« アニポケXY感想・湿地帯の戦い! ヌメルゴン対フラージェス | トップページ | アニポケXY感想・決着! ヌメルゴン虹の彼方に!! »

2015年4月30日 (木)

ニチアサキッズタイム感想・2015/4/26

トライブクルクル 28話
手裏剣戦隊ニンニンジャー 9話
仮面ライダードライブ 27話
Go!プリンセスプリキュア 13話

の感想を手短に。

トライブクルクル
28話「鬼姫とトライブツルツル」

バイトに友人の相談に年寄りの面倒まで見てフラフラのミズキがちょっと怖い。
そして夢の中のツルツル頭に吹き出した。なんだまたギャグ回ですか。

と思ってたらミズキが、口癖を作って引っ込み思案な自分を変えたことをカノンに語り、今の自分が無理をしてることに気付いて吹っ切れるという真面目な話に変わったんだからびっくり。
クモは付き合いが長いからか余計なことは言わずなんとかなると信じて待ってるというのもカッコよかった。

でも最後は散らかり放題のミズキの部屋にカノンが訪問するオチ。
クモとユヅルはミズキの部屋の散らかりようを知ってて引いていたし、やっぱりギャグで終わるんかい。


手裏剣戦隊ニンニンジャー
9話「忍術VS魔法、大バトル!」

終わりの手裏剣は文字通り世界を終わらせる力のある手裏剣だという。
そんな危ないものがファッションショーのアクセサリーとして使われているというまた大変な事態に。
まあやっぱり偽物でしたというオチで予想通りだったけど。

手裏剣奪取のためショーの会場へ潜入、そして同じく手裏剣を狙う妖怪との攻防。
警備の隙を突いて忍び込む鮮やかな手口に忍術で妖怪の裏をかいて一杯食わせたりと忍者らしいところが見られてよかった。
さり気にカクレンジャー手裏剣使ってたのも嬉しい。ちゃんとこれまでの修行も無駄にならずに活かされてるんだな。

八雲の活躍を見てダサいと思ってた忍者を見直す母・春風 。
前回風花が忍者をやることを見直したように親の世代にも忍者を見直すドラマがちゃんとあっていいね。


突然表れたアメリカンな忍者スターニンジャー。
何故忍者の戦隊にはアメリカがつきものなのか。

シノビ丸に負けないアクションを見せるロデオ丸にびっくり。
バイソンキングもカッコいいね。


仮面ライダードライブ
27話「詩島剛が戦う理由はなにか」

仁良課長は執拗に進ノ介を煽るし、ロイミュードは子供の目の前で家族を引き裂く外道な行動に出るし、ブレンは進ノ介を謹慎に追いこむため白々しい演技をするし、胸が苦しくなる展開ばかりだな。

剛の焦りも見てて辛いし、父親がロイミュードを暴走させた張本人だという告白は衝撃。
進ノ介の父親の話が出てきたのも剛の父への想いと対比させるためだったのかな。

追田警部補とりんなの新婚を装ったやりとりやカラフルコマーシャルで作った進ノ介のダミー映像と笑えるシーンもあったけど、それがなかったら見るのがきつかったよ今回。

ライダー3号と4号では既に登場してたライドブースターがようやく本編でも登場。
映画で見た時は全く知らなかったからびっくりしたものだが、なかなか本編に出てこなくてちょっと旬を逃したような気も。


Go!プリンセスプリキュア
13話「冷たい音色…!黒きプリンセス現る!」

OPにはずっと姿を見せてた仮面のプリンセスがようやく登場。
プリンセストワイライト、敵側のキャラだとは思ったけどディスダークの娘とはびっくり。
さらに仮面を外して素顔も見せちゃうし、そういうのはもっと引っ張るのかと思ったのに出し惜しみしないのね。意外。

バイオリンを弾く姿は美しいけどちょっと怖い。はるかに心を閉ざして弾けと言うのもゾクッとしました。
既にプリンセスでありプリンセスを夢見るはるかとは対照的。
心を閉ざすという言葉が出てくるものそもそも夢を見る必要がない、既にプリンセスで全てを持ってて夢に向かって心が開かれてないから出てきた言葉なのかなと。

まだ登場1回目だけどとてもはるか達と分かりあえそうにないトワイライトだけど、もし変化があるとすればトワイライトの演奏にはるかが素直に感動していたこと、はるかが今回自分のバイオリンを手に入れたことが鍵になったりするんだろうか。

|

« アニポケXY感想・湿地帯の戦い! ヌメルゴン対フラージェス | トップページ | アニポケXY感想・決着! ヌメルゴン虹の彼方に!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

ついにベールをぬいだ追加戦士!!その名はスターニンジャーとオトモ忍ロデオマル!!そしてバイソンキング!バイソンキングにチェンジするときのロデオマルのピースサイン、かわいかったなぁ~。
バイソンキングもかっこいい!追加戦士も本当に忍ばないですね!
ニンニンジャーをみていつも感じるのは、3戦隊目の忍者の戦隊ということですが、初期メンバーが家族・親族という点ではこちらも3戦隊目?!になるんですかね!
本当にそういった意味でわ、今回の話も含め家族・親族ならでわの回が多くずっといるからこそお互い理解し合えたり、親族側の関係も本当に良いです!
今後も家族・親族ならでわの回がもっとみたいなぁと感じました。

投稿: リザードン大好き! | 2015年4月30日 (木) 17時42分

キバの名護さんと太牙
鎧武の戒斗と貴虎など
主要ライダーが3~4人いる場合
個人的な関わりがあまりないこともありますが
今回は進ノ介&チェイス、進ノ介&剛、剛&チェイスに
それぞれ違った関わりがありますね

トワイライトとが対称的に老齢になっても
夢をちゃんと持っている錦戸さんの描写は
個人的に深く感じましたね

投稿: kivaxtuto | 2015年5月 1日 (金) 12時50分

コメント返信

>リザードン大好き!さん

追加戦士の初登場は毎回インパクトがありますが今年は忍ばないをテーマにしてるだけあって派手すぎました。
ロデオ丸の動きが一々凄すぎてさらにバイソンキングの合体まで見せられたら嫌でも記憶に残ります。

忍者の戦隊として3番目だからそれに掛けて、お爺ちゃんと親族とその子供達という3世代のドラマにしているという意見を某ブログで見たことがあります。
せっかく親子3代という設定がある戦隊なのでこれからも家族・親族の描写を続けて欲しいですね。


>kivaxtutoさん

ちょっと駆け足な描き方だとは思いますが複数ライダーのそれぞれの関係を余さず描いているのは良いなと思います。
これからりんなのイメージどおり3人共闘になってくれたら燃えるんですがどうなるか。


錦戸さんの夢が素敵なものだっただけに、夢を見ないトワイライトがなんだか悲しく思えます。
老齢でも夢を持ってれば活き活きとしてられるという意味だとしたら、夢のないトワイライトには苦しい未来しかないという暗示なのかも。

投稿: んがよぺ | 2015年5月 1日 (金) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/59820614

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2015/4/26:

« アニポケXY感想・湿地帯の戦い! ヌメルゴン対フラージェス | トップページ | アニポケXY感想・決着! ヌメルゴン虹の彼方に!! »