« ポケモン映画2016感想 | トップページ | カクレンジャー17・18話感想 »

2016年7月18日 (月)

ニチアサキッズタイム感想・2016/7/17

動物戦隊ジュウオウジャー 21話
仮面ライダーゴースト 40話
魔法つかいプリキュア! 24話

の感想を。

動物戦隊ジュウオウジャー
21話「プリズン・ブレイク」

家に訪ねてきた操がスーツを着てかしこまった姿でお中元まで持ってくるというシチューエーションに早速笑ってしまった。
ナレーションにまで面倒くさいと言われてるしもうそういうキャラで押し通すってことでいいんでしょうか。

今回はタスクとの交流がメインで、そのタスクから自分の性格を反省しろと言われるがタスク自身も自分の性格をなかなか直せないことが打ち明けられるし、結局性格はそうそう変わらないということを言いたかったのかな。

操の脳内の3人のジューマンによる会議は今回も健在。
勝手に自分の中でタスクに親近感を覚えて戦闘中もタスクに声をかけて仲良くなったつもりでいるという本当に面倒くさい奴だ。

操のおかげで笑いっぱなしだったんですが、アクションシーンはカッコいいし新しいキューブウエポンが出てきてロボ戦も見応えあるしで、決めるところはしっかりしてるのがまた面白い。
それとアムの味覚やタスクの嗅覚が活かされてる描写があったのも細かいけど良かったな。


仮面ライダーゴースト
40話「勇気!悲壮な決断!」

メインライターの福田さんは本来刑事ドラマを書くことが多いそうなので、前回と今回は得意分野が活かされた話だったのかなあと思いました。
ガンマイザーの力で入れ替わったことで強盗犯に情報を流してた本当の犯人を突き止めることとなり、 が親友を逮捕する辛い気持ちを も父を捕まえようと思ってた気持ちと重ねることで理解するようにタケルが促して親子の和解へ繋がるのはなかなか見応えありましたよ。

アランが反発できる父親がいるだけマシだと語った後にマコトは父親への怒りを露にする。
でも仙人の語りによれば深海兄妹の父も既に亡くなってるみたいだし、親子の和解の一方で深海親子は悲しいすれ違いが起きてるのかもしれないのか。
マコトのことは劇場版で決着がつくんだろうけど、悲しい結果が待っていそうで怖い。

ガンマイザーは奇抜なデザインでアクションも大変そうだったが退屈せずに見れました。
トドメはムゲン魂だったけど英雄の力も使ってたしアクションシーンも面白かったです。


魔法つかいプリキュア!

24話「ワクワクリフォーム!はーちゃんのお部屋づくり!」

みらいの寝不足が発端となりはーちゃんのために屋根裏部屋を改装するという話。
前回に続きはーちゃんは難しい魔法を使いこなしてしまってリコは頭が痛い模様。
演出はコミカルだけど、努力を重ねてるリコからすればあっさり魔法を使えてしまうというのは内心穏やかではないんじゃないかな。
でも焦らずはーちゃんに大事なことを、魔法を使わずあえて自分の手で何かをやることを親切に教えられるのは彼女も少しは余裕が持てるようになってきたのかなと思ってみたり。

みらいはリフォームで引っかかってたことをモフルンの言葉で気づくことが出来て、役に立ててないと悩んでたモフルンを励ます。
魔法が使えればそれで良いわけじゃなく魔法が無くてもできることがある。以前も語られたことだけどリコとみらいそれぞれの視点で改めて描いてるのが良かったな。

ところでおばあちゃんが、ことはの事をはーちゃんと読んでたけど。
やっぱり何か知ってるのかただみらいたちの呼び方に合わせただけなのか気になる。

|

« ポケモン映画2016感想 | トップページ | カクレンジャー17・18話感想 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

アランがアルゴスのと思い出を懐かしんでいましたが
アデルとは違い兄弟仲は良好だったのですかね~
それと大悟は傍から家族への愛などない腐った男なのか
色々問題はあっても家族への情は捨て切れてなかったのか
理由があってああいう行動を取らざるをえなかったのか
気になります

リコが似たようなこと学んだバーベキューの時に
はーちゃんは人前に出れないのでモフルンと一緒に
いたので聞いてないんでしたね
(聞いてても幼いので学習してたかどうか)

投稿: kivaxtuto | 2016年7月18日 (月) 22時02分

そういえばスマホンを管理していたのはリコの方でしたが
ことはになったはーちゃんはみらいのとこで寝てるんですね
(みらいとモフルンがそうしたかったのか
はーちゃんがそれを望んだのか
お客様のリコにそういうことは任せられなかったのか)

投稿: kivaxtuto | 2016年7月18日 (月) 22時17分

コメント返信:kivaxtutoさん

アルゴスとアランの仲や大悟が家族をどう思ってたかは映画を見るまでのお楽しみということなんでしょうね。
大悟は予告やテレビ本編で嫌な親と印象付けられてる分、映画でどんでん返しがあるかもと考えてしまいます。


そうかバーベキューの時ははーちゃんが幼すぎて学習できてなかった可能性があるんですね。
それならもう一度同じ教訓を描くことも矛盾しませんね。

はーちゃんが同じベッドだったのはみらいが言いだしっぺだったのかなと自分は思いました。
自分が言いだしっぺだったため寝相の悪さを指摘しづらくていよいよ限界に来て今回の話になったのかなと。

投稿: んがよぺ | 2016年7月20日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/66564619

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2016/7/17:

« ポケモン映画2016感想 | トップページ | カクレンジャー17・18話感想 »