« ニチアサキッズタイム感想・2016/1/10 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/1/17 »

2016年1月15日 (金)

アニポケXY感想・ユリーカとプニちゃん!

2016年最初のアニポケの放送となりました。
前回が凄く気になる引きで年跨ぎだったので待ち遠しかったです。

それでは感想を。


XYZ10話
「ユリーカとプニちゃん!」
脚本:藤田伸三
コンテ:村野佑太
演出:守泰佑 藤本ジ朗 古川志我津 高村雄太
作画監督:中屋了 糸井恵 西村彩


プニちゃんを心配するあまり真夜中にも関わらず探しに行こうとするユリーカ。
幼いながらしっかりしてるユリーカもさすがに今回は聞き分けの良い子ではいられないようで。

必ず見つけるからと約束をしてユリーカを寝かしつけた後、プニちゃんが自分から離れていった可能性も考えるセレナと仮にそうだとしてもちゃんとさようならを言わせてあげたいというシトロン。
ここの会話は大人だなあと感じる。
悪い可能性も考え、そのうえで少しでもできることをしてあげたいと願う。
ユリーカを大事に思うからこその冷静な対応だなと思います。


ユリーカとの約束を果たすため張り切って発明をしてプニちゃん捜索を始めるシトロン。
今回ばかりは失敗しないでくれよと願ったが、やっぱりトラブルを起こしてしまうのね。
ロケット団と鉢合わせになりさらに野生のドクロッグを怒らせてしまうという展開へ。
一応姿の見えないセルを捉えてはいたようなので発明としては間違ってなかったみたいですが。

これがきっかけで一同は崖から転落しユリーカを庇ったホルビーが怪我をするという大事になってしまう。
けどプニちゃん捜索からホルビーの治療と目的が変わったことでフレア団の監視も外れ、サトシたちの知らないところで一旦脅威が遠ざかるという思わぬ幸運も重なる。

発明トラブルといういつものパターンを目的を変更するために組み込み、目的が変わったことが最終的に本来の目的を果たすことに繋がり、フレア団に邪魔されずにプニちゃんと再会するという最高の結果を生み出すんだからこの流れは見事だなあと思います。


ホルビーの怪我に責任を感じて一人で薬草を探しに山へ向かうユリーカ。
罪悪感ゆえに黙って行動を起こしてしまう。冒頭のシーンに続きこれもユリーカの幼さが見える行動だなあと思いました。

これまでもフラベベやガチゴラスとの別れ、子供が受け止めるには重い現実とも向き合ってきたユリーカだけど、長い時間を一緒に旅してきたプニちゃんが居なくなったのは相当堪えたんだろうなと。
背伸びして大人ぶる余裕も無くて、それ故に年相応の幼い暴走をしてしまったのかなと思いました。

けどその幼さをシトロンは責めないし皆プニちゃんが心配なのは一緒だと慰める。
前半でユリーカを落ち着かせた時の対応もそうだけど、兄として妹を大事に思う気持ちに溢れてる対応だなあと感じます。
素晴らしき兄妹愛にちょっと涙。


ロケット団の襲撃はサトシとセレナが対処し、その間にシトロンとユリーカが薬草を採りに行く。
自然と役割を分けてそれぞれが出来ることをやる。助け合い支え合うことが自然と出きているのが本当に素晴らしい。


薬草を採る様子をすぐ傍で見ていたプニちゃん、ユリーカが体勢を崩しそうになった時目を見開いていた。
自分でも無意識にユリーカを心配してるんだろうなと思える。
セルを通して自分を探すユリーカの姿も見ていたし、Z2との交信で人との関わりを絶てと言われても賛同しなかったし、これらのことがプニちゃんの心が変わりつつあるのが表れてて良かった。

そしてちょっとだけ力を貸して薬草を採る手助けも。
このちょっとだけというのが良いですね。
さっき書いた自然にできる助け合い、その輪の中に少しだけ足を踏み入れているのが本当に友達になれる可能性を表してるように感じられました。


ホルビーが元気になり、さあ今度こそプニちゃんを探しに行こうとしたところ、いつの間にかポシェットの中にプニちゃんが帰っていた。

Bandicam_20160115_200427490

冒頭の空のポシェットで友達が居ない悲しさを描き、

Bandicam_20160115_200451245

再びプニちゃんが納まるポシェットを見せて再会の喜びを描く。

こんなの見せられたら涙腺緩んでしまいますわ。

 

Bandicam_20160115_200518611

また一緒に旅をしてくれるのかとユリーカの問いに、笑顔で答えるプニちゃん。
この笑顔だけは本心だと思いたいです。

ユリーカとプニちゃんの再会を果たしてから、いつものED。
聞き慣れた曲、可愛いなあと思ってたこの曲も今回は涙を浮かべながら聞くことになりました。
プニちゃん、ユリーカとたくさん遊んであげてよ。再会できて本当に良かったなあ グスン・・・


Bandicam_20160115_200631977

おまけコーナーはホルビー特集。
今回の功労者ですからここで紹介されるのも納得です。

Bandicam_20160115_200533507Bandicam_20160115_200544155

でも振り返りの映像は苦労してる場面ばかりで、改めて面倒見が良い分大変な思いしてきたなあと思いました。
本当にお疲れ様ホルビー。これからもよろしくね。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2016/1/10 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/1/17 »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

兄妹、仲間の絆が感じられる素晴らしい回でした。
ぷにちゃんを探そうとするユリーカを兄として思う気持ちやセレナのセリフなど本当に良かったですし、ぷにちゃんも徐々にユリーカ達との関係が最初に比べればよくなってきるなぁと感じていましたが・・ラストのポシェットがアップで写るシーンは良い意味で反則です(^_^;)
ぷにちゃんがユリーカと心を通わせ、改めてぷにちゃんを巡るラストが本当にどうなるんだろうと感じました。

投稿: リザードン大好き! | 2016年1月23日 (土) 20時46分

コメント返信:リザードン大好き!さん

ユリーカの切実な想いもユリーカを心配する仲間達の想いもどれも大事に描かれてましたね。

そういえばプニちゃんがポシェットに戻ってたシーンは最初にユリーカが見つけた時と同じシチュエーションでした。
プニちゃんが出会った時のことを思い出して戻ってきてくれたなら心を開き始めてる証になるのかななんて思いました。

投稿: んがよぺ | 2016年1月24日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/63484943

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想・ユリーカとプニちゃん!:

« ニチアサキッズタイム感想・2016/1/10 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2016/1/17 »