« ドロンチェンジャー | トップページ | カクレンジャー37・38話感想 »

2016年9月25日 (日)

ニチアサ感想・2016/9/25

動物戦隊ジュウオウジャー 31話
魔法つかいプリキュア! 34話
仮面ライダーゴースト 50話

の感想。

仮面ライダーゴーストは今週を持って最終回となります。

動物戦隊ジュウオウジャー
31話「巨獣立つとき」

操が空回りしてた理由は皆の役に立ちたいという思いから。
それを聞いたセラは操のこれまでの頑張りを肯定しなりたい自分になるために努力し続けるしかないと語る。
操が面倒くさいのは変わらないけど頑張る姿を否定せずその気持ちに寄り添おうとしてるのが良いですね。

大和はキューブホエールに問いかけながら彼が味方にならない理由を察して、味方に引き入れようとはせずバングレイから守ると誓って戦う。
これまでも操やジューマンたちへの接し方で相手の気持ちを汲んできた大和らしい決断だったなと思います。
その守るために戦う姿が結果としてキューブホエールの心を動かし仲間になる事に繋がるんだからこれも丁寧でよかったです。


キューブホエールが変形し新たな巨大ロボ・ドデカイオーが登場。
水辺のロボ戦が迫力あってよかったです。
コックピットの操縦の仕方も他のロボと差別化されてたのもよかった。


ジニスはギフトをまた倒されたのに何か企みがあって全然痛手に思ってないのが恐ろしい。


魔法つかいプリキュア!

34話「ドキドキ!初恋の味はイチゴメロンパン!?」

まゆみの恋の話だけじゃなくてかなと仲が深まる話になるとは予想外でした。
かなが魔法使いの存在を信じていることをギャグじゃなくて自分を信じるんだとまゆみを励ます事に活かされるとはね。

まゆみの恋の結末は、やっぱり惚れた相手には既に付き合ってる人が居たというもので。
予想はできたけど、告白しようとした時に雲が陽の光を遮り雨が降り始めるという演出が結構切なかったな。
雨の日に恋をして同じく雨の中でその恋が終わるのは悲しいけど話としては綺麗に纏まってたと思います。

一緒に泣いて名前で呼び合って仲良くなったまゆみとかなに空からイチゴメロンパンを届けるみらい達。
少しだけ魔法を見せて2人に希望を持たせて去っていく。こういう魔法の使い方なら素敵だなと思います。

シャーキンスに戦いを挑まれても全く相手にせずいざ戦うとなっても変身シーンが思いっきり短縮されてたのは笑ってしまった。
恋の事は分からないけど頑張ったまゆみと一緒に泣いたかなの為に何かしたい、そんなみらい達の思いがよく表れてたと思います。


仮面ライダーゴースト

50話「未来!繋がる想い!」

アパンタイトルから通常OPが流れるという、最終回にしては珍しい構成。
最終回は普段と違ってOPは流れないものだと思ってただけに驚いた。


高校に復学し勉強をアカリに勉強を教えてもらい、痛みを感じ皆と一緒に食事をとる。
タケルが一人の若者としての当たり前の日常を過ごしてる様子が見られて本当に良かった。
ここ数年のライダー最終回は戦いが終わったその後を特別編という形で見せているけどゴーストはこの特別編が特に活かされてたんじゃないかな。
人間として蘇るために戦ってきたタケルにとっては戦いの後の当たり前の日常を過ごせるのはこれ以上ない生きる喜びだし、この特別編をやる意味は大きかったと思います。


ジャベルは大天空寺で修行する事になりアランとマコトは眼魔世界の再興のために旅立つ。
そして新たなライダーエグゼイドとも出会い命を守るという想いを同じくして心が繋がる。
出会いも別れもあって、でも皆と心は繋がっている。
後日談でありつつゴーストのテーマの総括でもあり新ライダーとの共演も果たす。
よくこれだけの内容を纏めきったなと素直に感心します。

謎の少年アユムの正体は明かされぬままでそこは気になったけど、未来を悲観する子供にヒーローが希望を持たせるというのは良かったな。
想いはずっと一緒だというタケルの語りは、テレビの前の子供達にも語りかけてるみたいでメタ的な意味でも良いシーンだと思いました。


ドライブ最終回に続きまた最終回を担当された金田監督。
アクションシーンはやっぱり見応えありますね。
映画は撮ってたけど本編参加がこれだけなのは惜しかったな。もう少し金田監督の演出見たかったです。


仮面ライダーゴースト、1年間楽しませていただきました。
色んな事情があって描きたいテーマと玩具販促等の足並みが揃ってないんだろうなと思うところがあったのも正直なところですが。

しかし人は一人じゃない、生きるも死ぬもその人一人だけじゃないということを描いた事、偉人達や仲間たちと共にあるタケルとどんどん孤独になっていくアデルの対比だったりアドニスやフミ婆たちの死と残される者たちが想いを継いで生きる姿などを見せてくれたのは本当に良かったと思います。
命や想いは繋がっていく。既に色んな作品で語りつくされてるメッセージだとは思いますが、本当に大切なことだからこそそれは何度でも訴えていくべきだと思うし仮面ライダーで1年間そのメッセージを発信してたことは決して無駄なんかじゃないと思います。


スタッフやキャストその他関係者の皆様、1年間本当にありがとうございました。

|

« ドロンチェンジャー | トップページ | カクレンジャー37・38話感想 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

そういえばゴーストって主題歌流す時以外の
挿入歌らしい挿入歌が
アイドル回の全力スタートライン!くらいしか
なかったんですね

投稿: kivaxtuto | 2016年9月28日 (水) 15時47分

コメント返信:kivaxtutoさん

主題歌以外の歌がほぼなかったのは寂しかったですね。
Vシネが発表されたので新曲はあると思いますが、放送中にスペクターとネクロムのテーマソングくらいは出して欲しかったですね。

投稿: んがよぺ | 2016年9月28日 (水) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/67663143

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2016/9/25:

« ドロンチェンジャー | トップページ | カクレンジャー37・38話感想 »