« ニチアサキッズタイム感想・2016/5/29 | トップページ | アニポケXY感想・サトシゲッコウガVSメガユキノオー! 発動巨大水手裏剣!! »

2016年5月31日 (火)

カクレンジャー3・4話感想

先週東映特撮YouTube Officialでカクレンジャーが3度目の配信が始まったことについて記事を書きましたが、せっかくなので3話以降も毎週の配信に合わせて感想を書いていこうかなと思います。

続けられるか分かりませんけどとりあえず今週分の3話と4話のことは書いておきます。

3話
「アメリカン忍者」
脚本 杉村升
監督 坂本太郎


先週配信の2話のことで書けなかったんですけど、河童とろくろ首の夫妻が気の毒だなあと思って。
子供が体が弱くて人間界で生きていけなかったのというのが敵ながら可哀そうだなと。
この3話に出てくるオボログルマもタクシーの運転手として人間界でひっそり生きているのに、タクシーの乗客は我儘で勝手な人ばかりで辛い目にあっている。

子供の頃は敵の事情なんてさっぱり気にも留めなかったけど、5年前の配信で見返してからは妖怪達も苦労してるんだなあと思うようになった。
子供の時と年取ってからでは見えることが違う。
配信でカクレンジャーを見直すことが出来てよかったと思ったことの一つです。


ケイン・コスギさん演じるジライヤが日本語が話せず仲間とのコミュニケーションが上手くいってないシーンがありますが、当時のケインさんは実際に日本語が話せなかったそうで。
役者さんの事情と劇中のキャラがそのまんまという凄い状況。
ケインさんを起用したこと、当事の関係者の方々凄い英断だったと思います。
アメリカン忍者というキャラが、後のハリケンジャーやニンニンジャーに受け継がれてるのはたぶんこのジライヤのせい・・・いやおかげですね。


5

ようやく5人揃ったカクレンジャー。
名乗りもポーズも5人揃った方がやっぱり見栄えがいいですね。カッコいい。

Readygoimage_20160531_080954

そしてサスケ以外の4人も巨大獣将の術を会得し巨大化。
ロボが5体並んで巨大化した妖怪と戦うという凄い絵面です。
というか画面が狭い。

次の4話でこの5体が合体して無敵将軍となりますが、人型ロボが5体並ぶのは戦隊シリーズ初の事。
オーレンジャーのブロッカーロボ、カーレンジャーのVRVファイターと5人それぞれに人型ロボがあってそれが合体するというのが続きますが、初めてそれをやったのがこの巨大獣将です。
子供の頃は単純にカッコいいとしか思ってなかったけど、戦隊初の試みをやるにあたってギミックとかデザイン考えるの大変だったろなあと今では思います。



4話
「妖怪ポリスマン」
脚本 杉村升
監督 坂本太郎


冒頭でニンジャイエロー・セイカイがカレーを何皿も食ってるシーンが。
偉大なる戦隊のイエロー、キレンジャーのオマージュですね。
セイカイはこの後も食い気が強調されるエピソードがあるのでお楽しみに。

3話に続き登場の小豆洗いが支配する警察署へ潜入し攫われた仲間と少年の父親を助け出すという話。
妖怪が人間社会に潜んでるのは1話から描かれてますが、公的機関にまで手が回ってるというのは今見ると怖い描写だなあと思います。


4
忍び装束を纏ったカクレンジャー。
この衣装はもちろん闇夜にまぎれて活動するというシチュエーションもカッコいいです。
このあたりは真っ当に忍者やってるんですけどBパートになると何でもありありではっちゃけちゃうんだもんな。


3
そしてその衣装を投げて一瞬で姿が変わる簡易変身シーン。
OPでも使われてる演出ですがこれがカッコいい。
バンクを使った通常の変身も良いけどカクレンジャーといえばこの変身が印象に残ります。


2
ニンジャレッドの得意忍法”分け身の術”の初使用。
今回は2人に分かれましたが後にもっと人数が増えます。


これはまだよくある忍者の術ですけど、小豆洗いが使う忍法がカクレンジャーをバケツに閉じ込めるものだったり、カクレンジャーも何故か野球を始めてボールになった小豆洗いを投げたり打ったりと、忍法とつけば何やってもいいじゃんと言わんばかりのはっちゃけぶりが実に楽しい。
3話ではシャークブリッダー等を忍法で出したってざっくりしすぎな説明してるしね。
先輩がこんなことしてれば忍風戦隊も手裏剣戦隊も忍法で何でもありありになっちゃうのも仕方ないね。


Readygoimage_20160531_081314

5体の巨大獣将が合体した無敵将軍。
お城のように見えるデザインが本当にカッコいいです。

Photo

そして必殺技の火炎将軍剣。
刀身に本当に火をつけて振り下ろしてるという名前に偽り無しの必殺技。
CG批判をしたいわけじゃないんですが、本物を使った演出には目を見張ってしまいます。


攫われた仲間を助けるためにサスケが敵地へ潜入するという話ですが、同じシチュエーションがこの後も何度か繰り返されます。
今回は演出がコミカルになってますが、今後のエピソードではとても笑えない深刻な状況でサスケが奮闘することになるのでお楽しみに。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2016/5/29 | トップページ | アニポケXY感想・サトシゲッコウガVSメガユキノオー! 発動巨大水手裏剣!! »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/65776240

この記事へのトラックバック一覧です: カクレンジャー3・4話感想:

« ニチアサキッズタイム感想・2016/5/29 | トップページ | アニポケXY感想・サトシゲッコウガVSメガユキノオー! 発動巨大水手裏剣!! »