« ニチアサキッズタイム感想・2014/6/8 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/6/15 »

2014年6月13日 (金)

アニポケXY感想:メガルカリオ対メガルカリオ! 波導の嵐!!

ポケットモンスターオメガルビーとアルファサファイアの発売日が決まり新情報も続々公開されてるそうで。
アニメでも何かしら販促をやることになるんだろうけど、ホウエンのポケモンをゲットするのかホウエンを舞台にした番外編をやるのかどうなることやら。
まだXYスタートして1年経ってないのに別の作品宣伝しなきゃいけないって大変だなあと思ったり。

それはさておき感想を。

「メガルカリオ対メガルカリオ! 波導の嵐!!」感想

前回いいところで途切れたルカリオのメガシンカから始まり、

 

Bandicam_20140612_215926319

メガシンカするなり波導の力で辺りに衝撃が走る。
これだけでメガシンカが強い力を持っていると分かる良い演出。

Bandicam_20140612_220002142

さらりとサトシが波導を感じると言っているのにニヤリ。
劇場版リスペクトありがたやありがたや。

 

Bandicam_20140612_220326566Bandicam_20140612_220442130

溢れる力を試したいと早速バトル。
しかし徐々にルカリオの様子がおかしくなりコルニの声が全く届かなくなる暴走状態に。

 

Bandicam_20140612_220626418Bandicam_20140612_220711849

ピカチュウの尻尾に噛みついたりピカチュウしか見えてなくコルニの声が届かないという演出が暴走の恐怖を表している。
ポケモンが言う事を聞かず暴走する話はこれが初めてではないけど、久しぶりにポケモンの恐さをたっぷり見せてくる展開だったと思う。

 

Bandicam_20140612_220644768

シトロンが用意してたポケモンの能力を測るメカも壊れた。
これもルカリオの暴走の恐ろしさを演出するもので、いつものお約束による故障とは違う使い方をしているのが上手い。

 

Bandicam_20140612_231901240Bandicam_20140612_220731610

暴走するルカリオを止めたのはおじいちゃんのルカリオ。
メガシンカしていない状態で片手で攻撃を止め、また広がる波導も大きい。
既にこのシーンで力の差がハッキリしているのも印象的だった。

ルカリオの回復を待つ間ポケモンセンターのロビーで話し合う一同。
一転して静かなシーンになっているのが先ほどの暴走の恐ろしさをさらに印象付けるようだった。


今度は上手くいくはずとお爺ちゃんのルカリオ相手にメガシンカ同士でバトル。

Bandicam_20140612_221659346

ボーンラッシュ、同じ技を使ってても一刀流と二刀流で違いがあるのがいいね。

Bandicam_20140612_221838826

同じ技は使えても、上記のとおり既に力の差は歴然だった。
また片手で技を止められてしまう。

 

Bandicam_20140612_222023979Bandicam_20140612_222019080

負けた2人はおじいちゃんから喝を入れられる。
シトロンが気付いていたルカリオの勝手な行動は過信から来るもの。一緒に居る時間が長いからこそその欠点に気付けずにいたコルニの未熟さでもあった。

仲が良いから、一緒に居るからそれ以上強くなれないとはまた難しい課題を突き付けてくるなあ。
ヒカリにしてもアイリスにしても本当冨岡さんはヒロインには厳しいなあ。
一時的な仲間であるコルニにこんな試練だとセレナには一体どんな厳しい事が待ってるのか不安になるよ。

ルカリオの暴走で恐いシーンもあった中、

 

Bandicam_20140612_220452625Bandicam_20140612_220732915

ロケット団は癒しでした。
何もせず眺めてるだけだったけどちょっとホッとしたよ。

Bandicam_20140612_220942970

不謹慎かもしれんが泣き顔のコルニ可愛かったです。

 

Bandicam_20140612_222234372

おじいちゃんのルカリオの声は浪川さん。
ここにも劇場版リスペクトありがたや。
しかし役名の表記はどうにかならなかったんでしょうか。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2014/6/8 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/6/15 »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

コルニの場合、最後まで分かんないよとぐずるなど
祖父に恐縮していた面だけで
そこまで反省してるようには見えませんでしたね

投稿: kivaxtuto | 2014年6月13日 (金) 17時28分

今回は本当にコルニの挫折が上手く描かれていたと思いました。
僕は、ヒカリ関係の挫折回と、アイリスのモノズ回は感想記事で読んだだけですが、それだけでも挫折描写の凄さがわかるほどでしたし。

なので今回でまた、冨岡さんの挫折描写の凄さを思い知りました。

投稿: スノードロップ | 2014年6月13日 (金) 20時29分

コメント返信

>kivaxtutoさん

反省以前に自分が間違ったことをしている認識自体が無いから分からないと答えたんじゃないでしょうか。
その分からない事に気付けるかがコルニの試練になるんだと思います。


>スノードロップさん

アイリスやヒカリからさらに遡るとAGではハルカにも厳しかった記憶が。
明確な目標があるからこそ簡単にはそこには届かないという厳しさ、それを丁寧に描いているのが冨岡さんの上手いところだなと感心します。

投稿: んがよぺ | 2014年6月14日 (土) 14時25分

メガルカリオの暴走、恐かった演出やメガシンカといっても色々ある、メガシンカを極めるためのこともルカリオならではというのもよかったです。
暴走といえばサトシのヒコザルの猛火。サトシもはっきり言いませんでしたが、サトシのセリフには自分もそういった経験があるからコルニ対して言ったと思いますし、修行も同行するとなったのかなと思います。ぼくもあのお約束の演出はいつものギャグ要素でなくポケモンの怖さを感じさせるための演出はすごいなと感じました。
サトシがコルニと出会ったことでメガシンカについて色々感じたと思いますし、コルニとのジム戦はいったいどうなるのやらですね。まさかサトシのポケモンがそれまでにメガシンカとはいかないですよね(;^_^A
OP映像でゲームキャラがありましたし、ゲームキャラにそれぞれ初期の御三家がいました。どうサトシと出会うのか楽しみです。

投稿: リザードン大好き! | 2014年6月26日 (木) 23時22分

コメント返信:リザードン大好き!さん

ヒコザルの暴走も脚本が同じ人なので意識して今回の話を書いたのかもしれませんね。
何かと過去のシリーズを彷彿させることがあるXYなのでサトシの言葉もかつての経験故と思うと感慨深いです。

シトロンのメカの爆発は普段ギャグとして印象強くなってるからこそ、今回違う使い方をしたのがポケモンの怖さを見せるのに効果的な演出になってて良かったです。

暴走をどう克服するかも気になりますが、力では圧倒的に負けてるサトシのポケモン達がどうやってジム戦に挑むかも気になるところですね。
サトシがメガシンカを使うとしたらまだ先の事になると思うのでまた特訓や新技の習得で対抗するのかも?

投稿: んがよぺ | 2014年6月29日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/56481341

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想:メガルカリオ対メガルカリオ! 波導の嵐!!:

« ニチアサキッズタイム感想・2014/6/8 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/6/15 »