトシの大試練突破を祝う宴をひらくハラ。
そこにはサトシだけでなく学校の仲間たちに試練の場まで送り届けてくれたジュンサーさんの姿も。
前回の課題にしてもそうだけど決してサトシ一人だけのことじゃないんだと、ほんの僅かなシーンですが丁寧に描いているなと感心します。

|

« ニチアサ感想・2017/01/08 | トップページ | ジュウオウジャーVSニンニンジャー感想 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

新聞のサトシの写真は緊張した顔してましたね
こういうのは苦手ってことですかね

足を狙うと言えば全体的な戦法は違いますが
トウキのハリテヤマの時にもやってましたね

投稿: kivaxtuto | 2017年1月14日 (土) 11時50分

コメント返信:kivaxtutoさん

大試練前の正座にしてもそうですが堅苦しいのは本当に駄目みたいですね。
10歳の少年という事も思えばリアルな反応だとも思いますが。

そんなこともありましたね。
ムロジム戦はもう一つのサトシの特技のフィールドを活かす戦略もあったので同じポケモン相手でも差別化されてるのが良いと思います。

投稿: んがよぺ | 2017年1月14日 (土) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/69234700

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:出るかZワザ! 大試練への挑戦!!:

« ニチアサ感想・2017/01/08 | トップページ | ジュウオウジャーVSニンニンジャー感想 »