« 鎧武&トッキュウジャー劇場版感想 | トップページ | 破壊の繭とディアンシーの感想続き »

2014年7月19日 (土)

ポケモン映画2014感想

今年もポケモン映画を見られる時が来ました。
新シリーズXYとなったポケモンの第1弾の感想です。


短編「ピカチュウ、これなんのカギ?」感想。


2年前から復活した短編劇場版だけど、前2作はポケモンしか登場しない世界でした。
今作はサトシたちがピカチュウたちを遊びに出していて、最後にサトシたちのところへ帰っていくというのがポケモン映画初期の短編を想起させて懐かしくなりました。
トレーナーの知らないところでポケモンたちが不思議な体験をして帰ってくるというのが良いですね。

短編はとにかくポケモンたちが可愛くて仕草の一つ一つが見ていて楽しかったです。
ジラーチの世界でチゴラスたちと一度は喧嘩になるものの、仲直りしてからはみんなで遊んでピカチュウたちが元の世界へ帰るための手助けをするというのがいいですね。

宝が見つかるかもと他の世界を探検するニャースたちも面白かった。
最初に選んだ世界がマナフィの世界だったのは、マナフィの映画で海の王冠という宝があったのにちなんでるのかなと思ったり。

ビクティニがピースサインしてるのも嬉しかったな。
白き英雄/黒き英雄でもやってた仕草だったからニヤリとしましたよ。

楽しい時間の後はサトシたちの元へ帰っていく。ニャースはムサシとコジロウの元へ。
夏休みの不思議体験って感じがしてあったかい気持ちになれました。




長編「破壊の繭とディアンシー」感想。

まず、ディアンシーが可愛かったです。
お付きのメレシーたちを振り回す姿とか世の中を知らずちょっとずれた会話をしちゃうところとかがいかにもお姫様って感じで。
ロケット団との会話のシーンとか笑いっぱなしだったよ。
セレナとユリーカと一緒に着せ替えするシーンなんか悶えましたとも。

そんな可愛くてちょっとずれていたお姫様が大事なことを学んで成長するお話、素敵でした。

サトシたちと旅をして船上での一コマ、友達が何であるかを教わるディアンシー。
ここでも友達になることを許すとずれた事を言っているけどその時に不意に作られたダイヤがいい演出でした。
ロケット団の前でもダイヤを作りそれはすぐに消えたしまったけど、意図せず出てきたこのダイヤはきっと最後まで残るんだろうと思ったらまさにその通りで。
友達は意図してなるものではなく自然に絆ができて消えるものじゃないんだと表しているようで印象強かった。


聖なるダイヤを作る力を身につけるためにゼルネアスに会いに来たディアンシーだけど、本当の覚醒の鍵はゼルネアスから与えられる力じゃなかった。
諦めちゃだめだとサトシたちから励まされたこと、自然に芽生えた友情がディアンシーのメガシンカを促した。
さっきのダイヤがキーストーンの役割を果たして本当の力を発現するというのが素敵。
ゼルネアスもフェアリーオーラの力は与えたけど、本当に大事なことはヒントを与えるだけで多くを語らないのも良かった。

国に戻って聖なるダイヤを作った後、ユリーカにプレゼントしたダイヤが消えてないことに気付き、それを友情の証としてディアンシーへ渡すのもいい演出だなあ。
意図せず作られたダイヤみんなと紡いだ絆を表すかけがいのない物になってるなんて素晴らしい。


テレビシリーズ同様、XYサトシは映画でもカッコよくて腹立ちますね(え
流れ星を見て自分のためじゃなくディアンシーのために願いことをしたりルチャブルに掴って滑空してディアンシーを抱えたりとかさらっと男前な事をしちゃって。
要するにカッコいいサトシを見せてくれてありがとうございましたってことで。


ユリーカのシルプブレ、シトロニックギア、セレナのサイホーンレースとテレビシリーズのお約束や設定を拾ってみんなにも見せ場があったのも嬉しい。
シトロニックギアが爆発しなかったのは映画補正がかかってたに違いない(あ

今作のロケット団はディアンシーを攫うシーンやダイヤの海に喜んでからダイヤが消えてがっくりなどいろいろと表情が変わって楽しかったです。
盗賊たちが集まって三つ巴になったら下手に手出ししなかったりイベルタルが目覚めてやばいと判断したらすぐに逃げ出したりするところも彼ららしいなと思って。
最後のいいかんじ~も聞けてよかった。


ディアンシーを狙う盗賊たちもいいキャラしてました。
ライオットとマリリンは張り合いながらもいつの間にかいい雰囲気になってるし。EDでプロポーズまでしてたのはびっくりしたぞ。
アルガスはチョコが大好きで娘のミリス食べすぎを注意されるのが面白かったし、なんかこんな人いそうだなって感じがよかった。


短編ではワクワクする小さな冒険が見られて、
長編は旅を通して育くまれる友情にじ~んとして、
どちらとも楽しく温かい気持ちになれました。

今年もいい時間をありがとうポケモン映画。

|

« 鎧武&トッキュウジャー劇場版感想 | トップページ | 破壊の繭とディアンシーの感想続き »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/56839886

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモン映画2014感想:

« 鎧武&トッキュウジャー劇場版感想 | トップページ | 破壊の繭とディアンシーの感想続き »