« アニポケXY感想:カラマネロ対マーイーカ! 絆は世界を救う!! | トップページ | メモ:2014年のアニメ »

2014年12月29日 (月)

ニチアサキッズタイム感想・2014/12/28

1年は早いもんで、今年最後のニチアサの放送でした。

トライブクルクル 13話
烈車戦隊トッキュウジャー 42話
仮面ライダードライブ 12話
ハピネスチャージプリキュア! 46話

の感想を手短に。

トライブクルクル
12話「届け! クリスマスダンス!」

クモがクリスマスパーティーを欠席し練習を休む理由を勝手に妄想するカノンに笑った。
休んだ理由は幼稚園の子供たちにプレゼントを渡すためだったわけだが、良いことをしてるのに何も言わないクモも相変わらず不器用なとこあるなと。

ダンスを見せて子供を喜ばせるはずが、子供たちのことを考えずジャンプをやってしまい怖がらせてしまったハネル。
前回ダンスで人を笑顔にできることを知ったけど、まだ本当に理解できてないところを描いてちゃんと反省したのはよかったな。
ダンスで人を幸せにするということをクリスマスに絡めて描くとはあったかい話じゃないか。


烈車戦隊トッキュウジャー
42話「君に届く言葉」

明がいきなり派手な格好で現れて吹き出してしまったが、故郷が見つかったのに家族に会いに行けないライト達の悲しさが描かれてしんみりする話でした。

自分の気持ちを表に出さずみんなに冷静になろうと呼びかけるミオとミオの本心に気付いたトカッチ。
自分の気持ちも大事にしようとトカッチに諭されミオが泣き出すシーンで思わず涙。

自分の気持ちを大事にしてたら一番大事な人のために行動するようになったというトカッチの答えに、ミオがグリッダのことを思い出し彼女の心境を理解する。
そしてミオもトカッチを意識して・・・と、この心境の流れが丁寧で凄くよかったし、赤面する2人にニヤニヤしました。

OPを歌ってる伊勢さんも出演しみんなで主題歌を歌うシーンはノリノリで楽しかったな。
家族との再会を諦めないというみんなの気持ちと2番以降の歌詞が重なるところがあったのも良かった。

主題歌に乗せて良い締めだなと思ったら、EDに入って自分の歌じゃないと去っていく伊勢さんにずっこけた。
良い話だったのに最後の最後でメタ発言やめい!また笑ってしまったじゃないか。


仮面ライダードライブ
12話「白い仮面ライダーはどこから来たのか」

石田監督またハチャメチャな演出で飛ばしてますなあ。
進ノ介が推理する時の周りに浮かぶ映像を剛が叩き落としてそれを拾うとか、マッハの登場シーンがやたらと派手だったり。
そのマッハのアイテムもまたドライブドライバーに負けず喋りまくるし笑ってばかりだったよ。

追田警部補、今回の事件がロイミュード絡みと信じて馬鹿にされながらも操作を続ける姿にすっかり進ノ介たちの仲間になってるなあと思い。

前回復活したメディック。ロイミュードを復活させるとは厄介な力を持ってるみたいで。
そしてハートにだけ敬語で他には冷たい。またブレンの悩みの種が増えたような。


ハピネスチャージプリキュア!
46話「愛と憎しみのバトル!誠司VSプリキュア!」

誠司を操ってる憎しみの結晶に狙いを絞って攻撃するラブリーたち。
回想シーンを背景にして影絵になったプリキュアのアクションという演出が独特だったな。

早々に決着がつくかと思いきや結晶への攻撃も全く効果がなく、誠司の攻撃で変身が解けて倒れるめぐみたちの姿が痛々しかった。

立ち上がる気力を無くしかけたところへキュアテンダーが駆けつけ、そして世界のプリキュアたちも現れ赤いサイアークの侵攻へ立ち向かう。
正直テンダー以外のプリキュアの存在を完全に忘れてたので素直に驚きました。
ほんの少しだけどアローハプリキュアとキュアテンダーとの共闘シーンがあったのがカッコよかったです。

|

« アニポケXY感想:カラマネロ対マーイーカ! 絆は世界を救う!! | トップページ | メモ:2014年のアニメ »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/58406936

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2014/12/28:

« アニポケXY感想:カラマネロ対マーイーカ! 絆は世界を救う!! | トップページ | メモ:2014年のアニメ »