« ニチアサキッズタイム感想・2016/5/22 | トップページ | アニポケXY感想・迷いの森… 進化の夜明け! »

2016年5月24日 (火)

カクレンジャーが3度目の配信の巻

今週から東映特撮YouTube Officialで忍者戦隊カクレンジャーの3度目の配信がスタートしました。
5年前のチャンネル開設時に最初の配信、2014年3月~9月にかけて2度目の配信。
そして毎週日曜日夜10時更新の90年代スーパー戦隊配信枠で3度目の配信となりました。

YouTube以外でも、ニコニコ動画でも2012年に毎週更新の配信があったからそれも含めれば今回で4度目の視聴になります。
既に見てる作品だけど今度も見ます。やっぱり好きな作品は何度だって見たいので。


しかしYouTubeでチャンネル開設からもう5年か。
この5年の間に未見だった昭和ライダーやスーパー戦隊を全作品完走できるとは思わなかったな。
この記事にも書いたけど、特にスーパー戦隊は視聴できる手段が限られてる作品もあるから全部見れることができたなんて夢のようだ。

そしてカクレンジャーを4度も見ることになるとも全く予想外でした。
昨年はニンニンジャーのゲスト出演でお目にかかれたし、今年はまた本編を視聴できるなんてこんな嬉しいことはないです。


1・2話についてざっくり思ったことも書いておきます。


Readygoimage_20160524_192411

1話では3人しかカクレンジャー揃ってなくて5人揃うのは3話から。
放送当事は最初から5人揃ってないなんて斬新だなあと思ってました。
まあこの作品の3年前にジェットマンという先駆者がいたんですけどね。ジェットマンは全然覚えてなかったんだな当事の自分。
ジェットマンにしてもカクレンジャーにしても、5人揃ってなんぼの戦隊で、あえて揃うまで時間をかけてそれぞれの人物像を見せるのは挑戦的だったなと思います。


Readygoimage_20160524_192536

2話で三太夫が封印が解かれた妖怪のエネルギーが人間の負の感情によって大きくなってることを話してるシーンがあって、ここれ触れられた妖怪と負の感情の関わりが最終回の展開にも繋がってるのかなあと。
東映特撮はあまり先のことを想定して話を作ってないものが多いそうだけど、2話で言及されたことが最終回の内容と繋がってるのはお見事だなあと、繰り返し見た今だとそんな感想も抱くようになりました。


平成ライダーシリーズの名演で名を馳せている高岩成二さん。
その高岩さんが初めて戦隊の顔であるレッドのアクターを担当したのが本作のニンジャレッドです。

Photo_2

名乗りのポーズカッコいいなあ。
昨年ニンニンジャーで客演した時もこのポーズをそのまんま再現されてたのは本当に素晴らしかったです。


他にも色々言いたいことあるけど上手く書けそうにないのでこのへんで。
本当に面白いんですってばカクレンジャー。

お暇があったら見てくださいな。


|

« ニチアサキッズタイム感想・2016/5/22 | トップページ | アニポケXY感想・迷いの森… 進化の夜明け! »

特撮」カテゴリの記事

コメント

以前コメントの方にも書かせていただきましたが、リアルタイムで観たかったというのが正直な感想でした。放映当時は小さかったので観てても覚えてないかもしれません。でも観たと観てないでは違いますよね。
ジェットマンはまさしくそうで、観たのか観てないのか覚えていませんが、ジェットイカロスのジェットホークで遊んだ記憶はあるんですが(^_^;)

ジェットマンも東映クラブで観たんですが、カクレンジャーやジェットマンは最初は子孫、偶然に浴びてしまったということで戦隊として戦うことになりました。
そこから最初はうまくいかなく、バラバラだったのが、かたい絆で結ばれる展開は本当に熱いですね!
改めて戦隊が日本で生まれてくれて良かったなと思います!

投稿: リザードン大好き! | 2016年5月26日 (木) 16時28分

その後初期メンバーとして扱われるメンバーが
1話で全員変身しないのは
オーレンジャーやゴーオンジャーがありますが
1話で変身しなかったメンバーも
1話から登場していますが
カクレンジャーはセイカイとジライヤの初登場が
初変身回なんですよね
(ジェットマンも1話では変身しなかったメンバーが
本格的に出るのは2話からですが1話でも少し出ます)

1号ロボの無敵将軍ですが全員が人型になるロボで
合体するのはこれが初でしたね
合体シーンのミニチュアや必殺技の本当の炎は
CGでは味わえない魅力がありますね
新型ロボと完全に独立している1号ロボは
新型ロボ登場後に出番が減りがちになったりしますが
(昔は特に)無敵将軍は生命体なので自立行動が出来るため
隠大将軍登場後も出番には恵まれた方でしたね

ニンジャブルー/サイゾウを演じた土田大さんは
今ではアニメ、吹き替え色んな作品で見かける声優で
ポケモンでもプラターヌ博士で出演されてますね
(ニンジャレッド/サスケを演じた小川輝晃さんも
声優活動もしており声優の卵の指導などもやってますね)

投稿: kivaxtuto | 2016年5月28日 (土) 00時35分

コメント返信


>リザードン大好き!さん

リアルタイムで見た記憶や思い出って、おぼろげであってもその時にしか味わえないものですからね。
見逃しちゃうと後々リアルタイムで見たかったと悔やむことになるのは自分も色んな作品で経験があります。
今も戦隊を見続けてるのってその思い出を大事にしたいって気持ちもあるからだったりします。


最初はバラバラだったメンバーが一つになっていくのはやっぱり熱い!
戦隊のそういう面白さはいつまでも変わらないのが良いですね。


>kivaxtutoさん

OPではキャストクレジットされてるのに顔見せしてないキャラがいるという異例の1話だったんですよね。
本当に思い切ったことしてたなあと思います。

人型ロボ5体の合体は初めてで、デザインやギミック考えるの大変だったろうななんて今では思います。
ロボが自分の意思を持っててカクレンジャーとは別に行動できるというのが子供の頃はよく分かりませんでしたが、出番を減らさずに済む上手い設定でしたね。


土田さんに続いて小川さんもポケモンに出演してくれないかなあと密かに期待してます。
忍者つながりで忍者の里関連の話に出演していたら大騒ぎしてたと思います。

投稿: んがよぺ | 2016年5月28日 (土) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/65655625

この記事へのトラックバック一覧です: カクレンジャーが3度目の配信の巻:

« ニチアサキッズタイム感想・2016/5/22 | トップページ | アニポケXY感想・迷いの森… 進化の夜明け! »