« カクレンジャー5・6話感想 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/6/12 »

2016年6月11日 (土)

アニポケXY感想:メレシーを探せ! ヌメルゴンとデデンネ!!

ポケモン総選挙の最終結果が発表され、中間発表で1位だったゲッコウガが逃げ切

り今年の劇場で配信されるポケモンに決まったそうです。

1位を維持できたのはアニメでの活躍がやはり大きかったと思っていいのかな。
何にせよおめでとうゲッコウガ。今後のアニメ本編での活躍も期待しています。


さて今週のアニポケ感想を。

XYZ30話
「メレシーを探せ! ヌメルゴンとデデンネ!!」
脚本:大橋志吉
コンテ:尼野浩正
演出:高橋和也
作画監督:山田桃子 斉藤圭太 清水健一 篠原隆 上杉遵史


-またまた変更のOP-

Bandicam_20160611_011037149Bandicam_20160611_011042380

ジム戦終わったしOPの映像差し替えられるだろうなと思ってましたが。
ジガルデパーフェクトフォルムの戦闘シーンに変わっていて雰囲気がなんだか怖い。
一緒に映ってるのがユリーカだけというのも、怖さや悲しいドラマを予感させて尚更不安です。


-平和な湿地帯-

ヌメルゴンに会う為に再び訪れた湿地帯。
かつて争いがあったのが嘘のような穏やかさで、フラージェスと彼女が引き連れてきたポケモンたちも仲良く暮らしている様子が見られて本当に良かったなあと。
メレシーを探すのにポケモンたちみんなで協力してる様子からも、かつてのわだかまりはもう無いんだなとうかがえてホッとします。


-繰り返しはギャグの基本-

フラージェスが用意した木の実をメレシーが掠め取り、近くにいたヌオーが疑われしばかれる。
これを何度も繰り返すんだから笑わずにいられない。
ヌオーは痛い目にあってるのに何か嬉しそうだし。君マゾだったのかよ。

かつてはおっかない顔して争いの中にいたフラージェスがこんなベタなギャグに参加してるんだから本当に変わったなあと。


-ロケット団の非道な行い-

メレシーを捕まえてメカのパーツとして使っている今週のロケット団。
メレシーの硬さをそのまま武器にするという、演出は抑えてあるんだろうけどかなり酷いことしてますよねこれ。

以前この湿地帯に来たときもフラージェスの弱みにつけ込んで非道な行いをしてたし、湿地帯に来ると酷いことをする法則でもあるのか。

ポケモンをそのまま道具にする酷いことをした分、利用してたつもりのメレシーに反撃を受けてボロボロになるのは因果応報、すっきりしました。


-劇場版セルフオマージュ?-

メレシーの群れがいて一人はぐれた仲間を探して地上に出てくる。
この状況で劇場版「破壊の繭とディアンシー」のディアンシーとお供のメレシーたちを思い出したのは自分だけでしょうか。
最後にメレシーたちが地下へ帰っていく時に通る洞窟も劇場版で見たものと似ていたような。

一人地上に出てきたメレシーが何故そんな行動をとったかは語られずに終わりましたが、いずれディアンシーに変異する特別な子だったりして。
ディアンシーとしての務めを担う前に地上を一度見ておきたかったとかそんな理由だったのかなと妄想。


-再会とまた別れ-

リーグを控えてる状況でヌメルゴンとの再会。
パーティーに復帰するのかと思いきやただ会いに来ただけで再び別れる事に。

意外・・・いや自分としてはパーティーに戻らなくてホッとしてます。
争いの果てにこの湿地帯でたくさんのポケモンたちと一緒に生きていくと決めたの

に、そう簡単に戻ってしまったらかつて流した涙も嘘になってしまうような気がする。

ロケット団との戦いでヌメルゴンが司令塔となりポケモンたちの力を合わせて反撃した。
サトシが指示を出すまでもなく自分で考え行動し仲間を守れる。
もうヌメルゴンはこの湿地帯の大事な一員でありみんなの中心になっていることがよく分かる。
そんなヌメルゴンを見たからこそサトシだって連れ戻そうとは言わなかったんだろう。

Bandicam_20160611_012843722

「分かった絶対に勝つから」
ただ一言だけですが、その中にヌメルゴンが応援してくれてること、サトシもそれに応える決意があることがうかがえて良かったです。

湿っぽいものは無く、爽やかで良い別れ方だったと思います。


-アランが戦いたい相手-

マスタータワーが映ったと思ったらコルニと戦うアランの姿が。
コルニの再登場もびっくりだがアランがちゃんとバッジを集めているのも驚きだ。

以前サトシと再会した時にリーグのことも少し触れていたからサトシに感化されての行動なんだろうなと。
名前は出さなかったが戦いたい相手というのはサトシのことでしょうね。


メガシンカエネルギーの収集の任務もこのバトルの中で果たしていたようだけど、リーグ出場を目指すのは任務とは別のアランの純粋な思いからなんだろうな。
ただリーグに出るだけなら、フラダリが手を回して正規の手続きを踏まずにアランを潜り込ませることだってたぶん不可能じゃないはず。
それをしないのは、サトシとは任務やフラダリの権力とは全く関わらない形で戦いたい、そんな思いがあってバッジを集めていたのではないかな。


最後に

Bandicam_20160611_011522177Bandicam_20160611_011534323

おまけコーナーは我慢比べをするヌメルゴンの姿が。
本編が爽やかに終わったのにこっちでは汗まみれ。
ギャップがありすぎて吹き出してしまったよ。

しかしナレーション、もしかして輪島功一さんのものまねのつもりだったんでしょうか。


|

« カクレンジャー5・6話感想 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/6/12 »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

フラージェスにイタズラがバレてしまった時に
苦手な水で弱ってしまったのに
水の勢いを使った連携に平気そうだったのは気になりましたね

投稿: kivaxtuto | 2016年6月11日 (土) 11時54分

コメント返信:kivaxtutoさん

仲間を助けるために気力で誤魔化して水が苦手なのも耐えてたんじゃないでしょうかね。

投稿: んがよぺ | 2016年6月12日 (日) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/65954220

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想:メレシーを探せ! ヌメルゴンとデデンネ!!:

« カクレンジャー5・6話感想 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/6/12 »