« あしたからポケモン映画XY公開です | トップページ | ポケモン映画2014感想 »

2014年7月19日 (土)

鎧武&トッキュウジャー劇場版感想

今年もやってきました仮面ライダーとスーパー戦隊の夏の劇場版。

「劇場版 仮面ライダー鎧武サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」
「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS 」
の2本立て。

ざっくりですが感想を。


「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS 」感想

短い時間でイマジネーション・想像力は誰にでもあるし大きな力になるってことを丁寧に描いていて好印象でした。
宇宙へ向かうイメージをまず絵に描いて、それを見た子供たちの想像力を膨らませ、実際に絵の通りに空へ向かって走り出し、虹を合図にそれを見た人々の想像力で宇宙まで繋がるレールが完成するという流れが凄く良かった。

今の人々には宇宙に旅立てるだけのイマジネーションが無いと言うレディにそんなことはないと宇宙へ行くことを諦めないライト。
帰りたい場所があるから協力するというライトたち自身の境遇と重ねつつ、人の想像力を無条件に信じられるライトのカッコいいところも見られて良かった。
そしてライトが信じたとおりに人々の想像力でサファリレッシャーが宇宙へ帰るシーンはちょっと感動してしまったよ。

テレビだと子供の想像力を主に描いているけど、今作では虹をトリガーにして大人たちからもイマジネーションが溢れレールを作る力になってたのもいいね。

アクションシーンはいつもの色が変わる乗換え変身じゃなくてサファリレッシャーの力で動物の能力を持ったアクションが劇場版ならではという特別感があって面白かったです。
ちなみに自分は動物つながりでちょっとガオレンジャー連想しちゃいました。
これを見た人の中には他の戦隊を連想した人もいるのかなと想像するとなんか楽しくなる。

ロボ戦もサファリガオーに跨るトッキュウオー、6号がトッキュウオーの操縦席に居るというのも面白い画でした。
ただ、サファリガオーが全部CGだったのはちょっとだけ残念。
それを除けば満足いく内容でした。




「劇場版 仮面ライダー鎧武サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」感想

金田監督テレビ本編でもこれまで手がけた作品でもアクションに力入れてたけど今作もすごかったです。
邪悪の種を植え付けられて争い始めるライダーたちの大混戦やバイクアクションに目が釘付けに。
鎧武とマルスの騎馬戦もカッコいいしライダー戦国時代の名にぴったりでした。
ラストのライダーたちのボールを回すシーンも良かった。
ライダーでサッカーって変なコラボだなと思って、実際テレビでやったコラボ回や冒頭のサッカーのシーンはシュールだったのに、マルスとの決戦ではカッコよく見えちゃうんだから不思議。

理想の世界を求めるラピスが紘汰からサッカーを教えてもらい誰も死なずに住む世界を作る。
しかしコウガネの暗躍があったとはいえ元々人間に戦う意思がある以上争いは無くならないと語る。
ラピスの語りを裏付けるように争い始めるライダーたちの姿は悲しいものがあり、倒れたライダーの鎧とロックシードだけが残る演出は怖かった。
裏切るシド、兄を見捨てる光実、戒斗を助ける湊など格キャラの行動がテレビ本編をなぞるようになってるのも、世界が変わっても人の本質は変わらないことを表しているようだった。

そんな中、争いを止めることを諦めない紘汰。
ブラックジンバーになってしまうものの心の中で邪悪を打ち破り争いのない世界を諦めないという紘汰の決意はカッコよかった。
人の本質が変わらないように紘汰の願いも彼がやるべきことも変わらずに戦うことを選ぶというのが良かった。

ラピスも紘汰に感化され戦うことを選び変身し、蘇ったライダーたちと並び立つ姿もカッコよかった。
最後にみんなで協力してボールを回してマルスを倒すのは、人は争うだけが本質じゃない、力を合わせることもできるんだという僅かな希望を描いてるように思えた。
テレビ本編でもそんな結末になったらいいんだけどな。

子供との交流と人々の力で大きな結果を出したトッキュウジャーで温かい気持ちになり、
苦しい現実の中でも理想を諦めず戦い希望を見せた鎧武に熱くなり、
今年も楽しい時間をありがとうございました。

|

« あしたからポケモン映画XY公開です | トップページ | ポケモン映画2014感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

仮面ライダーカムロの出番がかなり少なかったですね

投稿: kivaxtuto | 2014年7月20日 (日) 02時41分

言い忘れましたが
メロンエナジーロックシードも拾ってたので
ジンバーメロンも観たかったですね

投稿: kivaxtuto | 2014年7月20日 (日) 09時15分

コメント返信:kivaxtutoさん

カムロはおもちゃも出して結構宣伝してたのにまさかサッカーボール代わりとは思わなかったですよ。
ジンバーメロンはテレビじゃ出しにくそうなので今作が最後のチャンスだったかもしれませんね。
アクションシーンはカッコよかったですが出せるはずだったライダーの活躍のチャンスを逃したという意味では惜しいことしてるかもしれません。

投稿: んがよぺ | 2014年7月20日 (日) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/56838035

この記事へのトラックバック一覧です: 鎧武&トッキュウジャー劇場版感想:

« あしたからポケモン映画XY公開です | トップページ | ポケモン映画2014感想 »