« ジュウオウジャー・ゴースト劇場版感想 | トップページ | カクレンジャー23・24話感想 »

2016年8月 7日 (日)

ニチアサキッズタイム感想・2016/8/7

動物戦隊ジュウオウジャー 24話
仮面ライダーゴースト 43話
魔法つかいプリキュア! 27話

の感想を。

動物戦隊ジュウオウジャー
24話「よみがえる記憶」

大和の母・和歌子の墓参りに行っている大和と真理夫。
喪服の事を知らないジューマンたちの様子を見せてたのが文化の違いを表しててさり気ないけど良かったです。

デスガリアンに迎えられたバングレイは手始めに記憶を読み取り幻を作る能力で死者達の幻を作る。
子供からお年寄りまで色んな人が蘇っていたが、中にはデスガリアンの攻撃で命を落とした人もいたのかなと考えてみたり。


和歌子も蘇り安らかな一時を過ごすがバングレイに消されてしまう。
大和が主張する繋がりを否定するためにこんなことをするなんて外道すぎる。

目の前でこんな酷い事をされたが、大和は繋がりがあるからこそ母が現れたんだと自分の主張に確信を持ってバングレイに立ち向かう。
ここで心折れずに立ち上がれる大和が凄いしカッコよかったです。

現れた和歌子はバングレイが作った幻だけど 消える間際に大和ともっと話したかったと言ってたのを見ると和歌子自身の心は確かにそこにあったんじゃないかな。その心は大和の記憶、思い出が繋がりとなって呼び出せたものだったのかなと。
だから大和は繋がりに確信を持ってバングレイに言い返せたんだと思いました。


バングレイの能力の秘密が明らかになり、クバルも記憶を読み取られたことでデスガリアン内部に不穏な空気が漂い始めてます。
新幹部との対立、これも戦隊シリーズの伝統みたいなものですが今作はどう転ぶか次回以降も目が離せません。



仮面ライダーゴースト

43話「接続!天才少年!」

タケルに残された時間が残り5日と一気に減ったが、前回と今回の間に劇場版の出来事があったと解釈してよいんでしょうかね。

イゴールがディープコネクト社を利用して以前から進めていたデミアプロジェクトがいよいよ本格始動目前となった。
何度もディープコネクト社が関わってるんだからタケル達も利用されてるよりもグルになってることを疑ってもいいようなものだが、バレバレのことに何故か気付かないのは特撮のお約束みたいなものだし仕方ないか。


コンタクトレンズを媒介にして子供も大人も同じく賢くなって糖分を過剰摂取するという異様な光景、怖いです。
イーディスが作った眼魔世界のシステムもそうだけど、皆が同じ状態になることの気持ち悪さと言ったらない。

さらに人々がアイコンにされて眼魔コマンドに姿を変えてしまうシーンも。
眼魔コマンドの件はすぐに解決策が見つかったけど、人々が姿を変えられて平均化されてしまうことの恐ろしさよ。

全てを同一・均一の存在にしてしまおうという眼魔たちのやり方と個々の個性や心を見てきたタケル達という分かりやすく対比されてるなあと思いました。


お盆が近いから・・・なのかは分かりませんがジュウオウジャーでもゴーストでも墓参りのシーンがありましたね。


魔法つかいプリキュア!
27話「Let'sエンジョイ!魔法学校の夏休み!」

夏祭りに参加するために再びマホウ界へやってきたみらい達。
ナシマホウ界と違って堂々と魔法は使えるが制服を作ってしまったことで結局目立って騒がれてしまったはーちゃん。
どちらの世界にいても騒がれてしまうとなるとはーちゃんの持ってる力は特殊すぎるものなんだなあと改めて思う。

男子生徒の姿や祭りの準備に食堂の様子など春休み中にはなかった学校の賑やかな光景が見られて良かったです。


予言されてる災いに対して準備をしてきたのに力は使い果たして災いについての情報も無くて焦っている校長先生。
けどみらいが出来ることは何でもすると言ったことに感化されて自分もできることをしようと決意するのが良かったな。
ドンヨクバールとの戦いでプリキュアたちを守っていたのが好感が持てました。

ラブーの口からデウスマストの存在が語られた。
まだ名前だけでどんな存在か分からないけど、ドクロクシーよりもっと恐ろしい存在として描かれることを期待したい。
敵が怖くないとヒーローの活躍も盛り上がらないからね。


EDの映像が一部差し替えられてて、踊ってる様子が別の視点で映されてましたね。
同じ曲でも少し変化があると飽きずに見られて楽しいです。

|

« ジュウオウジャー・ゴースト劇場版感想 | トップページ | カクレンジャー23・24話感想 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

大和の変身前の名前を聞き「風切大和」と呼び始めましたが
これからもその呼び方が続くってことですかね
(数えれば近年の戦隊にも何人かいるのですが
やはり敵が変身前の名前で呼ぶと印象に残りますね)
それと父親との間にも何かがあるフラグも立ちましたね

ちゃんと魔法学校のある場所は常春なのも触れてましたね


投稿: kivaxtuto | 2016年8月 7日 (日) 19時33分

それと前に白倉さんと杉村さんに関する
ランプの魔人についての話をしましたが
ラブーは普通に敵のようですね

投稿: kivaxtuto | 2016年8月 7日 (日) 20時50分

コメント返信:kivaxtutoさん

敵が名前をちゃんと呼ぶのはライバルとして認めた感じがして印象に残りますね。
まだ大和の父親のことで何かありそうなので今度はそこをバングレイにつけ込まれるかもしれませんね。


季節は場所によって固定されてると以前リコが少し触れてたことが表れていましたね。
細かい設定の拾い方には感心します。

魔法にランプの魔人とネタは一緒でもジュウレンジャーと展開は全く違うのは面白いと思います。

投稿: んがよぺ | 2016年8月 7日 (日) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/66885937

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2016/8/7:

« ジュウオウジャー・ゴースト劇場版感想 | トップページ | カクレンジャー23・24話感想 »