« 劇場版ニンニンジャー&ドライブ感想 | トップページ | アニポケXY感想・ハリマロン! はじめてのおつかい!! »

2015年8月13日 (木)

ニチアサキッズタイム感想・2015/8/9

トライブクルクル 42話
手裏剣戦隊ニンニンジャー 24話
仮面ライダードライブ 41話
Go!プリンセスプリキュア 27話

の感想を手短に。

トライブクルクル
42話「ハッピー! お買い物大作戦!?」

予告でクモ男とカノンがダンスをすると知って何事だと思ったら、クモがヒーローショーの代役でクモ男になってたという事実に吹き出してしまった。
ダンスの練習を休むと言い出したのはクモで、そのためにカノンは町へ出て巡り巡ってダンスのペアがいなくて困ることになってクモが正体を隠しながら助け舟を出すという奇妙な展開に笑ってしまった。

桜坂姉妹はカノンの買い物に付き合うといいながら気に入ったものは何でも買ってしまう豪快ぶり。
ダンスと同じく遊ぶ時も真剣ということがよく表されてます。

そしてパフォーマンス大会もダンスバトルを持ちかけて真剣勝負。
優勝商品の旅行券をカノンの母親にプレゼントするためだったと明かされ、自分達が遊ぶためじゃなくカノンの為にも真剣になってたんだと。
無茶苦茶なことをやってるようで何事においても真剣だということは一貫してたんだなあ。素晴らしい。


手裏剣戦隊ニンニンジャー
24話「夏休みスペシャル 夏だ!西洋妖怪ぞくぞく来日!」

家族サービスで風花を喜ばせたい旋風のためにお膳立てをする凪。
その頃牙鬼軍団では呼び寄せた西洋妖怪にやる気を出させるために九衛門がフランケンシュタインのお膳立てをする。
ヒーローも悪役も知らずに同じようなことをしてるというのが面白い。

遊園地のアトラクションの待ち時間を調べたりアイスを用意したりと風花と旋風の為に皆で協力しているのが微笑ましい。
一方フランケンシュタインは寿司を平らげアニメのグッズを買い漁るというなんとも対照的な楽しみ方をしてて笑ってしまった。

遊園地に現れた妖怪を倒すために風花を巻き込まないように戦う天晴たち。
こういう仲間を思って敵が現れたのを隠すという話だと途中でバレて一緒に戦うのが定石なのに、風花も旋風も何も気付かぬまま楽しい休日を過ごして終わったことにびっくり。
さらに風花が居ないのに名乗りもやって、風花の抜けた分は霞が代理で名乗るという。
斜め上すぎる発想に本当にびっくりでした。

ロボ戦ではバイソンキングとドラコマルの合体に久々のハリケンジャーシュリケンの使用が良かった。
竹本監督らしいロボ戦の見せ方とアイテムの使い方でした。


仮面ライダードライブ
41話「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」

006は蛮野にコアを破壊され退場。凄く強そうに見えたのにこんなにあっさりやられるとは拍子抜け。
蛮野が変身したゴルドドライブは名前の通り黄金のボディになってる。見た目にも強そうだし超進化体と同じ色で同等の強さということも表しているのね。


超進化の為にさらなる愛を求めるメディックと事件に巻き込まれたカップルを見て家族への愛とは違う感情に戸惑うチェイス。
進ノ介の説明を反復し凄く真面目な声で胸がキュンと言ってるのが面白かった。


Go!プリンセスプリキュア
27話「ガンバレゆうき!応援ひびく夏祭り!」

前回変更されたOPに早速変更がありアロマとパフの変身体も映っている。
EDはやっぱりプリンセス4人分のVerがあるようだし本編以外も飽きずに見られていいな。


ゆうきが久々の登場。怪我のために大会のレギュラーから外されてやけになってるところにフローラが活を入れ立ち直らせるという話。
最近はトワが中心で話が動いてたから夢を応援するという本来のテーマが久々に描かれてよかったな。

一度絶望から救われた人でもまた躓くこともある。
ゆうきの挫折を見せることで夢を追う限り苦しいこともあると描けてると思ったし、躓いても支えてくれる人がいるんだからまた立ち上がればいいというメッセージもよく描けてたと思いました。
誰かが支えになるというのは最近の話とも通じるし夢を応援しつつテーマが繋がってるのが上手いなと。

|

« 劇場版ニンニンジャー&ドライブ感想 | トップページ | アニポケXY感想・ハリマロン! はじめてのおつかい!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

家族には愛を持ってたり家族や大事な人の死が
歪ませるきっかけになったマッドは少なくないですが
(特撮ならメガレンジャーのヒネラーやオーズの真木など)

蛮野は家族すらも本気で実験材料でしかないんですかね~

投稿: kivaxtuto | 2015年8月13日 (木) 21時07分

コメント返信:kivaxtutoさん

近い作品だとウィザードの笛木も家族への想いが強くて歪んだ人間でした。
みんな家族への愛があってこそ道を外れた者でしたが、蛮野は人間らしい温かさをこれっぽっちも持たず家族すらも実験材料と言い切ったことに寒気を感じます。

投稿: んがよぺ | 2015年8月14日 (金) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/61152874

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2015/8/9:

« 劇場版ニンニンジャー&ドライブ感想 | トップページ | アニポケXY感想・ハリマロン! はじめてのおつかい!! »