« ニチアサ感想・2016/12/4 | トップページ | 仮面ライダー平成ジェネレーションズ感想 »

2016年12月 9日 (金)

アニポケSM感想:びりびりちくちくトゲデマル!

6話
「びりびりちくちくトゲデマル!」
脚本:面出明美
コンテ:牧野吉高
演出:牧野吉高
作画監督:篠原隆

-マーマネのポケもんだい-

今回のポケもんだいはマーマネが出題し彼が苦手なものを問うもの。
これまではポケモンについての問題だったので本編を見る前から答えは分かってましたが今回はちゃんと本編見ないと分からないようになってて、これまでと違った趣向で良かったです。
そして答えである暗がりが苦手ということが、Cパートで相棒のトゲデマルを紹介する事にも繋がってるんだから本編との噛み合せも上手くいってて面白いなあ。


-日常の中のサトシ-

休日に急用ででかけることになったククイ博士を見送り留守番する事になったサトシ。
サトシが家で誰かの帰りを待つ姿を見ることになるとは。家に帰らず旅を続ける非日常の冒険を描いていたアニポケが、一般的な日常の一日を描いているというのが驚きであり新鮮です。

留守の間洗濯や料理をやってみようとするもののさっぱり上手くいかないサトシ。
非日常の冒険の中にいたサトシだから日常の当たり前の家事に対応できないのも納得でこれまでのシリーズとは矛盾しないし、慣れてないからこそ当たり前のこともサトシにとってはちょっとした冒険になるから見てる方としても退屈しない。
それと子供なら、ここまで大げさでないにしても、少なからず家事の失敗って経験する事だろうし、子供の視聴者にも共感しやすいシーンだったんじゃないだろうか。

これまでの旅をするという非日常の冒険から日常の物語に舵を切ってどうなることかと思いましたけど、いやはや楽しいじゃないのサンムーン。


-マーマネの秘密-

ショッピングモールでばったりマーマネと出くわす。
アイスを食べに来たようだけど何か気まずそうな様子で、甘いものが好きなことを他のクラスメートには話していないのかな。

そしてポケもんだいの答え、システムの誤作動で建物に閉じ込められて暗いところが怖いと発覚。
機械のことを語ってる時の自信に溢れた様子とは一変してるが、弱さも見せてくれた方がキャラへの愛着が沸いてきます。

そのマーマネの弱さをサトシは笑ったりせず、夜はトゲデマルと一緒に寝ていると聞いてすぐに探しに行こうと動き出せるのも良かった。
事態の解決にマーマネも出来る事をやっていたのは、サトシが秘密を知っても素直に受け入れてくれて自分の為に行動してくれたからこそ一緒に頑張ろうと思ったのかなと。

マーマネがお勧めするアイスをサトシは喜んで食べてて、その様子にマーマネはお勧めの店の事を流暢に語りだした。
これも自分の好きなことを素直に受け入れてくれた事の嬉しさの表れだったのかな。

サトシはポケモンスクールの人々に温かく迎え入れられたけど、サトシもまた仲間達のことを素直に受け止めてて、自然に信頼を築けているんだろうなと思えた。
それがあるからこそサトシとマーマネがシステムトラブルの解決に一緒に行動できるのも自然な流れとして見ていられました。


-助け合うポケモンたち-

ピカチュウたちも配電室で合流するために動き出す。
これまで色んな冒険をしてきたピカチュウならトレーナーの指示なしでも行動できるのも違和感無い展開だし、図鑑と一体になってるロトムがナビゲートとして活躍してるのもキャラの活かし方として上手かった。

トゲデマルは通気口に登ろうにもジャンプしても届かなくてロトムに助けてもらった。


2
ピカチュウがトゲデマルを引き上げようとしてロトムと入れ違いに。
コミカルに演出されてましたが、ピカチュウもロトムも自然に仲間を助けようと動いてるのが素敵です。

トゲデマルは図鑑の説明では自分で電気を作るのは苦手ということでひ弱な印象がありましたが。
でもロケット団との戦いではピカチュウの電気を特性で吸収してから強力な一撃を放ちピカチュウのピンチを救った。

弱いところがあるからこそ力を借りたり助けてもらって、今度は自分が仲間を助ける。
通気口のくだりや図鑑の説明が前振りになって助け合うということがポケモンたちの行動にも自然に描かれているのが素晴らしかったです。

リュックに収まってたモクローもビルから落ちそうなったピカチュウを助けててこれも助け合い。
持て余してるキャラがいなくて皆活躍してるのも凄いなあ。


-今週のキテルグマ-

助け合いの精神に温かい気持ちになってたら、やっぱり今週も衝撃の登場を見せてくれましたキテルグマ。


Bandicam_20161209_110452387
夕日を背に現われるってヒーローみたいじゃないか。

Bandicam_20161209_110456220
しかしその表情と声には何を考えてるのか分からない不気味さがあります。
本当何なんだろうこれは。


-温かい結末-

本来の目的の買い物はできなかったけど、ククイ博士の提案でマーマネも一緒に食事に行くことになって温かい結末となりました。
博士がサトシを叱るよりも心配して言葉をかけてくれたことも、サトシも言い訳せず家事を失敗した事を謝ってるのも良かったな。
心配してくれて謝って食事は皆で一緒に、皆が仲間でもあり家族もあるんだなと思える本当に温かい結末だったなあと思いました。

|

« ニチアサ感想・2016/12/4 | トップページ | 仮面ライダー平成ジェネレーションズ感想 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

リーリエ達の出番がなかったのも
一行で旅してない展開だからこそ出来ることですね。

投稿: kivaxtuto | 2016年12月 9日 (金) 16時43分

コメント返信:kivaxtutoさん

日常をベースにしてると休日というだけで他のキャラの不在を詳しく説明しなくても済みますし登場キャラを搾ることができるのは強みだなあと思いました。

投稿: んがよぺ | 2016年12月10日 (土) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/68772289

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:びりびりちくちくトゲデマル!:

« ニチアサ感想・2016/12/4 | トップページ | 仮面ライダー平成ジェネレーションズ感想 »