« アニポケXY感想・爆熱の機巧フェスティバル! | トップページ | カクレンジャー9・10話感想 »

2016年6月21日 (火)

ニチアサキッズタイム感想・2016/6/19

今週はジュウオウジャーお休みだったので

仮面ライダーゴースト 36話
魔法つかいプリキュア! 20話

の感想を。

仮面ライダーゴースト
36話「猛烈!アイドル宣言!」

いきなり現れた新たなガンマイザー。
アデルの指示も無しに勝手に動いてるところに人間くささを感じる。自分の意思を持ち始めているような。
アデルはガンマイザーの力で完璧な世界を作るつもりだったのに、その力に振り回され始めてて完璧とは程遠いのが皮肉だなあと。

ガンマイザーに相手にはされないしたこ焼きを食べられないしで散々な目にあってるアラン。
でもサンゾーのお供とのたこ焼きを巡る攻防は面白かったです。
というか坂本監督としてはアランとたこ焼きが扱いやすくてお気に入りだったりするのかな。

監督のお気に入りといえばアイドル。
ウィザードでレギュラーだった奥仲麻琴さん。元はアイドルをやってたそうなのでライブシーンもハマってたし監督もノリノリだったんだろうなと推測する。

けどそのライブの直後に仲間の心の中の黒い本音を聞いてしまうという結構えげつない描写が。
これ石田監督だったらもっと陰鬱なシーンだったのかなあなんて思ってみたり。

アカリと御成はイゴールの計画に探りを入れるためにオーディションに臨む。
またこっちもやりたい放題に演出してるなあと。


魔法つかいプリキュア!

20話「ドタバタでヤバスギ!魔法界に生まれたエメラルド!」

ドクロクシーが校長先生のかつての友だと明かされたり、マホウ界にエメラルドが現れたりと一気に話が動いて色々詰めたなあ。
そんな急展開の話なのに、魔法の扉の力で意図せず敵地に足を踏み入れて驚いて一回逃げるシーンでは笑ってしまった。
こういうシーンを見ると、今作は敵の怖さとか世界の危機とかはあまり描いてこなかったなあと思う。
今回で敵の秘密や予言されてる驚異とかが明らかになったので、これからそれをどう描いてくるのかは気になるけど。

前回で退場とならず生き残ったバッティだったがエメラルドの光を受けて消滅。
自分の意思でドクロクシーに疑いを持ったこともあったのに、結局命令どおりドクロクシーの為にエメラルドを手に入れようとして消えるなんて哀れな。

|

« アニポケXY感想・爆熱の機巧フェスティバル! | トップページ | カクレンジャー9・10話感想 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/66130467

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2016/6/19:

« アニポケXY感想・爆熱の機巧フェスティバル! | トップページ | カクレンジャー9・10話感想 »