« ニチアサキッズタイム感想・2016/3/6 | トップページ | ウルトラマンに会えた 2016 »

2016年3月12日 (土)

アニポケXY感想・レフトとライト! 揺れる心のカメテテ!!

XYZ19話
「レフトとライト! 揺れる心のカメテテ!!」
脚本:武上純希
コンテ:吉村文宏
演出:仲野良
作画監督:篠原隆 荻野美希

フレア団に捕まったZ2が実験に利用されてるシーンから始まっていきなり驚き。
今回はフレア団絡みは全くない脇道の話だと思ってたので意外でした。


一行が訪れた町で宝石展が開かれてることを知り宝石をみたいと言うセレナとユリーカ。
渋々了承するサトシが家族サービスしてるお父さんみたい。


宝石展の会場で錠前だけを開けて宝石は盗まずに去っていくという謎の怪盗ナックルが現れる。
その錠前を作った職人のエドも現場にやってきて、その様子を覗うカメテテの姿も。
カメテテはエドのポケモンで片割れのレフトが弟子と一緒に行方をくらまし、もう片方のライトはそのことでエドと喧嘩中。
そして怪盗の正体がその弟子のコブシだったと。
この辺の事情はポンポンと説明が進んで正体もあっさり明かされたなあという印象。
説明はクドく感じずすんなり理解できて、これは脚本や演出の上手さなんだろうなと思ったり。


ユリーカの頭にライトがくっついたことから事情を知ることになりコブシを探すことになった一同。
自分達の事情より誰かを助けることを優先、前回に続き良いことをするなあと感心。


ところで、ユリーカの頭にポケモンがくっつくというのはフラベベの回を思い出す。
そのポケモンの本来のパートナーの為に行動するというのも似通っている。
しかし以前の回はしんみりした雰囲気だったのに、カメテテがユリーカの頭に乗ってるのは何か笑えてしまう絵面で、追い討ちでシトロンの発明までくっつくから随分雰囲気違うなと。
似たようなシチュエーションでも違う空気になってるのは面白い。

シトロンの発明、ユリーカの頭にくっついている絵面は面白かったが、いつものように爆発しないかとヒヤヒヤしました。
自分の妹に発明を使って頭上で爆発なんてことになったら流石に笑えないので、そこは定番ネタを外してくれて心底ほっとしました。


コブシを捕らえて悪事に協力させようとするロケット団。
利用できそうだと思ったら迷わず行動に移す。悪いことだけど迷いのない行動は一種の美学なのかなあなんて思ったり。
まああっさりコブシに逃げられた挙句勝手に自滅して退場しちゃう抜けてるところもあるんですけどね。
それが彼らのいいところ。


ロケット団が原因で起こった火災で倉庫に預けてあるモンスターボールとポケモンたちが危険に晒される。
危険を承知で倉庫の鍵を開け救出に向かうコブシ。盗みはしないと言ってたことから悪いことは出来ない人だとは思ったが、この行動にも本来の人柄が表れてたんじゃないかなと思う。


-心の鍵を開けて-

倉庫に閉じこめられてしまったコブシとレフトを助けるためにライトがエドを連れてきて、今度はエドとコブシが協力して扉の鍵を開けようとする。
ここで2人が互いへの思いを打ち明けることになり、扉を開けるという行為が2人の心にかけてあった鍵をあけるということと重なってるのが、分かりやすく且つ感動的だ。
 
コブシはエドに認めて欲しかったために怪盗をやってたと。認めて欲しいという焦りで人目を引く行動に出てしまうのが若さ故の不器用さ。

エドはコブシの秘密はとっくに勘付いててコブシの腕前も既に認めていた。認めてはいてもこんな状況になるまで素直にそれを伝えられなかったのは年寄り故の不器用さ。

どちらも不器用ゆえにすれ違ってて、でも鍵を開けるという同じ目的の為にやっと気持ちが繋がって互いの心にかかってた鍵も開けられた。
何でしょうねこれは。素晴らしすぎるでしょこの心のドラマ。


すれ違ってた2人を繋ぎとめたのがレフトとライトというのも良かった。
2つの意思も元は1体のポケモン。エドとコブシが和解するのがレフトとライトが1体のカメテテとして元に戻れるのと重なってたのも上手いなあ。
生き物としては1体だけど違う意思を複数持ってるポケモンって色々いますけど、今回のカメテテはその意思の違いをドラマに上手く絡めた好例なんじゃないかな。


-プニちゃんとZ2-

最初に書いたとおりフレア団が絡んだのが意外で驚いて、何故今回Z2の様子が描かれたのか分からなかったんですが最後まで見てなんとなく分かった気がします。

今回プニちゃんはエドとコブシの師弟の絆を、そしてカメテテが2人を繋ぎとめたところを、人とポケモンの絆をずっと見つめていた。
プニちゃんは少しずつ絆というものを学んで人への認識を改めつつある。
対してZ2はフレア団に実験台にされてる真っ最中で人や絆をとても信じられる状況ではない。

プニちゃんとZ2はカメテテと同じく元は1つの生き物でありながら違う意思を持っている存在。
カメテテは絆を紡いで大団円を迎えられたが、プニちゃんとZ2は互いの思いがすれ違ったままというのが悲しいな。

このすれ違い、今回プニちゃんが見たこととZ2が受けた仕打ちが今後のフレア団絡みの話で重要な意味を持ってくる・・・のかもしれない。
最初に脇道の話なんて書いちゃいましたが全然そんなことありませんでしたごめんなさい。


-ジュンサーさんの計らい?-

逮捕されたコブシだが大きな罪にはならないとのこと。
本人が盗みはしないと主張したように実際の被害は大したことがないのでこの結末も納得。

この結末は実際の被害の小ささもあるが、ジュンサーさんがエドとコブシの事情を汲んでくれてのものだったのかななんて。
エドの錠前だけが狙われてのをジュンサーさんは知ってたんだから、そこから怪盗の正体も2人の事情も薄々勘付いてたんじゃないかな。

大きな罪にならなかったのは、2人のこれからのことを考えてジュンサーさんが取り計らってくれたのかな、なんて。


-最後に-

おまけコーナーはカメテテと進化系のガメノデスの特集。
活躍したポケモンを取り上げてくれるのは本当にありがたいなあ。

と、感心してたらサザエさんのパロディで吹き出した。
いい話だったのに最後の最後でなんてことしてくれる。

いいぞ、もっと遊んでくれ。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2016/3/6 | トップページ | ウルトラマンに会えた 2016 »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

水手裏剣は消火に向かなそうでしたね

投稿: kivaxtuto | 2016年3月12日 (土) 22時47分

コメント返信:kivaxtutoさん

消火活動、歴代の水ポケモンが担ってた役割がやり辛くなってましたね。
ケロムースも使えませんし非常時の活躍という点では進化したことで見せ場が作りづらくなったかもしれませんね。

投稿: んがよぺ | 2016年3月13日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/64412347

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想・レフトとライト! 揺れる心のカメテテ!!:

« ニチアサキッズタイム感想・2016/3/6 | トップページ | ウルトラマンに会えた 2016 »