« ニチアサキッズタイム感想・2016/4/10 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/4/17 »

2016年4月15日 (金)

アニポケXY感想・セレナ、サトシになる! 最強ピカチュウ対決!!

今年のポケモン映画のゲスト声優の発表にポケモン総選挙の企画詳細も発表されました。
なんとか昨年までの空気を払拭して盛り返していってほしいところです。


さて今週のアニポケ感想を。

XYZ22話
「セレナ、サトシになる! 最強ピカチュウ対決!!」
脚本:松井亜弥
コンテ:高橋知也
演出:小平麻紀
作画監督:中川洋未


松井さんお帰りなさい。
劇場版短編「イーブイフレンズ」以来のポケモンの脚本ですが、テレビシリーズだとDPのフタバ祭り回以来となるので6年と8ヶ月ぶり。
復帰されるのはだいぶ前にツイッターで告知がありましたが、ようやくの放送となりました。


-風邪の原因は?-

サトシが風邪を引いたことから始まる今回の騒動。
ポケモンの技を受けても平気な彼がどうしてそんなことに、と思ったら遅くまでバトルの特訓をしてて水を被ったから。
忠告も聞かずに夜更かしして体を冷やして風邪をひくって子供だなあ。

シリーズを重ねるごとに大人に近づいてるサトシだけど、時折こんな子供っぽいところをみせるとまだ少年なんだなあと思う。


-あい・・アイ・・-

もうろうとした意識のまま立ち上がるもセレナの胸に倒れこんでしまうサトシ。
ヒヨクシティのデートの時は手も繋げなかったのに、サトシが不調の時に限って体が触れ合うなんてセレナもついてないなあ。

愛してる・・・とでも言いそうだったがバトルをしてるつもりでアイアンテールと言ってただけだった。
そんなことだろうとは思ったけど、どうやってもサトシとセレナを素直にくっつけようとはしない展開なのに作画は妙に艶っぽくなってて変な笑いがこみ上げてしまった。


-バトルの後は-

ピカチュウを相棒にしピカチュウと戦う事を生きがいにするジミー。
セレナの話も聞かずにサトシにバトルを申し込むほど強引だが、それだけピカチュウに対する情熱があるんだろう。

そのジミーがセレナがサトシの振りをして相手をしてた事を知って、怒るよりもセレナの実力とポケモンとのコンビネーションを認めた。
常に叫んでてやかましい印象だったが、事が済んだらちゃんと相手への敬意を忘れない。
やることが強引に見えてもそこはしっかりしてたのが良かったな。

セレナもジミーの叫び声に散々迷惑をかけられたのに食事を一緒にと誘っている。
こちらも水に流してわだかまりは無し。


認めるべきところは認めて恨みっこ無し。
こういう終わり方ができるのがアニポケの良いところだなあと改めて思ったり。


-ロックvs演歌-

相棒のトンガリと共に常に叫び続けるジミー。
ビジュアルも派手すぎて賑やかなんて言葉じゃ生易しいくらいとにかくやかましい。

ロケット団はトラックの荷台をステージにして演歌を歌いながら登場。
ロックに対抗しての演歌、ということなんでしょうか。
ゲストもロケット団もいつもより派手すぎてなんともおかしな雰囲気でしたな。


ロケット団の演歌、歌自体は上手いんですけど、唐突に雰囲気が変わり微妙にくどい演出で見せてくるのがかつてのロケット団っぽいなあと。
あとはニャースの妄想、サカキから褒美を貰う夢を見てそれを引きずってるのも昔のノリだったなあと。
脚本が久々の参加の松井さんだからでしょうか。何にせよ懐かしい雰囲気だなあと思いました。


-ずっと見てきたから-

ジミーの申し出を断れないと判断しサトシの格好をして代理でバトルをするセレナ。
喋り方がちゃんとサトシっぽくなってて声をあててる牧口さん上手いなあと感心。


サトシと同じ戦い方ができたのは、本人も言っているようにサトシの戦いを見てきたから。
サトシのバトルを見るようになった始まりはサトシに抱いてる好意からだったけど、バトルに臨むサトシの姿を何度も見るうちに真剣な思いを感じ取ってきたはず。
ただ好きなだけじゃない、夢にかける思いも感じてきてサトシという人物を理解してきたからこそサトシの代わりという無茶なこともやり切れたんじゃないかな。

サトシの格好をするというギャグにしか思えない演出、いや実際ギャグのつもりなんだろうけど、サトシの姿になることでサトシを理解しているという意味もあったりするのかなあなんて考えてみたり。


-遅れてヒーロー登場-

風邪をひいてたのに薬を飲んだらすぐに回復しそのままロケット団とのバトルへ。
やっぱり体の丈夫さは次元が違ってたサトシ。

そしてセレナの心配をよそに後は任せておけと言わんばかりの貫禄ある姿を見せる。

カッコよすぎるでしょ君。
さっきまで子供っぽい理由で風邪をひいてたのに何だこのギャップは。
セレナから帽子を受け取ってニヤリと笑うところがあざといなあと思いつつも、カッコよすぎてどうしようもないなコレ。

そのやりとりが終わるのを待っていたロケット団。
ヒーローが登場したら話が終わるのをちゃんと待つのは悪役のお約束。
今週もお疲れ様でした。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2016/4/10 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/4/17 »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/64996193

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想・セレナ、サトシになる! 最強ピカチュウ対決!!:

« ニチアサキッズタイム感想・2016/4/10 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/4/17 »