« アニポケXY感想・デデンネがんばる! ヌメラのために!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2015/1/18 »

2015年1月17日 (土)

トッキュウジャーvsキョウリュウジャー感想

今年もやってきました戦隊VSシリーズ。
「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」を観てきました。
この作品が今年最初の映画鑑賞。いやあ楽しかったよ。

今作で驚いたのはいつものVSと構成に違いがあったこと。
恒例になった次戦隊の顔見せはいつもなら物語終盤、ボスとの決戦前等に出てくるのが多かったが、今回顔見せとなったニンニンジャーはかなり早い段階でまだ前座の怪人と戦ってる時に出てきて驚いた。
ロボ戦も中盤にやっていて、巨大化したボスとの決戦にはロボが出てこない。
いつもなら巨大化したボスとの決戦で両戦隊のロボが揃うところなのに。
お約束を先に消化しドラマを後半に持ってくるという、いつもと違うVSが見られたことがまず嬉しかったです。

キョウリュウジャー最終回で存在を仄めかしてた創造主デビウスが今作のラスボス。
トッキュウジャー夏の映画に出てきたギャラクシーラインのステーションを乗っ取り地球に落ちてくるという、早速両作品の設定を絡めた最初からクライマックスな展開に否応にもテンション上がりました。

デーボス軍にはトッキュウジャーの攻撃は効かずキョウリュウジャーに任せようという流れになるがそれで納得するライトではなく反発する。
ダイゴはダイゴでトッキュウジャーを子供っぽいと本質を見抜き彼らの旅を遠足と揶揄する。
このちょっとギスギスした感じもVSシリーズだなあと思ったり。

でもこの遠足というのが後で大事な意味を持つんだから恐れ入った。


シャドーラインと接触したサラマズが彼らと手を組んだことで今度はキョウリュウジャーの攻撃が通じなくなる。
それに対抗できる手段としてレッシャーと獣電池を互いの武器に装填する。
実際の玩具では再現できないけど、互いのアイテムを交換というのが力を合わせるということを分かりやすく表してていいなあ。
その前振りとしてトッキュウ6号が投げ捨てた武器をキョウリュウゴールドが使っているシーンを見せておくのも丁寧だった。

クロックシャドーの力で子供にされてしまうトッキュウジャーだけど、そのまま変身し戦う。
小さいトッキュウジャーのアクションがいかにも子供がやりそうな戦い方って感じでよかったな。
そしてまさかミオの友達マイッキーが出てくるとは思わなかった。本来の子供の姿に戻ったことで却ってイマジネーションが強くなったから出てこれたのかなと脳内補完。

そしてロボ戦ではクローズたちの電車ごっこという物凄くシュールな姿に笑わずにはいられなかった。
でもそんな見た目でもちゃんと強いんだから嫌でも印象に残りますよこれ。

対するトッキュウレインボーとギガントキョウリュウジン。
こちらもレッシャーと獣電池を入れ替えた必殺技で敵を撃破。
アイテムの入れ替えがCG処理だったのはちょっと残念だったが、ロボのクロスオーバーってやっぱりカッコいい。


創造主デビウスとの決戦を控えて地球を守るという大きな使命に動揺を隠せないトッキュウジャー。
けど今まで一つ一つの駅を守って大切な人のために戦ってきたことを続けていけば地球を守ることに繋がると決論を出してるのがいいなあ。
それを物陰から聞いてたダイゴが口を挟まず、病室に戻って仲間達を見つめるのもよかったな。
大切な人のために戦い続けることが大きな結果を生むということをトッキュウジャーが気付いて先輩であるキョウリュウジャーもそれに気付かされる。
お互いに言葉を交わして無くても同じ気持ちがあるというのを描いているのがいいですね。
ダイゴがさり気にアミィの名前を呟くのもいい演出でした。一度地球という大きなものを守った彼にも一番に大切にしたい人がいるってことを描いているのが丁寧だなと。


いよいよ決戦となり、ライトとダイゴはデビウスと戦い他のメンバーは再生したシャドー怪人と戦う。
各メンバーの絡み、トカッチにオッサンキャラのシンパシーを感じたノブハルとかエスコートするつもりが女子組みに仲間外れにされたイアンと戦いながらもクスッと笑えるシーンがあって面白い。
アクション自体も長回しのカットや高低差を利用した見せ方などカッコよかった。


そして本命のデビウス戦。
ダイゴを巻き込んでしまうと引き金を引くのを躊躇ったライトに本気で遠足のつもりかと焚きつけるダイゴ。
その後家に帰るまでが遠足だ、生きて帰ると言葉を反しダイゴを担いで脱出するライト。
最初は皮肉の言葉だったものが、彼らの戦う理由、戦いの決意に絡めてくるとはね。
これは本当に感動しましたよ。


巨大化したデビウスを前に、キョウリュウジャーの他のメンバーも揃い、そしてまさかのシャドーラインも集まっての共闘にびっくり。
スピリットレンジャーの名乗りに触発されて名乗りをするもゼットたちにスルーされたネロ男爵に大笑い。

さらに続けてメインの12人の変身&名乗り。
マスクオフ状態の名乗りはたしかキョウリュウジャー本編ではやってなかった(記憶違いだったら御免なさい)からこれは嬉しかったな。

デビウスへのトドメはロボを使わずシャドーラインも加わった全員の合体技で。
巨大化した相手にロボを使わないのも敵側のキャラも攻撃に加わるというのもVSシリーズでは新鮮でよかったです。


攻撃が通じない、敵も力を合わせてて強大になってるなど両戦隊が共闘する理由付けや、地球を守ることの意味をそれぞれが考えるドラマなど丁寧なつくりだったなと思いました。
あとはネロ男爵や電車ごっこ以外にも笑えるところがあってまじめなドラマといいバランスになっててよかったなと。
具体的には空蝉丸と明ね。映ってるだけで面白いんですけど何なんだこの2人。


久しぶりのキョウリュウジャー、最終回迫るトッキュウジャー、何じゃ何じゃニンニンジャー、それぞれの活躍が見れて楽しかったです。

|

« アニポケXY感想・デデンネがんばる! ヌメラのために!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2015/1/18 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いくら補正があるとはいえ幹部と戦うよりは
あの程度のレベルのクライナーロボ相手の方が
先輩も立てることが出来て良かった思いました

きゃい~んの天野ひろゆきさんの
サマラズの演技も良かったですね

レディというかサファリレッシャーが
今回助っ人に参戦しなかったのは少し残念かも

投稿: kivaxtuto | 2015年1月17日 (土) 21時37分

コメント返信:kivaxtutoさん

ニンニンジャーがクライナーロボを小さくして倒すというのも意外でしたね。
仰るとおり先輩を立てられたし見せ場にもなるいい演出でした。

EDクレジット見るまですっかり頭から抜けてたんですが天野さんが声の出演してたんですよね。
本当に上手くて他の声優さんと遜色なくて凄かったです。

サファリレッシャーはちょこっと映っただけでしたね。
CGだけでミニチュア作られてないから再登場難しかったんでしょう。

投稿: んがよぺ | 2015年1月18日 (日) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/58614814

この記事へのトラックバック一覧です: トッキュウジャーvsキョウリュウジャー感想:

« アニポケXY感想・デデンネがんばる! ヌメラのために!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2015/1/18 »