« ポケモンXY展へ行ってきた | トップページ | アニポケXY感想:蠢く森のオーロット! »

2014年8月 1日 (金)

アニポケXY感想:うつしみの洞窟! 鏡の国のサトシとサトシ!?

「うつしみの洞窟! 鏡の国のサトシとサトシ!?」感想

鏡の向こうには自分と姿はそっくりだけど違う性格の自分がいた。
所謂パラレルワールドの話で、アニポケでは珍しいタイプの話でした。

水晶が鏡のようになっているうつしみの洞窟へやってきた一行。
みんなとはぐれて迷子になったサトシは、水晶に映ったもう一人のサトシに連れて行かれたピカチュウを追ってもう一つの世界へ迷い込む。

ここから先はひたすら笑いっぱなしでした。
反転したキャラクターの性格が面白すぎるんだもん。

シトロンは、運動苦手どころか超高速で走り回り科学技術ではなく魔法を使い、身体能力だけでなく特技まで反転している。
そして発明がいつも失敗するシトロンと違い、こっちのシトロンは魔法がちゃんと役に立っている。ピカチュウがいる場所のおおよその方向は合ってたわけだから失敗ではなかったんだね。

ユリーカは兄のシトロンに駄目だしするどころか称えている。
喋り方も上品になっていてとてもがに股で座り込んだり走り回ったりしそうにない子になってる。

セレナはなぜか関西弁。
そしてバトルも積極的にやるしサトシに対して凄く強気。

これだけでも衝撃的だったのにさらにもの凄いのが現れて。

セレナにいじられてピカチュウとはぐれて泣き出すサトシ。
あんなに自信が無くすぐに泣くサトシなんてあり得ねえー!
鏡の世界っていうネタだからこそできる衝撃の光景でした。

そしてこれらのいつもと違うキャラ演じ分けるキャストのみなさんの力。
同じ声でも全違う印象を与えられるんだから本当声優って凄いよ。


他にも、
セレナ同様強気になってるフォッコや恥ずかしがりやのルチャブル、
そしてすごく意地悪そう表情を見せるピカチュウとポケモンたちの性格も反転していて何度も驚き笑いまくりでしたよ。


そして止めは正義の味方になってるロケット団。
最後の最後に映っててそのまま終わり。
ちょっと待てそれが一番気になるじゃないか!
続きは、続きはないのかー!


はあ~・・・疲れた。なんて恐ろしい回だよ。


さて笑いっぱなしの回だったけどそれだけではなくて。

サトシが元の世界へ帰る時に鏡世界のセレナたちも必死に呼びかけてサトシを元の世界へ帰そうとしていたこと。
元の世界のセレナたちももちろんサトシを心配していて再会を願っていた。
鏡写しで性格が違っていてもサトシを心配してくれてる、大事に思っている絆の強さはどっちの世界でも同じことがうかがえてちょっとじ~んとしますね。

弱気な鏡サトシへサトシが諦めるなと渇を入れるシーンも気になります。
鏡サトシの弱気な性格は、首藤さんの小説版だと小さいころ苛められていたという設定に基づくものか、あるいは今よりも精神的に幼かった過去のシリーズのサトシの比喩なのか。
どちらにしても、成長した今のサトシがかつての自分に挫けちゃだめだと言ってる様に自分には思えました。

まあ脚本や演出にそんな意図はなくただサトシとサトシを競演させたかっただけかもしれませんが。
でもそんな想像をしたっていいよね。そんな想像の余地もある面白い話でした。

そして次回はサトシが攫われるというまた凄い話になりそうで。
予告のナレーションもいつもと違う雰囲気だし気になるぞ。

|

« ポケモンXY展へ行ってきた | トップページ | アニポケXY感想:蠢く森のオーロット! »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

シトロンが「こういう状況を想定して」と言ってましたが
今回は凄く限定的な状況ですよね(笑)

投稿: kivaxtuto | 2014年8月 2日 (土) 00時54分

確かに鏡の世界のカオスっぷりは半端なかったですよね。
性格、設定を反転するだけでここまで面白いものなのか、と笑いながら思っていました。

まあそこのセンスがこの回の脚本の米村さんはずば抜けているというか……(笑)

でもカオスなだけじゃなくて、ちゃんと「絆描写」を持ってきているのは流石ですね。
何か、DPのムウマージ回を思い出しました。
あの話も幻覚の世界ということでカオスでしたが、最終的なテーマは真面目なものでしたから。

と、いうわけで長文失礼しました。

投稿: スノードロップ | 2014年8月 2日 (土) 07時37分

コメント返信

>kivaxtutoさん

いつも限定的な発明ですが今回みたいな状況は一生に一度もないでしょうに。
それでも想定して準備しているシトロンが凄すぎます。


>スノードロップさん

性格反転は事前情報で知っていましたが想像以上にインパクトがありました。
米村さんのキャラの動かし方は首を傾げたくなる時もあるのですが、何かスイッチ入った時のハマリ具合や面白さには参ってしまいますよ。

そして絆の描写ですね。
DPのムウマージ回も今回もたぶんカオス展開の方が本題だと思いますが(あ 
それでも大事なテーマをカオスと関連させて描いてしまうのは凄いですよ。

投稿: んがよぺ | 2014年8月 2日 (土) 23時15分

本当に笑いっぱなしの30分でした。
性格が全て真逆で特に、セレナの関西弁が個人的にツボで関西弁で炎タイプを使うのは、ジョートリーグのトレーナーを思い出しました。
声優さんのある意味一人二役の演じわけも凄いなと思いました。
弱虫サトシは、サトシは弱虫ではないですがなにか初期のサトシのようにも感じサトシの成長も感じられました。
Wサトシのキミに決めた、格好良かったです。

投稿: リザードン大好き! | 2014年8月15日 (金) 18時39分

コメント返信:リザードン大好き! さん

>ジョウトリーグで関西弁
いましたねえそんな子も。彼女もサトシに惚れていた共通点があるので、今回の鏡セレナのキャラは彼女を参考にしてたりして。

声優さんの演じ分けは本当素晴らしかったです。
今回の面白さは声優さんの力あってこそのものだと思います。

投稿: んがよぺ | 2014年8月17日 (日) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/56964248

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想:うつしみの洞窟! 鏡の国のサトシとサトシ!?:

« ポケモンXY展へ行ってきた | トップページ | アニポケXY感想:蠢く森のオーロット! »