« ニチアサキッズタイム感想・2014/9/28 | トップページ | アニポケXY感想:メガVの映像差し替えについて »

2014年10月 2日 (木)

アニポケXY感想:シトロン対ユリーカ!? ニャオニクスできょうだいバトル!!

今回からOPの映像が一部変更に。
それについては余裕があれば別記事で書くかも。

それでは本題へ。

「シトロン対ユリーカ!? ニャオニクスできょうだいバトル!!」感想


Bandicam_20141002_234903999Bandicam_20141002_234930871

べーって舌を出したり赤面するユリーカが見れて眼福でした。
にんじん嫌いってところがいかにも幼い少女って感じですこぶる可愛かったです。

Bandicam_20141002_234726042

シトロンもグリーンピース嫌いということが判明。
似たもの同士の兄妹可愛すぎるんですけど。

Bandicam_20141002_235012350Bandicam_20141002_234954454

最後の手を繋いで歩く2人が可愛すぎるんですけど!!


ふう、もうちょっと真面目なこと書きましょう、はい。


ニャオニクスを相棒にするリュウジ。セレナが図鑑でニャオニクスのオス・メスの姿が違うことを調べてる横でリュウジが曇った表情を見せ、彼に何かわだかまりがあることが察せられる。
初めて見るポケモンの解説とドラマの鍵になるキャラの感情を一緒に描いてるのが上手いな。

スピアーに襲われるユリーカを助けにハジメが現れ、彼がリュウジの兄だと分かる。
出会うなりいがみ合うリュウジとハジメに、心配して駆けつけたシトロンに素直に謝れないユリーカ。
2組の兄弟の不穏な空気を一つの出来事で描いてるのもいいね。


リュウジとハジメの家に着くなり父親から試練を課せられた兄弟は分かれて宝探しに。
シトロンはリュウジに、ユリーカはハジメに着いていくことでそれぞれが相手に対して思ってる本音を聞くことに。
それによってシトロンはユリーカに嫌われたのではと不安を口にし、ユリーカは無意識にシトロンを想ってる自分に気付かされる。
ここの心理描写、どちらの兄弟も本当は仲良くしたいという気持ちとそれが上手くいかないもどかしさが丁寧に描かれててすごくいいです。


先に仲直りしたのはリュウジとハジメの兄弟。
幼い頃にフシデを追い払った時の思い出の花を探しに走り出し、その思い出と同じように力を合わせてバクオングと戦う。
バトルの方針が違って対立した2人が今度はその方針の違いを活かして協力する。
素晴らしいじゃないか。

仲直りの仕掛け人は2人の父親。
いきなり後継者を決める試練と言い出したこととバクオングの登場が唐突だったことが引っかかってたが、2人のためにやったことだと分かってすっきりした。
キャストの三宅さんの演技も良くて、2人が仲直りした後は声が穏やかになってるのがいい演出でした。


続けてシトロンとユリーカ。
お互い不安に思ってた事と言うべきだった事をちゃんと言って謝る。
一件落着と2人の仲直りを見守るサトシとセレナがいい感じでした。

そしてもう一組、オスとメスのニャオニクスの仲も元通り。
こちらは最初から仲良しで、兄弟の仲が元に戻るのを信じてずっと待ってたのかなあと思ったり。
ニャオニクスに惚れちゃってたハリマロンは・・・まあドンマイ。


兄弟の絆を取り戻す優しく温かいドラマが見れてとても良かったです。
スピアーにフシデにバクオング、このドラマを盛り上げるために悪役を買ってくれた彼らもお疲れ様でした。
悪役あってこそのドラマだというのも実感した話でもありました。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2014/9/28 | トップページ | アニポケXY感想:メガVの映像差し替えについて »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

ハリマロンはちゃんとトレーナーの方について行く
良心は残ってたんですね

投稿: kivaxtuto | 2014年10月 3日 (金) 18時02分

コメント返信:kivaxtutoさん

流石に落ち込み気味のシトロンを放っておくほど自由奔放ではなかったですねハリマロン。

投稿: んがよぺ | 2014年10月 6日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/57558763

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想:シトロン対ユリーカ!? ニャオニクスできょうだいバトル!!:

« ニチアサキッズタイム感想・2014/9/28 | トップページ | アニポケXY感想:メガVの映像差し替えについて »